『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ピレアスの歩道(1)
ピレアスに戻ってきて二日がたちました。まだ疲れが残っていますが、新しい家の準備がいろいろ大変です。

今日はやっとクッカー、洗濯機、そして電話線がやってきました。クッカーと洗濯機、持ってきたのはいいんですけど、梱包材は私たちの住む建物の前に放りっぱなし この国ではこういうのが普通なんでしょうか。

*************************

イギリスからピレアスにやって来て衝撃的なことの一つは、歩道の状態の悪さです。イギリスの歩道はとてもよく整備されていて、ある程度人の住んでいるところならば、どこでも、お年寄りが電動車椅子で移動できるようになっています。在英日本人の中には、いろいろイギリスの悪口を言う人もいますが、日本が負けているところもたくさんあるんですよ。

さて、歩道、日本もけっこうひどいですが、ピレアスは本当に衝撃的です。あまりに衝撃的なので、面白いものを見つけたときには写真にとって集めることにしました。これは今日の一枚です。


ピレウスの歩道


歩道に乗り上げて停めている車と歩道の上に駐車しているバイクの間は、身体の小さい私でも、普通に通り抜けられるような幅はありません。ということは、肥満体の人(ギリシャ人にはけっこう多し)は車道に出ないと歩けないということです。イギリスだったら両方ともレッカー移動されているところですね。


未分類 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/01/22(木) 13:43 ]

<<家具探し | ホーム | 更新:夜のモナスティラキ>>

コメント
確かに・・・イギリスも、路駐は当たり前、ウチの前の道路が駐車場、という感じだったけれど、歩道には乗り上げていませんでしたね・・・。
そういえば、ギリシャ、車通りの少ない道では、歩道でなく、車道を歩いていたことがありました。そのほうが歩きやすかったので。
URL | mii #AwirhpSY | 2009/01/23(金) 03:57 [ 編集 ]

miiさん

ピレアスだと、車道の両側が駐車場状態のことも多いので、車が通れる幅自体が狭く、車道を歩き続けることも不可能で、車道と歩道をジグザグに歩かざるをえません。とんでもないです。私なんか歩行に障害がないからいいようなものの、お年寄りや、身体の不自由な人は本当に大変だと思いますよ。


URL | mesogeia #ZQHR2uUw | 2009/01/23(金) 08:05 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/40-3657696e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。