『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

リオ・アンディリオをフェリーで
ピレウスからアルタに車で行くには、ギリシャの西側まで出なければならないのですが、ギリシャ本土側の道よりも、ペロポネソス半島の北岸を通る道の方がいいというのが通説です。

と言うわけで、私たちもペロポネソス半島の北岸をずっと走り、リオにまでやって来ました。下に写っているのはリオの要塞とリオ・アンディリオ橋です。

この橋は、2004年のアテネ・オリンピックに合わせて開通させた橋で、ワイヤーで吊る形式の橋としては世界で一番長いのだそうです(全長2880メートル)。


IMG_6573.jpg


でも、私たちは敢えてフェリーで渡ってみました。


IMG_6581.jpg


車をバンバン積み込んで対岸に渡るフェリーがあって、それにのると15分ぐらいで到着します。


IMG_6582.jpg


船に乗っているのはそれぐらいの時間なのですが、船に乗り込むまでの時間、出航まで待つ時間、そして船から下りる時間を合わせると小一時間はかかったかもしれません。橋を渡る通行料の半額程度(6.50ユーロ)で渡ることができるのですが、時間のことを考えたら、素直に橋を通った方がよさそうです。

でも天気のいい日なら、写真を撮ったりしながらフェリーで渡るのもいいものだと思います。

一長一短ですね。


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/11/17(水) 23:54 ]

<<不味かったエビ・スパゲティー | ホーム | アルタ>>

コメント
この橋が出来て、しばらくしてアテネでオリンピックがありましたが、そこへ出掛ける際、当時小6のムスコが、この橋に感動して作文を書いたのが文集に載りました。下らない親の感傷ですが、なんとなく覚えて懐かしいです。
URL | まりあ #ugi08aYY | 2010/11/21(日) 22:17 [ 編集 ]

リオ・アンディリオ橋
まりあさん、こんにちは
この橋、確かに美しいですよね。車で通るとすぐ終わってしまうのでつまらないけど(笑)やっぱり、ちょっと手前で停まって、眺めてから通りたいところです。
URL | mesogeia #- | 2010/11/22(月) 07:28 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/377-36699076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。