『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

船員のストと農民の道路封鎖
アテネの交通機関のストはやっと落ち着いたと思ったら、また難問が。

一つは船員のスト。
ギリシャではフェリー会社の経営が悪化しており、船員たちにはもう何ヶ月も給料が払われていないのだそうです。だからスト。というか、給料もらえなければ働かなくなるのも当然ですね。冬の間、観光客はまだほとんどいないからいいのですが、飛行場のない島に住む人たちや、島で農産物を生産している人たちが商品を輸送できないためとても困ったことに。

アテネの公共交通機関ストの時には、職場に戻らなければ逮捕するという命令を政府が出したせいでストが終わったのですが、給与をもらっていない民間の労働者に対し、同じ手は通じません。このため、当面解決策がないというのが現状です。

それにしても7ヶ月も給料をもらっていないとか、ひどすぎます。去年の春頃、フェリー会社は不況だから秋ぐらいには破産するところが出てくると言われていました。結局、どこもつぶれなかったので、状況は良くなったのかなと思っていたのですが、単に給料も払わずに経営を続けていただけのようです。フェリー会社は民間企業ではありますが、島に住む人々の生活がかかっているので、船の運航に責任があります。いったいどうするつもりなんでしょうか。

そして農民の道路封鎖。春先になると毎年の恒例行事なのですが、ギリシャ北部やテッサリアなど、島以外の農民たちが、いろいろな要求を掲げてトラクターで道路をふさぎます。特に、テッサロニキとアテネを結ぶ高速道路が塞がれると、ギリシャの輸送網が麻痺して大変なことになります。今のところ、かなり遠慮気味に道路封鎖しているので大きな影響は出ていませんが、政府側に妥協の余地(=お金の余裕)がないので、こちらも行き先が不安であります。

フェリーに乗ったり、高速道路で旅行する人はそれほどいないかもしれませんが、船のストも道路封鎖も農産物の輸送を滞らせるので、これが起きるとアテネでは野菜の値段が上がるので頭が痛いです。


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/02/04(月) 08:01 ]

<<フェリーのスト解消、問題は残したまま | ホーム | アテネの公共交通やっと復活!(とりあえず1日だけ)>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/561-9e7130f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。