『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

秋のアルカディア
先週の記事、アルカディア旅行の続きです。

2日目。ペンションで朝ごはんを食べた後は山へ。本当は遺跡にも寄りたかったのですが、間違って通り過ぎてしまい、戻るのが面倒だったので今回はパス。次回には立ち寄りたいものです。

山はちょっとだけ紅葉していました。


紅葉


ギリシャにも葉っぱが黄色くなったり、赤くなったりする木はありますが、日本のように山全体が赤くなるような紅葉は見かけません。

下は聖ヨハネ修道院。


モニ・プロドロムー


崖の中腹に立っています。中でジャージ姿の青年がコーヒーを出してくれました。修道士になる修行中なのでしょうか?

この後、谷を下って川を越え、向かい側にあるフィロソフォス修道院までさらにトレッキング。そこでは修道士のヴァンゲリスさんが水とルクミという甘いお菓子を出してくれました。お返しにイコンを一枚買って、またえっちらおっちら来た道を帰ります。

車に帰る頃にはお腹が減ったので近くの村で食事!


arkadia87363.jpg


聞いたことのない村だったのですが、かなり大きくて、建物もきれいです。タベルナも3軒ぐらいはありました。

素敵な広場があって、そこにもテーブルは並んでいたのですが、外でじっとしているのは寒そうだったので建物の中へ。


arkadia87364.jpg


メニューは出してくれましたが、煮込み・オーブン料理はどれでもあるわけではないので、お店の人に何があるのか教えてもらいます。その日にあったのは、豚のワイン煮、羊のレモン煮、ほうれん草ライス。豚のワイン煮は前日に食べたので、後者二つを注文。

これは前菜に注文したもの。ザジキ、グリーク・サラダ、赤ピーマンのマリネ。


arkadia87365.jpg


グリークサラダのフェタは分厚くてすごく立派です。10月のトマトなんか不味いだろうなと思いながら注文したのですが、あにはからんや甘くて美味しかったです。





さらに意外だったのはこの赤ピーマン。メニューには「ピペリエス・フロリーニス」と書いてあっただけなので、焼いた細いピーマンが出てくると予想していたのですが、ものすごく肉厚の赤ピーマンのマリネでした。


arkadia87366.jpg


スパナコリゾ。体が温まります。


arkadia87371.jpg


羊のリモナート。これは肉が硬くて、ちょと臭みがあったのでいま一つでした。


アルニ


これにビール一本で、26.30ユーロ。前日の店ほどではないですが、やっぱりアテネと比べると安いですね。

帰り道にはさらに別の村に寄り、カフェテリアのおばさんの手作りだというポルトカロピタ(オレンジケーキ)を、バースデーケーキ代わりに食べました。


Portokalopita


フィロ・ペイストリーが使ってあるけれど、フィロだけでもないという不思議なケーキでしたが、これも美味しかったです。うちでもトライしてみようかな。

という、なかなか充実した旅でした。車で回ったところも全部見られたわけではないので、リピート決定です。

『ギリシャへの扉』
プロドロモス修道院
ヴィティナ



テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/11/19(土) 08:56 ]

<<アリモスでイタリアン | ホーム | 田舎のタベルナ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/470-6e0f5108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。