『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

韓国食堂
アテネの韓国レストランというとドシラクが有名ですが、実はもう一軒あります。郊外(カラマキ)なので、観光客の方が行くのはちょっと難しいですが・・・

「ソウル・ハウス・レストラン


コリアン・レストラン


外から見ると小さな店に見えますが、中はかなり広々としております。私たちが行ったのは金曜日の夜でした。でも、他のお客さんは一人も来ませんでした。もしかするとレストランが本業ではないのかもしれません(いえ、決して怪しい仕事をしているという意味ではなく、輸入業なんかのことです)。

メニューの半分ぐらいは中華料理、半分ぐらいは韓国料理なんですが、韓国料理のほうは英語訳が余りついてないので、注文に困ります。店の中に張り出してあるメニューも韓国語。テーブルを見る限り、韓国焼肉もできるみたいですが、メニューには載っていません。ウエイトレスさんはフィリピン人で、英語は話せますが、韓国料理のことが分かっている様子はありません。ですから、もしここでいろいろな韓国料理が食べたければ、韓国人の友達を連れて行ったほうがいいと思います。


コリアン・レストラン


中華のほうは見ていないのですが、メインの韓国料理はほとんどが10ユーロ以上の値付けで普通に注文すると一人20ユーロは行きそうだったので、お得なセットメニューを注文。これだと以下の料理が一人15ユーロぽっきりで食べられます。

まずは野菜スープ。


コリアン・レストラン


ごま油の香りが効いていておいしいです。





そして、次々にお惣菜が出てきます。真ん中は卵焼き、そしてキムチから時計回りに、大根のナマス、ズッキーニ、酢の物(何だったか忘れました)、そしてほうれん草のお浸しっぽいもの、銀色の入れ物の中にご飯が入っています。


コリアン・レストラン


野菜炒め。


コリアン・レストラン


グラス・ヌードル炒め。これは私の好物ですが、夫は食感が気持ち悪いといって食べません。というわけで私が独占。


コリアン・レストラン


イカと海老の唐辛子炒め。イカが生っぽく、海老も背わたがあって、私にはいまいちでしたが、旦那はおいしいといって食べていました。


korea0070.jpg


そして焼肉。これは甘辛い味付けて大変おいしかったです。


korea0080.jpg


デザートにフルーツ、そしてほうじ茶が出てきてThe End。


korea0090.jpg


お味は家庭料理レベル。材料さえあれば私でもできそうな感じですが、家でこれだけ全部準備するのは大変なので、15ユーロの価値は十分あると思います。

カラマキ、エレフテリアス通りの34-36にありますので、アテネ在住の方はお試しください。

Seoul House

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/04/17(日) 11:29 ]

<<復活祭近し | ホーム | グリファダの午後>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/437-42296072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。