『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

カリセアのカザフスタン・レストラン
なんだか最近、ファーストフードっぽいもののことばかり書いているので、今日はちょっと傾向の違う食べ物をご紹介。

アテネには旧ソビエト連邦の国々から移住してきたギリシャ系の人々がけっこうたくさんいます。彼らが特に多く住んでいるのが、アテネの南西に位置するカリセアという地区。ここにはロシア・レストランが何軒かありますが、必ずしもロシアからの移住者や、純粋なロシア人が経営してはいないので、日本人になじみのあるロシア料理とはちょっと違ったりします。

この『エヴゲニオス』もそんな一軒。旧ソ連のカザフスタンから来た人がやっています。夫婦経営で、聞いたわけではないですが、多分奥さんがギリシャ系、旦那さんはちょっと違う見かけ(東洋人っぽい感じ)です。


Evgenios Kallithea


店の内装に特徴はないですが、店の一角に集められた民族衣装や国旗が自己主張しています。


Eugenios Interior 1


テーブル数は10もないとても小さなお店ですが、お昼から夜まで月曜以外は毎日やっています。


eugenios742030.jpg


メニューがちょっと見にくいのと、接客担当の奥さんがどちらかと言うと接客下手なのとで、料理を選ぶのにちょっと苦労しましたが、何皿かピックアップ。

あと、ビールも。


eugenios742350.jpg


これはウクライナの「アルセナル」というビール。それほど癖のないビールです。冷蔵庫の中にはいろいろ珍しいジュースが入っていました。私はジュースを飲まないので、味見する機会がありませんでしたが、ジュースを飲みながら食事できる方は試してみるとよいのではないでしょうか。





私は前菜にキノコサラダというのを食べたかったのですが、旦那はキノコ嫌いなので、ロシア風サラダを注文。


Rossiki Salata


ポテト、にんじん、グリンピース、卵をサイコロ切りにしたものをマヨネーズで合えてあります。ギリシャでロシア・サラダ(ロシキ・サラタ)を注文すると、マヨネーズの中に野菜が入っている感じですが、このロシア・サラダはかなり固形です。

これを、このカザフスタンのパンと食べます。


eugenios742050.jpg


ピタとパンの中間ぐらいのパンで、真ん中に判のようなものが押してあるのがおもしろいです。

こちらは牛肉とジャガイモの土鍋煮。上にチーズを乗せて溶かしてあります。


eugenios742060.jpg


これはギリシャ料理っぽかったので、もしかするとカザフスタンに住んでいたギリシャ人の料理なのかもしれません。かなり油が多くて、寒い国の料理という感じがしました。

そして「マントゥ」。日本からトルコに至るアジアにはどこにでもあるまんじゅう・餃子系の料理です。


mantu


中に入っているのはひき肉、玉ねぎとキャベツ。皮は餃子の皮を厚くしたようなもので、中華風のまんじゅうのようにふかふかではありません。蒸して調理してあり、皮を破るとショウロンポウのように肉汁が流れ出してきます。

興味深かったのは、味付け用として、色のない透明な酢、しょうゆ、そして唐辛子と香辛料のペースト(多分カザフスタンバージョンのアジカ)がでてきたこと。中央アジアらしさが感じられます。

もうこの辺で苦しくなりかけていたのですが、まだスブラキが出てきてしまいました(まあ、注文したのは私なんですけどね)。一本が羊で一本が鶏(一本ずつ注文できます)。


Shashlik


あ、スブラキと言いましたが(お店の人もそういっていましたが)、これは「シャシリク」という料理です。ギリシャのスブラキとは違って肉をマリネしてあり、さらに上から酢をかけてあります。

「もう駄目・・・」というぐらい食べて、お値段は25.50ユーロ。どれも親しみやすい味付けで美味しかったです。個人的にはマントゥと串焼肉が気に入りました。煮込みも美味しかったのですが、これを食べるには、私にはお米か麺が必要です。

最後には、オーナー夫妻が「また来てね~」と見送ってくれました。カリセアには他にも行きたいロシア・レストランがいくつかあるので、すぐにというわけにはいかないですが、是非また行きたい店の一つです。

EUGENIOS
Andromachis 267, Kallithea
Tel. 210 9410001

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/11/30(金) 20:03 ]

<<ハランドリのモダン・メゼドポリオ | ホーム | ピレウスのアメリカン(?)ダイナー>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/541-c334865e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。