『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

今日は選挙
今日、日曜日は再総選挙の日。朝7時から投票が始まっています。

今日はずっと選挙の話で持ちきりなんだろうなと思いながら、朝起きてテレビをつけたら、火事のニュースでした。また、山火事で、アッティカでもいろいろなところが燃えているみたいです。マラソンやケラテア、アナビソス、アギイ・アポストリのほうも燃えているので、うちもそうですが、今日海に行こうと思っていた人は行く場所をよく検討した方がよさそうです。

さて、選挙ではSYRIZAが勝つか、新民主党が勝つかが焦点です。

私はSYRIZAが勝つと思っています。

なぜなら・・・

1) 勢いがある
2) ここ最近、失点があったと聞かない
3) ギリシャ人は怒っていて、理性的に考えなくなっている

と感じるからです。

冷静に考えれば、EURO参加国としての地位を確実にしてくれる党に投票するべきなのでしょうが、何せ長期的に物を考えるのが苦手な国民性ですので、とりあえず今のストレスを発散させる方に走ってしまう人が多そうです。別に過半数である必要はありません。30%近くもいれば、それでSYRIZAの勝ちです。

外から見ると、ギリシャ人は、お金を貸してくれているEUやIMFに多少感謝してもよさそうなものですが、現実は逆で、恨んでいます。ギリシャの状況が悪いのはメモランダムのせいだとい言うばかりで、ギリシャが破産しているせいだからということには思いが至っていません。

そして、ギリシャが破産したのも、悪い政治家や、ギリシャに分の悪い契約を押し付けてお金をもうけたドイツやフランスの責任で、「一般民衆」に罪はないと主張する人が多いように思われます。悪い政治家を選んだのは一般民衆なのですが、あまり民主主義の意味が分かっていない人が多いようで、悪い政治家を選んできたことを反省して、対策を考えるのではなく、単に政治家を恨むところで終わってしまいます。世の中の人は、ギリシャは民主主義が生まれた場所とよく言いますが、そういう人には「だから何なの?」と問い返したいです。

他方、EU、IMFのトップは、ギリシャ人が新民主党に投票するようにと、あからさまなメッセージを送っていますが、もし本当にそれを望んでいるならば、戦略として大きな間違いです。ギリシャ人の多くには、ギリシャが外国に操られているという被害妄想が常にあるので、逆の行動を取る可能性が高いからです(そんなことはEUもIMFも分かっていて、ギリシャ人がSYRIZAに投票し、EUROから追い出す口実ができればいいと思っているという説もあるぐらいです)。また、メルケルドイツ首相を初めとするEU幹部が、メモランダムを変えることは絶対にできないと公言するのも大きな失策です。なぜなら、メモランダムには成功している部分と、失敗している部分があるのはギリシャ国内から見ると明白で、失敗している部分も続けろと主張するのは、副作用が大きすぎたり、効果がなかったりすることが分かっている薬を無理やり患者に飲ませる医者と同じだからです。

メモランダムがギリシャの復興に向けてのものであるならば、常に見直しがあってしかるべきです。にもかかわらず、譲歩すると、ギリシャ人は反緊縮政党支持に走ると思って、EU首脳は無理な主張を繰り返してきました。結果はその逆で、緊縮派だった新民主党まで、メモランダムに基づく政策の変更を主張せざるを得なくなってしまいました。IMFのラガルド総裁は、昨日になってやっと、選挙の後にはメモランダムの進行状況と効果を調査の上、ギリシャの新政権と見直しを行うと言いましたが、言うのがちょっと遅いです。

ところで、外国では、SYRIZAが勝つと、ギリシャはすぐにユーロ離脱するような議論をしている人がいますが、ギリシャ人の多くはそう思っていません。なぜならSYRIZAはユーロ残留を公約しており、メモランダムの破棄という片方の公約だけを実行するわけには行かないからです。だから、SYRIZAが勝っても、結局何も変わらないとい言う人もいるぐらいです。

今日の夜には大勢が判明するはずです。世界中がギリシャに注目しています。昨日、私の姑は、「ギリシャの選挙の結果が怖くて、メルケル独首相もオランド仏大統領もメキシコのG20に出発できないのよ~」ととても満足そうでした。

ギリシャ人より、諸外国の方がギリシャの選挙結果を重大に捕らえているのではないでしょうか。






テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ニュース | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2012/06/17(日) 08:40 ]

<<ND勝利!でも、組閣は? | ホーム | ガジ・カレッジのチーズケーキ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/510-645ebe84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【今日は選挙】
今日、日曜日は再総選挙の日。朝7時から投票が始まっています。今日はずっと選挙の話で持ちきりなんだろうなと思いながら、朝起きてテレビをつけたら、火事のニュースでした。また、山火事で、アッティカでもいろいろなところが燃えているみたいです。マラソンやケラテア?...
まとめwoネタ速neo | 2012/06/20(水) 11:04

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。