『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

メテオラで食べたもの
二週間ぐらい前、メテオラに遊びに行ってきました。

メテオラに行かれる旅行者は多いと思うので(まあ、個人旅行の人はまれでしょうが)、参考までに、私たちが食べたレストランや食べ物をレポートしておきます。

最初の夜は疲れていたので、カランバカのホテル(ギャラクシー・ホテルに泊まりました)の人に勧められた「パネリニオ」というタベルナへ。私は、美味しいものを探すためには疲れていても空腹でも努力するのですが、疲れた旦那を歩かせると怒り出すので、ここは我慢です。

カランバカの市庁舎広場にあります。Tripadvisorでは、このレストランの向かいにある「メテオラ」の方が人気だったのですが、ホテルの人の勧めに従ってみることにしました。

お店には外人客多し。


Panellinio, Kalambaka


ホルタを注文しようとしたら、「シーズンじゃないから、ない」と言われました。外人観光客に言うならともなく、ギリシャ人にそんな嘘をついてどうするんでしょう?

オーブン焼きのスパゲティー。


オーブン焼きスパゲティー


これが8.80ユーロは高いです。

チキン・スブラキは盛りだくさん。


チキン・スブラキ


これは普通でしたが、ライスは古いみたいで、饐えた臭いがしました。

他のものも取ってますが、全部合わせて28ユーロだったか、田舎にしては高いです。なので、このお店はお勧めしません。

Panellinio
3 Vlahavas (Plateia Dimarhio)
Kalambaka
Tel. 24320 24735


次の日は、メテオラ観光のもう一つの拠点、カストラキ村で食事しました。村の中央にある教会に近い「ガルデニア」という店です。お店はホテル(貸し部屋)もやっています。こちらは知り合いのお勧めなので、期待していきました。


Gardenia, Kastraki


メニューの種類は少なめで、外国人観光客が食べたがるようなものはそろえていますが、ちょっと変わったものを食べたいと思うとあまり選択の余地はありません。

というわけでゲミスタ。トマトとピーマンの中にライスを詰めてオーブンで焼いたものです。


ゲミスタ


見た目は悪いですが、とても美味しかったです。

豚のスブラキ。


Pork Souvlaki


巨大です。特に変わったスパイスが使ってあるわけでも、塩がきついわけでもなく、普通の串焼肉。野性的でまあ美味しかったです。

お勘定は23ユーロぐらい。Panellinioと比べると、ずっと安いです。

日本人観光客でカストラキの村に立ち寄る人は少ないと思いますが、行ける方は行ってみてください。このお店に限らず全体的に、カストラキのレストランの方が、カランバカよりも期待できそうな印象を受けました。

Gardenia
Kastraki Centre
Tel.: (+30) 24320 22504
http://www.meteora-plakias.gr/





こちらはカランバカ近郊にドライブに行ったときの写真。

カスタニアという村で食べた胡桃のグリコ・トゥー・クタリウー(シロップ煮)。


dahuda070.jpg


くるみの実を若いうちに摘み取って煮るようで、殻がありません。ナッツの部分はあんこのような味わいで、美味しかったです。

その後、ドリアナという村の近くにある教会を見に行き、ランチはその近くで食べました。名前もないような店で、もちろんレシートも切ってくれなかったので、資料なしです。

なんだか変な時間に行ったので、もうあまり食べ物がないと言われ、ちょっとだ注文。これは、ミートボールを揚げて、トマトソースで煮たもの。なんだか中華料理の味わいで、ご飯が欲しくなりました(笑)。


dahuda090.jpg


美味しいんですけど、完全に冷えているのが残念です。

そこでおまけにもらった、おばさんの手作りだというグリコ・トゥ・クタリウーもまた美味しかったです。


dahuda080.jpg


ここに写っているのはトマトとイチジク。もうお腹一杯だったので、二つだけもらいました。

カランバカに帰ってからもお腹は減っていなかったのですが、どうしても行きたい店があったので無理やり夕食。

カランバカの中央通であるトリカロンをトリカラ方面に歩き、ディヴァニ・メテオラを通りすぎたところにあるお店「スカロス」。タベルナと書いてありますが、実際には焼肉しかないので、「プシスタリア」というカテゴリーです。

ここの羊のコンドスヴリがめちゃくちゃ美味しいんです。ガイドブックやネットを見ると、スブラキが名物とか書いてありますが、それは間違いです。コンドスヴリを注文してください。


dahuda100.jpg


ザジキとサラダも食べて、二人で22ユーロ。肉以外のものは普通なので、肉好きな人だけにお勧めの名店です。

なお、この店は中心からちょっと離れているので、観光バスの運転手さんやツアコンの人がよく来ています。ツアーできている人は鉢合わせするかもしれません(笑)。

Skaros
Trikalon, kalambaka
(見つけ方は上に書いたとおりです)

あと、カランバカでは街中にあるDionysosというお店と、Skarosとは反対側の町の外れにあるParamythiaというお店が有望そうでした。カランバカの中には「これでもか!」というほどスブラキ屋さんがあるので、ついそれに引っかかってしまいそうですが、安くて美味しいものがたくさんあるので冒険してみてください。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/10/14(日) 08:57 ]

<<グリファダ散歩 | ホーム | 「火曜日はアテネへ!」秋バージョン>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/527-b8c90ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。