『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ルフトハンザの機内食
一週間ほど日本に帰っていたので、また間が空いてしまいましたが、恒例の機内食写真をアップさせていただきたいと思います!

今回もルフトハンザで帰りましたが、アテネからフランクフルトまでは同じスターアライアンスのエイジアン航空(Aegeanは日本でエイジアンという呼称を自分で使っているみたいですが、英語ではイジーアンなので、エイジアンと聞くとどうしてもAsianかと思ってしまいます)。

朝ご飯がこれ。チーズ&ベーコンロールと、はちみつ添えヨーグルト、そしてさらにパン。


アテネ・フランクフルトの機内食


ベーコンの脂のにおいが嫌だったので、ヨーグルトとパンだけ食べました。

フランクフルト空港では数時間の乗継待ちがあったので、スナックを買いました。プレッツェルにチーズを挟んだもの、2.50ユーロ。


プレッツェル


チーズの名前は失念してしまいましたが、LIDLでも見かけるもので(品質は違うと思いますが)、すごくクリーミー。ぱさぱさしているプレッツェルとの相性はいいです。あと、バターもかなり塗ってありました。こういう国民食っぽいものは美味しいですね。体には良くなさそうですが、機会があればお試しを。

フランクフルト・成田便では二回食事が出ます。最初が昼ご飯。焼肉弁当とスパゲティーのチョイス。


フランクフルト・成田の機内食1


焼肉は豚肉で、焼肉というよりは煮物のようになっています。これだとスパゲティーの方が美味しいと思いますが(こちらは四年のルフトハンザ便でいただきましたので、味は知っています)、栄養のバランスはこちらの方がとれていますので、選択に悩むところですね。

スナックは用意されているそうですが、自分で取りにいかなければなりません。なのでパス。

機中では、「007 スカイフォール」、「Django Unchained」(日本語タイトルは知りませんが、タランティーノ監督、ジェイミー・フォックスとレオナルド・ディカプリオが出ている映画です)、「トワイライト」の最終作Breaking the Dawn2とかいうタイトルのやつを見ました。飛行機に乗るとなぜかトワイライトを見てしまうため、私はこれで全作見たのではないかと思います。先にこれを見た友達は、今までの中で一番馬鹿らしいといっていましたが、私には、特に前作よりもばからしいとは思えませんでした。

到着の二時間前には朝食が出ます。夕食ではないのは、日本に到着するのが朝だからです。選択肢はなく、オムレツとベイクド・ポテトが配られました。


フランクフルト・成田の機内食2


去年食べた時も同じことを書いたような記憶がありますが、温めなおしのオムレツにしては柔らかくて美味しいです。何か特別な方法で調理するのでしょうか。

以上で行きの便は終わりです。続けて帰りの便の機内食も。





帰りも同じルフトハンザですが、今度はミュンヘン経由です。12時40分発なので、最初に出てくるのはランチです。

和食と牛肉のグラーシュのチョイスだったので、後者を選びました。


成田ミュンヘン機内食1


牛肉のシチューのようなもので、左に添えてあるのは赤ザワークラウト、右はジャガイモのニョッキを長くしたようなものでした。温かいザワークラウトがちょっと嫌でしたが、他のものは美味しかった。前菜として出てきたポテトサラダだけは食べられたものではありませんでしたが、あとは概ねGood。

日本時間の7時ぐらいだったでしょうか、スナックの時間があります。鮭のおにぎりとケーキのチョイスだったので、おにぎりをもらいました。


成田ミュンヘン スナック


ルフトハンザの日本便にはウーロン茶があるのですが、これはChinese Teaと言っても通じず、Oolongと言わなければ分かってもらえません。どうもOolong茶も日本のお茶と思っているような様子です(まあ、日本のペットボトル製品なので無理もないですが)。

ミュンヘンには夕方到着ですが、例によってその2時間前に食事が出ます。日本食とペンネの選択だったので、日本食にしました。気分的にはペンネの方が食べたかったのですが、日本食には野菜が入っていたのでこちらにしました。


成田ミュンヘン機内食2


実際ふたを開けてみると、野菜の量は少なくてがっかりしました。ご飯に煮汁がしみて伸びているので、美味しくはないですが、まああきらめはつく程度です。

ミュンヘン空港は去年も利用しましたが、ここはコーヒー、紅茶がただで飲み放題で大変素晴らしい。どこの空港も飲食品ではボリますから、うれしいサービスです。

出発便は50分遅れでの出発になりました。飛行機自体はローマ・ミュンヘン・アテネと飛ぶルフトハンザ機だったのですが、ローマからの出発が遅れたのだそうです。ドイツ人のせいでしょうか、イタリア人のせいでしょうか?

機内ではペンネが出たので、先ほど日本食を選んでおいて良かったです。


ミュンヘン・アテネ機内食


二度続けてペンネのトマトソースでは辛いですからね。ミュンヘン・アテネは2時間ちょっとのフライトなので、何が出ても文句は言いません。

アテネの空港には旦那が迎えに来てくれていたので、1時ごろには家に着くことができました。以上にて、機内食レポは終らせて頂きます。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/05/07(火) 06:42 ]

<<パングラティ散歩 | ホーム | 最近食べたものダイジェスト>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/574-34745bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。