『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ティリンス遺跡
トロまで行ったついでに、ティリンス遺跡にも立ち寄りました。


ティリンス







言わずと知れたミケーネ文明の遺跡ですが、たいていの人は、近くにあるミケーネの遺跡の方を見に行くので、ここに立ち寄るのは考古学マニアか、この辺りに数日滞在する人だけだと思います。

国が管理している遺跡なので、オープン日は、その他の国営遺跡と同じ(月曜日と特定の祭日にクローズ)。夏の間は朝8時から夕方7時半まで開いています(冬の間は恐らく午後2時か3時で閉まるはず)。

遺跡から発見されたものはすべてナフプリオの考古学博物館にあるので、ここは博物館なしの遺跡だけです。

下は城塞の入り口。ミケーネのライオン門の上がない感じですね。


ティリンス


ミケーネ文明の遺跡は、概して保存状態がよくありませんが、ここも例外ではないです。でも、宮殿部分は、ミケーネの遺跡よりも分かりやすいと思います。


ティリンス


一番の見所は市壁なのですが、それは遺跡の外から見た方がよく見えました。


ティリンス


入場料は3ユーロです。

『ギリシャへの扉』
ティリンス

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:1 | コメント:0
[ 2012/06/06(水) 18:46 ]

<<極右政党「黄金の夜明け」 | ホーム | トロ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/505-dd7c87f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ティリンス遺跡】
トロまで行ったついでに、ティリンス遺跡にも立ち寄りました。
まとめwoネタ速neo | 2012/06/09(土) 04:16

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。