『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ゲロス・トゥー・モリア@プラカ
金曜日の夜、私たちはいままでやったことのないことをやってみました。

それは・・・プラカのタベルナで食事!

だいたい、二人で食事をするときにはあまりに観光地化されているプラカを避けることにしています。私は、観光に来た人の付き合いで何軒かの店に入ったことがありますが、二人で食事に来るのは初めてです。

向かったのはタベルナが並ぶ道の一つムニシクレス通り。ちなみにムネシクレスは、アクロポリスのプロピュライアを造った建築家です。


mnesykleous2411.jpg


これがムニシクレス通りの風景。上の方でライトアップされているのはアクロポリスです。

通りを反対側から見下ろした風景。プラカはキッチュでトゥーリスティックな場所ではありますが、それはそれとして、アテネの古い町並みが残っている、趣のある場所でもあります。


mnesykleous2412.jpg


私たちが入ったお店は「ゲロス・トゥー・モリア(モリアの老人)」。モリアというのはペロポネソス半島の古い(中世から近世)名称で、モリアの老人というのは、ギリシャの独立運動を指導した人の一人、テオドロス・コロコトロニスのことです。

まあ、そんな薀蓄はおいておきましょう。このお店、観光シーズン中はギリシャ・ダンスのショーなんかもやっているみたいですが、私たちが行ったときには普通の音楽しかやっていませんでした。右の端に写っているのがブズキとギターの奏者。この後で、女性シンガーも加わりました。


geroustoumoria9811.jpg


普通のタベルナと比べると、お値段は2~3割り増しぐらいです。

下は季節のサラダ(5.50ユーロ)。


geroustoumoria9812.jpg


キャべツ、赤キャベツ、赤ピーマンを細切りにしたものに、ケイパー、オリーブの実を加え、オリーブオイルで合えてあります。これはけっこう美味しかったです。





フライドポテト(4ユーロ)。

geroustoumoria9813.jpg


生ポテトから作ってあるとメニューには書いてありましたが、これは絶対間違いなく冷凍物です。揚げたてでもなかったと思います。

ほうれん草とフェタチーズのクレープ包み焼き(8.50ユーロ)。


geroustoumoria9814.jpg


ほうれん草がちょっと古かったのか、臭みがありました。また、生ぬるかったのも減点対象です。

牛肉と茄子の煮込み(12.50ユーロ)。


geroustoumoria9815.jpg


茄子は一度揚げてあるらしく、かなり油っこかったです。また、肉には大きな筋もありました。ギリシャの肉料理にしては、肉の量も少ないです。

以上のものにコカコーラ一本も注文して、お会計は36ユーロ。なので、ただ普通に食事をするだけだったら、わざわざここで食べる意味はないかもしれません。


私たちが店に入った8時過ぎにはガラガラだったのですが、10時近くになると、ギリシャ人のグループがいくつも入って来て、店の半分ぐらいの席が埋まりました。やはりギリシャ人、食事の時間が遅いです。

もちろん踊りだす人なんかもいて、だんだん良い雰囲気に・・・・


geroustoumoria9816.jpg


旦那もいい気分になったみたいで、ワイン250mlを追加注文(7ユーロ)。結局私たちは、11時ぐらいまで店にいました。

で、お会計は36+7で43ユーロのはずなのですが、なぜか39.50ユーロにおまけしてもらい、結局チップも合わせて、42.50ユーロ払いました。
(あとから考えたのですが、ワインの本当の値段は3.50ユーロで、だからお会計の段階で減額されたに違いありません)。

と言うわけで、こういう雰囲気を楽しみに来るのであれば、一人20ユーロの娯楽として割り切ることもできると思います。またこの店に来るかどうかは分かりませんが、プラカには音楽タベルナが他にもあるので、また別の店を試してみたいと旦那と話しました。

『ゲロス・トゥー・モリア』
Geros tou Moria
Mnisikleous 27, Plaka
Athens
Tel.: +30 210 3221753
Fax: +30 210 322386
http://www.gerostoumoria-restaurant.com/

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2011/02/12(土) 10:12 ]

<<ピレウスで散歩 | ホーム | マスティハ・ショップのショーウインドー>>

コメント
旅行客相手のお店だったら、結構リーズナブルなんではないですか。お味の方はともかく、ギリシャが観光客相手に提供しているサービスを体験するのも乙な物ですよ縁ものですよね。
案外、ギリシャの方はブラカのお店なんかが珍しいでしょうね。

URL | まりあ #- | 2011/02/14(月) 00:29 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まりあさん、こんにちは!
旅行客相手なんでしょうか?私たちが行った時は9割がたギリシャ人だったんですけど・・・常連さんっぽい人たちも何人かいました。夏、観光客が多い時期にはどうなるのか、ちょっと興味があります。
URL | mesogeia #- | 2011/02/14(月) 23:05 [ 編集 ]

えええっっっ!
ごめんなさい、重ねてスレで、
ギリシャでフツウのギリシャ人もブラカに行くんですか?
ちょっと、以外!
URL | まりあ #- | 2011/02/17(木) 20:24 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まりあさん、こんにちは!
プラカは観光客も一杯いますけれど、人情横丁のような場所でもあるので、地元のギリシャ人も結構います。日本人観光客がよくくることで有名なタベルナでも、近所に住んでいるか、働いているからしい人々が食事したり、お惣菜をテイクアウトしていきますよ。
URL | mesogeia #- | 2011/02/17(木) 23:41 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/403-6bd68102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。