『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

更新: エヴォラ大聖堂
エヴォラ大聖堂のページを追加しました。

http://www.mesogeia.net/portugal/evora2.html


エヴォラ大青銅の回廊


上は回廊の写真です。


ポルトガルって、カトリック色が強い国だと思っていたんですけど、旅行してみると、イタリアやギリシャと比較して、あまり宗教的な関心の強さは感じませんでした。

そういえば、スペインもカトリック国というイメージがあったんですけど、スペイン人の若い女の人に聞いたら、今のスペインは世俗的で、教会の力はほとんど無いといっていました。たぶん彼女の政治的な意見も反映しているのだと思いますが、私のイメージとはかなり違うのでしょうね。


ギリシャでは今でも、教会の前を通るとき、胸の前で十字を切る人がいますし(私が初めてギリシャに来た10年ほど前と比べると、ずいぶん少なくなりましたが)、日曜日の朝、教会はかなり賑わってっています。

そういえば、うちにも聖職者を呼んで、新しい家のお清めをしてもらわなければならないみたいです。旦那とその家族は、家具が揃ってからとか言っていますが、いったい何時になるのやら・・・



テーマ:ポルトガル  - ジャンル:旅行

ポルトガル | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/02/07(土) 08:26 ]

<<日干し蛸 | ホーム | 更新:コインブラからエヴォラへ>>

コメント
ハリーポッターに出てきそうな建物ですね・・・建築様式の違いは、ポルトガルならではの何か傑出したものってあるんでしょうか?ギリシャの教会は、かなり他のヨーロッパの教会とは違う雰囲気を受けましたが。
スペイン人の私の若い知り合いは、常に聖マリアのお守りを持っていました。マリア信仰が強いのでしょうか?女性の名前も、「マリアなんとか」と、ただマリアだけでなく、マリアの変形バージョンが女性の名前の主流だと聞きました。
ギリシャも、マリア、多いですよね。

URL | mii #AwirhpSY | 2009/02/07(土) 14:44 [ 編集 ]

ギリシャの教会建築は、ビザンツ時代のものを継承しているので、西ヨーロッパの建築とはかなり違います。むしろ、同じビザンツからの影響がある、中近東のモスクと似ているという印象を受けるのではないでしょうか。

イタリア人やフランス人は男性の名前にもマリアを入れることがあります(XX・マリア・YYのような感じ)。

ギリシャでは、建前上、聖人か、キリスト教に関係している名前でしか洗礼を受けられないので、ほとんどの人がキリスト教徒関係ある名前を使っていますね。



URL | mesogeia #- | 2009/02/07(土) 18:26 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/56-201f2339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。