『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

週末旅行:アラホヴァ
間が開いてしまいましたが、無理やりガラクシディ週末旅行の続き!

二日目は、せっかくここまで来たのだからということでデルフィ観光。私は何度か行ったことがあるのですが、今回初めて遺跡の上のほうにあるスタジアム(スタディオン)まで登ることができました。見たから何だというほどの遺跡ではなく、普通の団体観光ではここまで登りませんが、私は何度かのトライで初めて見られたということで達成感を感じました。

その後、デルフィの町まで戻るのはなんなので、アラホヴァまで進んで昼食。ギリシャでは、スキー・リゾートとして有名な町です。


アラホヴァ


特に何の情報もないまま入ってみたのはこの「カラタナシス」。


アラホヴァ


外見は冴えませんが、中は古い家屋といった感じで、それなりに趣があります。


アラホヴァ


上の写真は二階の内部、そして下は窓からの眺めです。


アラホヴァ


食べ過ぎだった私たちは、あまりお腹が減っていなかったので、少なめに注文。

まず、ルーコラ、ドライトマト、パルミッジャーノ・チーズのサラダ。


アラホヴァ


まあ、普通に美味しかったです。



下は青菜のパイ(ホルトピタ)。


ホルトピタ


入っているのはほうれん草、ディル、その他。家庭料理的な美味しさです。

フライドポテトはちょっと油の量が多い感じでしたが、ジャガイモの味自体は美味しかったです。


karathanasi113060.jpg


そして、アラホヴァ風ラムと青菜の煮込み。


karathanasi113070.jpg


アラホヴァ風」は、上にちょっとだけのっているフォルマエッラという地元産チーズから来ていますが、観光客に注文させるべく無理やり合わせたんだと思います。料理自体は、ギリシャで「フリカセ」と呼ばれる調理法で(フランス語から来ていますが、フランス料理的かというと、ぜんぜん違います)、肉と青菜を一緒に煮込んだものでした。肉は羊の臭みもなく、やわらかくて美味しかったです。強いて言えば、塩気がもうちょっとあったほうがよかったかもしれません。

パンとコーラ一本も合わせ、お勘定は26ユーロぐらいだったと記憶しています。高くはないですね。

すごく美味しいというほどではないですが、まあ、普通のタベルナです。

場所はアラホヴァのメインロード、アテネに向かった時、右側にあります。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/04/28(土) 18:30 ]

<<プロトマヤの花々 | ホーム | 週末旅行:ガラクシディのメゼドポリオ再訪>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/495-2d58c830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。