『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

焼肉フェスティバル
アテネでは48時間の交通機関スト。ごみ収集ももうかれこれ1週間ぐらいスト。ごみで道をふさがれて歩く場所がないぐらい。もうめちゃくちゃです。出口の見えないトンネルにいるみたいで嫌になります。


tramdog.jpg


下は、もう一ヶ月ぐらい前のある日曜日、アッティカ半島内陸部にあるカリヴィアという町に行ったときの話。カリヴィアというのは、焼で有名な町です。アッティカにあるもうひとつの焼名所ヴァリは寂れてゆきますが、カリヴィアはとても繁栄していました。

そんなに見て回ったわけではないので、見つけた店は三軒だけ。どの店も結構な大きさです。私たちはこのムルジスという店に入りました。「一軒」とは言え、3~4の建物に分かれていて、総席数は1000席以上軽くありそうな感じでした。


mourouzis0010.jpg


店の前で焼かれるの煙でけぶいぐらいブンブン焼いています。


mourouzis0020.jpg


席を探さなければならないぐらいの繁盛振りで、みんな山盛りのをがっついています。それはまさに焼フェスティバル。毎日曜日こんな感じなんでしょうか。

気の利いたメニューはないので、適当に注文しました。手前のフライドポテトから時計回りに、焼きパン、ザジキ、そしてフェタ抜きホリアティキです。


mourouzis0030.jpg


ものすごい量であることがお分かりになるでしょうか?ザジキなんか、アテネの上品なタベルナの4倍ぐらいの量があります。サラダも洗面器のような大きさの入れ物に入っています。




メインの。旦那も私も大量のは食べられないので、たいていは一皿を二人で分けるのですが、この日は旦那が「お腹が減っているから、一皿じゃ絶対足りない」と主張して、ふた皿取りました。


mourouzis0040.jpg


仔牛のTボーン。


mourouzis0050.jpg


私は仔牛のステーキは認めないのですが、旦那は時々思い出したように注文し、そして後悔します(笑)。このお店のお、柔らかくて、いいだとは思うのですが、仔牛には成熟されたビーフのステーキのような風味はありません。お店の問題ではなく、仔牛肉の問題です。

豚のばら肉。


mourouzis0060.jpg


旦那も私も、こちらのほうが美味しいと感じました。値段も安いですしね。

あんなにお腹が減っているといっていた旦那、結局、半分ぐらい食べてギブアップ。肉の半分はテイクアウトになりました。周囲を見ているとほとんどの人がそういう食べ方です。

最後にフルーツがサービスで出てきました。


mourouzis0070.jpg


デザートにヨーグルトを注文している人たちが結構いましたが、これもものすごい量。グリコ・トゥー・クタリウーというフルーツの甘露煮と一緒に食べるのですが、それがものすごくブライトな着色料で、これはちょっと・・・

お勘定は40ユーロぐらいだったと思います。3人分の量は余裕であったことを考えると安いです。今度は人数を集めて行ってみたいものです。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2011/10/13(木) 20:26 ]

<<サルティンボッカ・ア・ラ・グリファダ? | ホーム | パトラの美味しいタベルナ>>

コメント
いつもの名前で失礼します。

相変わらず、ギリシャの焼き肉はすごいボリュームですね。その割にはお得なお値段ですね
私も子牛肉はステーキとしてはパスだな。脂っけのないぱさぱさ肉が好きなうちの亭主みたいな輩はともかく、焼き肉はやはり牛肉かそこそこ脂っ気のある豚肉ですよね。ムスメ共々肉食系女子ですのでこんなお店では、はりきりそうです。


URL | まりあ  #ugi08aYY | 2011/10/14(金) 19:14 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まりあさん、こんにちは!

「いつもの名前ででて~いいまああす~」と替え歌を歌ってしまいました(笑)
ご主人はぱさぱさのお肉が好きなんですね。さすがギリシャ人。血のしたたるようなビーフステーキとか、ギリシャでは認められない食べ物ですよね。食習慣というのは恐ろしいものです。
ドイツではこんな肉の塊は食べないのですか?
URL | mesogeia #- | 2011/10/15(土) 18:05 [ 編集 ]

ドイツもここ数年スシとかステーキとか生が美味しい食文化は定着しつつありますが、
うちの旦那に限っては、生の魚、肉ダメ、脂身ダメと言う、昔ながらのギリシャ人です。ムスコは生魚は平気ですが生肉だめ、赤肉ダメ、の半分ギリシャ人で、ムスメと私はトンカツ屋ではロース、ステーキは半生という、肉食女史系。
以前mesogeia さんが紹介してくれた牛肉ステーキ屋さんへはいつか行こうと誓い合っています
URL | まりあ  #ugi08aYY | 2011/10/19(水) 20:13 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まりあさん、こんにちは!
ギリシャでは、生魚よりも生肉のほうに抵抗がある印象があります。
ドイツの肉の食べ方って、基本は煮込みだったんでしょうか?
ギリシャのステーキ屋さんですか・・・牛肉のステーキだったら、アメリカとかイギリスとか日本とかで食べたほうがいいと思いますよ。所詮ギリシャのステーキですから。
URL | mesogeia #- | 2011/10/21(金) 06:33 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/465-c53f7d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。