『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

フィニクーダでのディナー
先週、夏休みを取って、ペロポネソス半島のメシニアに行ってきました。私は初めて、旦那は兵役時代、短期間カラマタに駐屯していたことがあります(この基地はもう閉まってしまったので、今はありません)。

メシニアがどこかというと、ペロポネソス半島の下半身に生えている三本の脚の一番左(西)とその上と右の部分ちょっとと思っていただけると、ほとんどの部分はカバーされていると思います。

遺跡や名勝もたくさん見てきましたが、それは『ギリシャへの扉』の方に書くので、ここではプチ情報を。旅行なさる方は参考にしてください。


      


私たちはコロニという町に泊まっていたのですが、そこからヴォイドキリア、ヤロヴァ、ピロスまで遠征し、その帰りにフィニクーダというところで食事をしました。

何でわざわざここに行ったかというと、事前に、フィニクーダは夜にぎわうという情報を得ていたからです。メシニアはかなり田舎っぽい(洗練されていない)地域ですが、このフィニクーダはちょっとましです(笑)

確かに人が一杯居ます。外国人も結構まじっています。フィニクーダは小さな村なので、メソーニやコロニといった近隣の町からも人が集まってくるのかもしれません。ヨーロッパからのパッケージホリデー用ホテルもあると聞いたことがあります(メシニア県の首都カラマタには空港があるので、ヨーロッパの都市からメシニアに直行することが可能です)。


Finikounta by Night


食事ができる場所も、村のサイズの割にはいろいろあります。ギリシャの小さな町のご多分に漏れず、フィニクーダでもメインストリートは一本で、海岸沿いに広がっています。メインストリートの真ん中にはカフェやスブラキ屋(プシスタリア)があり、タベルナはメイン・ストリートの両端にあります。私たちは西側(海に向かって右側)に歩いて、ここにたどり着きました。

「エレニ」というタベルナで、ガイドブックにものっている有名な店です。


Eleni Finikounta


お客さんもたくさん入っていて、美味しいのかもしれませんが、モナスティラキの観光客向けタベルナのような生演奏をやっていたので、ここには入らず、そのちょっと手前にある「ディオニソス」というタベルナに入りました。

「ディオニソス」にはグリルも煮込み料理(マギレフタ)も、あるし、お魚もちょっとですがあります。私たちは海際のテーブルに陣取ったので、写真がちょっと暗いですが、食べたものをご紹介。

まず、白ワイン、ホルタ(ブリタでした)、ザジキにパン。


Dionysos Finikounda


この辺はみんな美味しいです。ザジキやホルタに美味しいも何もあるの?と思われる方もいるかも知れませんが、ザジキは使っているヨーグルトの質、にんにくと塩の加減、作ってから時間がたっていないかどうかがポイント。ホルタも、野菜が新鮮かどうかで差が出ます。

ワインはちょっとマスカット風味で美味。ウエイターさんの「うちの名前はディオニソスだから、ワインは自慢だよ」というお勧めを聞いておいて良かったです。





メインに取ったのは、スタッフド・チキン・ロール。野菜とチーズが巻いてあります。


Dionysos Finikounda


チーズのせいかちょっと塩辛かったですが、鶏肉がジューシーで美味しかったです。オーブンで一緒に焼いたと思われるジャガイモも美味しかったですが、量が多すぎて全部は食べ切れませんでした。

旦那が注文したのはムサカス(ムサカ)。メシニアではこういうテラコッタの入れ物で一人分ずつでてくるケースが多いと聞きました(一般的には大きな四角いオーブン・ディッシュで焼くので、四角く切られてできます)。


Moussakas


この写真ではサイズが分かりにくいですが、かなり巨大で、一人分には多すぎるぐらいです。旦那は美味しいからといって無理やり食べて、後で苦しんでいました。

お食事の後には、口直しにスイカがちょっとだけ出てきました。

お勘定はこんな感じです:

白ワイン半リットル 3 Euro
ガス入りの水 2.50 Euro
ザジキ 3 Euro
ホルタ 3.80 Euro
チキン・ロール 6.50 Euro
ムサカ 7.50 Euro
パン 1 Euro

合計で27.30 Euroでした。満足です。


お腹一杯でしたが、手作りアイスクリームと書いてある店を見つけたので、買ってみました。1スクープ1.50ユーロ。


Ice Cream Finikounda


レシートをくれなかったので、店の名前が分からなくなりましたが、外見はこんな感じです。


finikouda ice cream


ちょっと私には甘すぎでしたが、私のアイスクリームの趣味はちょっと変なので、あまり信用しないでください。

最後に駐車場についてです。私たちはフィニクーダがどういうつくりになっているか分からなかったので、メインストリートまで栗まで入ってしまい、あわてて有料駐車場(1回2ユーロ)に入れてしまいましたが、フィニクーダは小さいので、中心部から離れたところに停めても、大して歩かずにセンターまで到着するはずです。

私たちは泳ぎませんでしたが、フィニクーダにはビーチもあります。ビーチと合わせて観光してもいいかもしれません。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/08/12(日) 08:24 ]

<<ペタリディで海辺のランチ | ホーム | スキーロス島で食べたもの>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/518-7bf169b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。