『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

マスティハ・ショップのショーウインドー
ピレウスにも「マスティハ・ショップ」があるのですが、そのショーウィンドーでみかけたもの。


IMG_7307.jpg


充電中の携帯(爆)

なんだかぬるいですよね。

ぬるいと言えば、「ゼン・プリロノー」(払いません)運動。

公共交通機関の値上げや高速道路の通行料の値上げに腹を立てた人々が、切符や通行料の支払いを拒否しているのです。

「そんなことをしたら捕まるんじゃないの?」と思った方、ご安心を。ギリシャはぬるい国なので、何も起きないみたいです。

いろいろなものの税金が上がって、その上、収入が減ったり、職を失ったりしている人が多いので、腹を立てる気持ちはわかりますが、公共交通機関がなくなったり、道路の整備がされなくなったら困るから、やっぱり支払い拒否はまずいんじゃないんですかねぇ。

そうこうするうち、政府は「やっぱり通行料を下げようかな~」なんて言い出したみたいで・・・

やっぱりぬるい!




パス停や地下鉄の駅で、ときどき見知らぬ同士が切符を使いまわしているのを見かけます。

アテネの交通機関の切符には90分有効のものがあるので、まだそんなに時間のたっていない切符を見知らぬ人にあげているのです。

これは、切符の値段が上がった今始まったことではなく、いぜんからギリシャ人がやっていることです。

公共交通機関を使う人は、それぞれ料金を払って支えていかなければ、結局はサービスの低下や、料金の値上げにつながるはずですよね。でもギリシャ人は、そういう自分の首を自分で絞めるような行為を平気でやります。

そういうのを見ていると、なかなかこの国の体質は変わらないんだろうなぁと思ってしまいます。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャ雑感 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2011/02/09(水) 22:15 ]

<<ゲロス・トゥー・モリア@プラカ | ホーム | ナフプリオのタベルナ>>

コメント
いろいろな、見方はありますが、まだ使える切符を他人にあげるのはある意味とても経済的なのでは。
私の住んでいるところでも、夕方鉄道駅に電車を降りると、いろいろな人がまだ使える24時間有効切符を下さい、と語りかけて来ます.ごく普通の人々です。
ただし、こちらの国も毎年のように交通運賃は値上げしているけど、誰も払わない運動はしないし、払っていない人はすぐに検挙されます。値下げを考えているギリシャ政府は、mesogeiaさんのおっしゃるとうり「ぬるい!」です.ギリシャの経済問題の源悪がここにあるのではないですか。
URL | まりあ #- | 2011/02/10(木) 20:27 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まりあさん、こんにちは!
公共交通は、そのサービスを使う人が少しずつ負担を分け合って維持していくシステムなので、利用するのにその負担に応じない人がいると、その分はゆくゆく真面目に切符や定期を買う人の方にかかってきます。切符を買わない人にとっては経済的かもしれませんが、全体で見ると経済的だとは思えません。
経済的な理由で切符を買えない人が、切符をもらったり、拾ったりして使うのは仕方がないと思いますが、負担する視力のある普通の人は払うべきだと私は思います。

「払わない運動」への対策として、政府は罰金の値上を唱えだしました。今の段階でも罰金を集める能力がないのに、何を言っているのだ?という感じです。

> いろいろな、見方はありますが、まだ使える切符を他人にあげるのはある意味とても経済的なのでは。
> 私の住んでいるところでも、夕方鉄道駅に電車を降りると、いろいろな人がまだ使える24時間有効切符を下さい、と語りかけて来ます.ごく普通の人々です。
> ただし、こちらの国も毎年のように交通運賃は値上げしているけど、誰も払わない運動はしないし、払っていない人はすぐに検挙されます。値下げを考えているギリシャ政府は、mesogeiaさんのおっしゃるとうり「ぬるい!」です.ギリシャの経済問題の源悪がここにあるのではないですか。

URL | mesogeia #- | 2011/02/12(土) 08:47 [ 編集 ]

地下鉄の駅で何かをサッと渡している光景を初めて見たときは映画でこういうの見たことあるけど何??って思ったけど、同じ光景をその後何度も見て切符とわかり使いまわしていることにとても驚きました。
日本はきちんと切符を買わないと乗車できず、それもきちんと改札機に切符を通さないと中に入れないし、出る時もきちんと切符を通さないと外には出れない、なんてすごいんでしょ」!それを文句も言わずに。というか当たり前のことと思っているので疑問も持たないというか・・・
主人の会社のギリシャ人の社員の方にそれを話したらびっくりしていてギリシャ人にはできないとおしゃっていましたよ(笑)
でも日本の料金は高い!!ギリシャは安すぎ?!
こんなにきちんとしてても赤字経営なのだからギリシャでは切符持ってない人をたくさん見かけるのでそりゃあ大変だと思いますよ。
長年してきたことを変えるということはとても時間がかかり大変でしょうけど良くなるためにはどこかでやらねばならないのでしょうね。
URL | cherry-pink #- | 2011/02/13(日) 21:54 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
cherry-pinkさん、こんにちは!

ちゃんとアテネの地下鉄にも改札をつければいいんですよね。改札を通らないと地下鉄に乗れないのはロンドンだって、パリだってそうなんだから、ギリシャ人だってやればできるはずです。改札のない地下鉄の入り口とか、手で持ち上げられる高速道路のバーとか、なんでそんなもの作るんでしょうね?(笑)
地下鉄やバスの利用者の多くが無賃乗車だという説もありますが、私はそんなに多くないと思います。私の経験では、バスに検札の人が入ってきた時、切符や定期を持っていないのはほんの一部分、数%いるかいないかです(切符不買運動をやっている今はもっと多いと思いますが・・・)。それよりも、利用者のどれぐらいが切符を持っているのか把握していない当局に開いた口がふさがりません。
アテネの公共交通はまるで社会福祉であるかのように運営されてきたので、福祉を削減された市民は不満でいっぱいなのでしょうが、もうばら撒くお金がない以上、だだをこねても仕方がないです。これまで汚職や賄賂でシステムを腐敗させてきた政治家に対する不満は、もっと建設的な方法で発散させて欲しいと思います。

URL | mesogeia #- | 2011/02/14(月) 21:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/402-3d08b524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。