『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

スブラキ屋さん「サヴァス」
ギリシャには年末、子供が「カランダ」と言われる歌を歌いながら、お金やお菓子を集める習慣があります。回る場所は家だったり、電車やバスだったり、オフィスだったりとさまざまです。

今年はおじさんと一緒にこれをやっている子供たちをよく見かけました。

これは大人が子供に歌を歌わせて搾取しているわけではありません。子供からお金を取り上げる強盗事件が起きているため、親が警戒してついて来ているのです。また、ギリシャでも、他国同様、幼児の性的虐待事件が起きているので、子供だけで知らない人の家に行かせることはできません。

今年は景気が悪いので、集金がよくないのか、回っている子供の数自体も少ないようで、アテネでは、だんだんこんな習慣も廃れていくのかもしれませんね。


私は相変わらず自宅療養中なので、新年らしいネタはありません。年末に行ったケバブ屋の話を。

「サヴァス」という店のカリセア店。アテネ周辺のいろいろな場所に支店があります。もしかすると、モナスティラキにある「サヴァス」とも何かの関係があるのかもしれません。


サヴァス


基本的にはスブラキ屋なのですが、コンスタンティノープル風を売り物にしていて、トルコ料理に似たものも出しています。


サヴァス


ビールのジョッキは凍らせてありました。これは夏ならうれしいサービスですが、冬なのでそうでもありません。





チキンサラダ。


チキン・サラダ


トマトときゅうりは判別できると思います。上の乗っている白っぽいものはピタを小さく切ったものと茹でた鶏肉です。ドレッシングは特に何味というわけではないちょっと謎のしろものでした。全体的に新鮮さがなくて、特にピタに油が回っていたのが致命的。スブラキに使わなかったピタをリサイクルしているのかもしれません。

ラフマズン。


サヴァス


これは焼き方が足りないのか、焼いた温度が低かったせいか、生肉っぽい臭みが残っていました。

コトベーコン。鶏肉をベーコンで巻いたものです。


サヴァス


うちの旦那はいつも知っている食べ物しか注文しません。

これはけっこうおいしかったです。。。というか、私、コトベーコンがあまり好きじゃないので、本当は何も言えないのですが、うちの周りにあるスブラキ屋のコトベーコンよりはおいしかったです。

これだけで20ユーロぐらい。スブラキ屋さん価格なのでお手ごろですが、味もそれなりという感じでした。もしまた行くことがあったら、無難なものだけ注文すると思います。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/02(日) 15:11 ]

<<Cafe La Vie @ Kolonaki | ホーム | ラフィナのお菓子屋さん「グストーゾ」>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/391-4cef6d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。