『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ギリシャの半生菓子
ピレアスでは、東京で買えるような洗練された「ケーキ」はなかなか手に入らないし(東京以外の方へ: 別に東京でなければ手に入らないなどと言うつもりはないのですが、私の日本での生活圏が東京周辺のため、他の場所は知らないのです)、似たようなものがあっても、日本人を納得させられるほどには美味しくないことが多いです。

とは言え、ギリシャには私が好んで食べるケーキもあります。

まずは、ギリシャならではのケーキ。


vieneza93630.jpg


日本人の中には、ギリシャ・中東系のシロップに浸したケーキが苦手な方もいるようですが、私は好きです。沢山は食べられませんが、別に沢山食べる必要はないので、ちょっとだけ食べます。

上に写っているのはガラクトブレコ、バクラバなどです。ご覧のように冷蔵庫に入れる必要はありません。

そして、これも大好きです。


vieneza93610.jpg

vieneza93620.jpg


正式名称は知らないのですが、ビスケット、クリーム、チョコレート、ナッツ類などでできた小さなお菓子で、かなり甘いのですが、サイズが小さいので、日本のケーキでも一つ食べきれることはない私のお茶のお供に最適です。

ギリシャではとても一般的で、お菓子屋さんはもちろん、パン屋さんでもよく売られています。


vieneza93640.jpg


この御菓子のもう一つの長所は、かなり日持ちすることです。生クリーム主体のケーキは3日ぐらいすると劣化しますが、これは冷蔵庫に入れておけば、一週間から十日ぐらいもちます。

私にとっては、美味しいだけではなく、便利なお菓子なのです。




テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/02/14(土) 15:53 ]

<<バレンタインデー | ホーム | 海辺の猫>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/68-32b50ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。