『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ケサリアニのポリティキ料理レストラン
最近寒いし、日も短いので、旅行に行ったり、ピクニックしたりする気がしません。だから、週末はレストラン探訪をする機会が増えました。この日も本当は、ケサリアニの山をハイキングしてから食事に行くつもりだったのですが、天候不順だったので、ハイキングの部分はカットして、レストランにだけ行きました。

このお店、ケサリアニ地区といってもディヴァニ・カラヴェルホテルの裏手当たりにあり、山からはずっと遠いです。

ネットで評判が良かったので、行ってみました。ジャンルは「ポリティキ・クジーナ」です。

行ってみると、住宅を改造したらしい小さなお店でした。暖かい季節には外にもテーブルを並べるようですが、冬の間は建物の中だけで、テーブル数は10もないんじゃないでしょうか。


vourliotina


壁には古い写真や書類が飾られ、とてもレトロな雰囲気。メニューは下にペーストするウエッブサイトからも見えますが、小アジア風のちょっと珍しい料理が並んでいます。


vourliotina


突き出しに出てくるパンには、オリーブ、オリーブオイルとバルサミコ酢、コパニスティのようなチーズディップがついて来ました。一人2ユーロの強制オーダーです。


パン


また、うちの旦那がいろいろ注文したがるのをセーブしつつ、4品選びました。私たち二人は4品食べると、特にメイン料理を二つとってしまうと、たいていどこのお店でもお腹一杯で苦しいぐらいなのですが、旦那はなかなかそれを学習してくれません。

ミックスサラダ。


Anamikti Salata


レタス、人参、キャベツ、ディル、ねぎを刻んでドレッシングで合えたものの上に、ヨーグルト味の甘いソースをかけて、石榴の実を散らしてあります。




メインの一つで、店の名前を冠した「ヴルリオティーナ」。豚と牛肉の煮込みに上から三種類のチーズをかけたものだそうです。


豚と牛


豚と牛を一緒に料理すると味が混じってしまって、私には美味しいとは思えないのですが、旦那が食べてみたいというので注文しました。紙に包んで料理してあるので、水気が抜けて、肉がパサパサです。干し肉のように味が凝縮していると言えなくもないので、私はそれなりに受け入れられましたが、丸のままの胡椒が沢山入っていて、胡椒が苦手な旦那は困っていました。

私はイスリ・ピラフというのを注文したかったのですが、レバーが入っているというので断念。旦那はレバーが大嫌いです。時々思うのですが、ギリシャの男性って、味覚が子供の時から変わっていない人が結構多いです。

で、代わりにトルコの餃子料理「マンディ」を注文しました(トルコ語だとマントゥ、つまり饅頭と同じ起源の言葉です)。


Manti


このマンディ、茹でるのではなく、焼いてあるらしく、パサパサしていて、しかも小麦粉が固まって噛めないような部分がありました。何でこんなことになってしまったのでしょうか?オモニア近くのトルコ料理屋さんで食べた時には美味しいと思ったこの料理、この店のバージョンは私には受け入れられません。

写真に写っているものの他に、フライドポテトとビール一本も注文しています。

サービスで、マスティハ味のパンナコッタのようなものにローズ・ジャムをかけたもの、アーモンド入りセモリナ・ハルヴァスにマスティハ・クリームをかけたもの、そしてシナモンのリキュールが出てきました。


vourliotina0070.jpg


これはまあ、美味しかったです。


お勘定書きは、こんなプレゼント・ボックスに入ってきます。


vourliotina0080.jpg


36.20ユーロは高くはないんですけどね。


vourliotina0090.jpg


注文したものがたまたま外れだっただけかもしれないけれど、これだったら他にもっと美味しい店を知っているので、まあ、「もういいかな」と思いました。

Vourliotina
At the corner of Hymittou and Vassileos Alexandrou 10
Kaisariani, Athens
Tel. 210 72.91.545

http://www.vourliotina.gr/


腹ごなしをかねてカラヴェル・ホテルまで歩き、近くにあるUTOPIAというカフェでコーヒー。


utopia0010.jpg


感じのいいお店です。


utopia0020


エスプレッソを飲んだのですが、エスプレッソの味は、うちにあるNespressoの方が勝っていると思いました。Nespressoを買ってからそう思うことが多くなったのですが、これはちょっと悲しいですね。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/01/22(日) 12:04 ]

<<ナンバー・プレートのない車 | ホーム | コリダロス探訪>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/478-8cad0311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。