『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

他者の痛み止め
「国境なき医師団 MSF」が、病気でも薬を買えない人に寄付をするための道具として、「他人の痛み止め」というキャンディーを売り出した。

薬局でこのキャンディーを買うと、そのお金が寄付される仕組み。このキャンディーをなめると他の人の痛みが止まるという趣旨。

スペインで始まった試みらしい。

http://www.msf.es/pastillascontraeldolorajeno/ (スペインのMSFホームページ)

ギリシャでは、スペイン人俳優でハリウッドでも活躍するハヴィエル・バルデムがテレビでコマーシャルをやっている。最初はスペイン語で話しているんだけど、突然ギリシャ語で話し出すのでびっくりする。

見たことない方はYoutubeでどうぞ。

http://youtu.be/P9RBg5ux4Ik

ギリシャでは失業で保険に入れない人が増え(ギリシャには日本の国民健康保険に相当するシステムがないので、家族みんなが失業していると、普通は保険に入れない)、保険に入っていても、国が薬の代金を薬局に滞納しているせいで、薬代を保険でカバーできない時があるので、タイムリーな企画。

http://pastilies.gr/

値段は1.60ユーロ。

なんだけど・・・・

全く同じものなのかは分からないけど、スペインではこれ1ユーロ。

ギリシャ、なんでこんなものまで高いんだ?


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ニュース | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/01/27(日) 22:03 ]

<<アテネの公共交通やっと復活!(とりあえず1日だけ) | ホーム | アテネ公共交通機関、メトロは復活、バスはスト>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/559-206657b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。