『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

プラカで(たぶん)一番美味しいレストラン
ブログ、サボってますけど私は元気です。皆さんはいかがでしょうか。

プラカとモナスティラキの境界にあるレストランMonoに行ってきました。これで三回目。観光客向けで不味いレストランの多いプラカにあって、ここはちゃんと味で勝負できる店。

ネットでレビューを読んでいると、サービス・スタッフの態度が悪いとか書いている人がいますが、私たちが行くときはいつも接客がいいです。

ベイビー・スピナッチとフォアグラ・チップスのサラダ(12ユーロ)。


フォアグラ


フォアグラ・チップスってなんだろうと思って注文してみたところ、フォアグラを冷凍した状態で鰹節のように削ったものでした。初めて食べるものです。フォアグラなので値段が高いですが、美味しいです。

サラダと一緒にとった前菜は、牛サーロインのスロー・ローストを薄切りにしたものとアスパラガスにベルガモットと金柑のソースをかけた料理(8ユーロ)。


Mono


添えてある野菜はクレソンの小さいやつで、バルサミコのドレッシングがかかっているのですが、このドレッシングにも柑橘系の香りが。

私のメイン・ディッシュは栗のリゾットとビーフ・タリアータ(10ユーロ)。


Mono


これ、一ヶ月ぐらい前の話で、栗がまだシーズンだったので取ってみました(まあ、このレストラン、頻繁にメニューが変わるわけではないので、必ずしも季節感はないですが)。予想通り栗の甘みとチーズのコクがマッチして美味。予想外だったのはタリアータで、まさかこんなに赤いのが出てくるとは。ギリシャ人はレアを食べられない人が多いですからね。牛のたたきみたいな感じです。生肉好きの私にはうれしいサプライズでした。

旦那のメインは豚肉のライム・ソースがけ(12ユーロ)。


Mono


ロースト・ポテトはカラメル化させた玉ねぎと合わせてあります。豚はフィレなのですが、ちゃんと技術のある人が調理するとパサパサになったりすることはないんですよね。ライムとのコンビネーションが面白かったです。

以上プラス赤ワイン一杯、ミネラル・ウォーター、パンで50ユーロぐらいです。私は割引カードを使って30%引いてもらいました。

水曜日の夜に行ったんですけど、9時ぐらいには半分ぐらいの席が埋まっていました。外国人のお客さんも多いのですが、観光客というより、アテネに住んでる外国人がお客さんと一緒に来るというパターンみたいです。あと、明らかに常連のギリシャ人も多いです。

ギリシャ料理ではないので、滞在日数が限られている観光客の方が敢えて行くべきとは思いませんが、アテネ在住で、東京のように美味しいものが食べたいと思っている方には是非お勧めします。

Mono
Benizelou Palaiologou 4C Plaka, Athens
Tel. +30 210 3226711
http://www.monorestaurant.gr/en/ (メニューと値段も見れます)


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/04/06(土) 08:14 ]

<<キプロス救済とギリシャの公務員解雇 | ホーム | 週末、遺跡・博物館は開場>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/570-79ab1457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。