fc2ブログ


『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プシリのケバブ
いつの間にか年末になってしまいましたね。

今年は景気が悪い成果なのか、私たちはあまりクリスマスを感じることができず、クリスマスツリーも飾っていません(これは旦那の仕業ですが)。

まあそれでも何とかクリスマスの空気を吸おうと12月26日、アテネに出かけました。ギリシャではクリスマスの次の日は祭日なので、商店はみんな閉まっています。

車をケラミコスの辺りに停めてモナスティラキに向かって歩きます。これはイラクリドン通り。


イラクリドン通り


アポストルー・パヴルー通りからはアクロポリスが見えます。この時、「何でアクロポリスに人がいないのかなぁ?」と思ったのですが、実はストで遺跡が閉まっていたことを次の日のニュースで知りました。遺跡の監視をしている人の給料のカットや未払いがあって、土日は遺跡や博物館が閉まることが増えそうです。冬(五月の初めまで)にギリシャを訪れる予定の人は注意してください。


アクロポリス


モナスティラキのエルムー通りにはけっこう沢山人がいました。レストラン『バイラクタリス』には座っている人よりも、スブラキの買い食いをするお客さんが多かったですが。


バイラクタリス


私たちも食事をするためプシリの方向へ。最初は猫ちゃんに引かれて、このTrantzistor(トランジスター)という店に入ったのですが、食事をできそうな席の数が限られていて、店の人も対応しようという気がなさそうなので出てしまいました。この猫ちゃんは人懐っこくてかわいかったです。


トランジスター


旦那は『ニキタス』に行きたがったのですが、私の予想通り閉まっていたので、プシリ広場の近くにあるこの店へ。


オドス・エスヒルー


『オドス・エスヒルー』という名前は、店があるエスヒルー通りから来ています。ちなみにエスヒルーというのは、古代ギリシャ三大悲劇作家の一人アイスキュロスの現代ギリシャ語読みエスヒロスから来ています。

暖かい時には店の前に並んだテーブルで食事をしている人が多いですが、この日は寒かったので、外で食事をしている人はさすがに誰もいませんでした。というわけで私たちも中へ・・・





店の中はこんな感じ。何風と言っていいのかは分かりませんが、なんとなく落ち着く雰囲気で、私は好きです。

メニューは基本的にグリル肉もので、ケバブとドネルが売りのようです。トルコ語の名前が並んでいるので、トルコ風ケバブ屋を目指しているのでしょうか。


Odos Aischylou


クリスマス・イブとクリスマスの食事で胃が変になっていた私は余りお腹が減っていなかったので少なめに、旦那は普通に注文。

フライド・ポテトは冷凍ではないと書いてありましたが、揚げてから時間がたっていたようで冷めていました。


Fried Potatoes


ピタ巻きケバブ(2.20ユーロ)。


ピタ巻きケバブ


サイズは小さめでしたが、ケバブ自体は美味しかったし、全体としてもバランスが取れています。ただ、このポテトもはやり冷めていました。

私は肉だけ食べると消化できないので、ホルタも注文。3ユーロとお安いです。味は・・・普通。


Horta


旦那が注文したケバブの薄いピタ巻き。中にチーズも入っています。


Odos Aischylou


値段は確か8ユーロぐらい。私のケバブの三倍以上なので、割合的に高いです。旦那は美味しいといって食べていましたが、これは、ミクロリマノの『ヴォスポロス』で食べた同じようなケバブのほうがずっと美味しかったです。

でも、これにコーラ一本とパン代込みで20ユーロ行かないので、別に不満もありません。この辺でスブラキが食べたくなったらまた行くことにしましょう。

Grill House Odos Aischylou
14-16 Aischylou Street, Psyrri Square, Athens
Tel. 210 3244 117

下はストア・スピロミリウーの装飾。メリー・ポピンズが飛んでいます。


ストア・スピロミリウー


これは去年と同じですね。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/12/28(水) 22:06 ]

<<カリ・フロニア | ホーム | クレタ・ダイジェスト>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/473-8e209b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2024 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania