『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

日本
1年ぶりに日本に帰ってきました。

でも、風邪がいまいち治っていなくて、あまり楽しめていません。だいたい食欲がないんです。日本に帰ってくる楽しみの半分ぐらいは食事なのに、それがいまいちなのは大変残念です。

今回もトルコ航空で帰りました。トルコ航空だと飛行機に乗っている時間が短くて済むので、大変身体が楽です。イスタンブール空港で待ち時間が6時間近くあったので、今回こそは外に出ようと思ったのですが、これも風邪で断念。来年こそは是非出てみたいです。

機内食はまあまあです。サーモンとチキンの選択で、サーモンを選んだのですが、けっこう食べられました。ただ、機内でデジタルカメラの使用が禁止されてしまったので、写真は取れませんでした。こんなことは初めてです。ほかの飛行機でもそうなのでしょうか?まあ、隠し撮りできなくはないでしょうけど、それを見て不安になる人なんかがいたら迷惑だと思ったので撮りませんでした。

飛行機の中ではかなり寝ることができたので、映画は1.5本しか見ませんでした。1の方は、レオナルド・ディカプリオ主演の「インセプション」。



日本語の吹き替え版があったので、それを見ました。「夢」とか「罪の意識」とか、トム・クルーズ主演の『バニラスカイ』(『アブレ・ロス・オホス(Open Your Eyes)』というスペイン映画のリメーク)とちょっと似たところがあります。引用なのかなと思われるシーンもいくつかありました。町がぐにゃぐにゃ歪むところは『ダーク・シティー』という映画も思い出させます。いずれにせよなかなかよくできた映画なので、うちに帰ったらDVDを借りて、旦那と一緒に見ようと思いました。

0.5の方は、ジュード・ローと『シャーロック・ホームズ』。こちらは半分ぐらい見て、寝てしまったので0.5。こちらは単純な娯楽作品という感じ。実家で残りも見ましたが、これは見なくても損はしないかな。

帰りの便ではBlind Sideを見ようと思っています。



最近この歌が耳について離れません。





ビデオも素敵です。特に、マフィン柄のスーツを着たスヌープ・ドッグが(笑)

ビーチ・ボーイズ、さらにデイヴィッド・リー・ロスがカヴァーしたCalifornia Girlsという曲がありますが、こちらはCalifornia Gurls。綴りが少し違って、曲も違います。冬に夏の歌を聞くのもよいものですね、温まって。
| トラックバック:0 | コメント:2
[ 2011/01/09(日) 12:34 ]

<<トルコ航空機内食2011年 | ホーム | Cafe La Vie @ Kolonaki>>

コメント
わたしは、8日に日本から戻って参りました。すれ違いですね。トルコ航空だと、南回りでしょうか。イスタンブールから何時間で日本着ですか?
お風邪が、早く良くなりますように。
URL | まりあ #ugi08aYY | 2011/01/09(日) 18:26 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まりあさん、こんにちは!

トルコは緯度的にはギリシャと同じで、北半球にある国です。イスタンブールなんてテッサロニキと同じぐらいの緯度なので、アテネより寒いみたいですよ。イスタンブールから東京までは確か10時間半ぐらいです。居眠りしている間に着いちゃいました。

URL | mesogeia #- | 2011/01/10(月) 03:13 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/394-997c7f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。