『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

スキーロス島で食べたもの

最近ブログをアップデートしていませんでしたが、『ギリシャへの扉』の方を書いていました。7月の初めに行ったスキーロス島です。

スキーロス島

まだ作りかけですけど、旅行の計画を立てている方がいれば参考にしてください。

ここでは、スキーロスで食べたものをちょっとだけご紹介。

しょっぱなの写真はスキーロスじゃないんですけど、キミで食べたバクラバの写真(日本人にはバクラバという名前で知られていますが、ギリシャ語では男性名詞でバクラバスです)。スキーロスに行くには二つ方法があって、一つはアテネから飛行機で行く方法、もう一つはエヴィア島の東側にある港キミからフェリーに乗る方法。私たちは車を持っていったので、フェリーにしました。車がなくても、キミまではアテネからKTELのバスが、フェリーの時間にちょうどいいように出ています。

キミでちょっと待ち時間があったので、お茶をすることに。やたらに「キミのバクラバ」という看板が出ているので、どうやら名物らしいということで食べてみました。


バクラバス


これはアーモンド入りですが、クルミ入りというのもありました。上のほうはパリパリ、下のほうはナッツがいっぱいで美味しかったですが、ここでしか食べていないので、これがキミのバクラバの特徴なのかどうなのかは不明です。

なお、キミはバクラバだけではなく、干しイチジクでも有名なようです。

スキーロスに着いて最初の夜は、ホーラにあるイタリア風レストラン「マルコ・ポーロ」に行きました。オーナーシェフはイタリア人で、ピザやパスタがあるにもかかわらずイタリア風と言うのは、下のようにイタリア料理じゃないものもあるからです。

これはケバブ。牛肉と何か別の肉をブレンドしたと言っていました。食感が独特で、重曹を練りこんであるようです。


ケバブ


ひき肉に重曹を練りこむのはトルコから中国では行われていますが、ギリシャにはない技です。

そしてこれは、鶏肉のオレンジ風味タンドーリ。別にタンドーリで焼いているわけではなく、タンドーリスパイスでマリネしたという意味だと思います。


タンドーリ


フュージョン系はセンスがない人が作ると大きく外しますが、これはあまり違和感がなくて美味しかったです。

島にしては値段がちょっと高めですが、ギリシャ料理じゃないものが楽しめるし、味もいいので、何日か滞在するならば必ず行きたい店です。ホーラの中央広場にあるので、見つけるのは簡単なはず。






宿には朝食がついていなかったので、パンを買って、近くのカフェテリアに持ち込んで食べました。持ち込みはルール違反だと思いますが、カフェの人と知り合いなので何も言われませんでした。まあ、知り合いじゃなくても、何も言わないと思います。

これはアップル・パイ、1.50ユーロ。


food4.jpg


この日のお昼は、友達の家でご馳走になったので、自腹で食べたのは夜だけ。この「マジュラーナ」というスブラキ店もホーラの中央広場の近くにあります。テーブルが二階にあって、お手ごろ価格でお食事ができるようですが、私たちはテイクアウトで済ませました。スブラキ、美味しかったです。


マジュラーナ


次の日の昼ごはんは、カラミツァの近くにあるタベルナで食べましたが、そこで見たショッキングなものがこれ。


food6.jpg


直径が30センチぐらいある巨大な揚げパンです。お店の人が「ラドピタがあるよ」というので、旦那が何のことか分からないまま注文してしまいました。ギリシャの他の場所にもある食べ物ですが、ラドピタという名前は初めて聞きました。これと「クシノティリ」というヨーグルト場のチーズを一緒に食べるのがスキーロス流のようですが、この日はクシノティリが切れていたと言うことでフェタが添えられています。また、チーズを生地の中に入れてから揚げるバージョンもあるそうです。

美味しかったですが、大量に食べられるものではありません。でも、スキーロスに来たら一度はお試しください。

私たちは旅行中、昼ごはんを食べるのが遅いので、どうしても晩御飯を食べることができません(最初の日は昼ごはんを食べずに、晩ご飯だけ食べました)。で、晩御飯代わりに食べていたのが、Faltainaというお店のアイスクリーム。スキーロスのメーカーで、ちょっと変わったフレーバーもあって美味しいです。


food7.jpg


1スクープ1.50ユーロとお手ごろ価格なのも魅力。スキーロスでは外せない食べ物の一つです。

次の日、マルケーシ・ビーチへの道にあるタベルナでたべたビフテキャ(ハンバーグ)。


ビフテキャ


一つの大きさは直径10センチほど。いちおうこれで1人分なのですが、二人でシェアして十分すぎる量です。ギリシャの他の島でも経験しましたが、スキーロスの1皿は量が多いので、注文する時に加減が必要だと思いました。

というわけで、この日も晩御飯はアイスクリームで済ませることに。

最終日の朝は、モーロス・ビーチのJuicyというビーチバーでクレープの軽食。


food9.jpg


これは正直、あまり美味しくなかったです。

駆け足で紹介しましたが、こんな感じの食生活でした。島に行ったのに、なんで魚を食べてないんだろうと不思議に思われた方、あなたは鋭いです。スキーロス島、もちろん島ですので魚は取れるのですが、牧畜が有名で、肉料理がさかんに食べられているのです。スキーロス名物と言われているものにロブスターもあるのですが、昨今エーゲ海で獲れるロブスターなど数が知れていますし、輸入でも安い食べ物ではないので、食べませんでした。

食べ物の量は多くて値段もお手ごろなのですが、ものすごく美味しいかと聞かれれば、そうでもなかったと言うのが正直な感想です。私が興味を引かれたのは最初の「マルコ・ポーロ」とファルタイーナのアイスクリームぐらいで、その他のお店は田舎の安いタベルナというレベルでした。

とは言え、スキーロス島、海で泳ぐのが好きな人にはいい所ですので、また行くことになるかもしれません、旦那に引きずられて・・・

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:1
[ 2012/07/29(日) 10:00 ]

<<フィニクーダでのディナー | ホーム | エヴァンゲリスモスのシーフード・レストラン>>

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2012/07/30(月) 20:21 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/517-1a876fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。