『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ガジでスブラキ「カンダヴロス」
過去に三回ぐらい行った、ガジスブラキ屋さん「カンダヴロス」。地下鉄ケラミコス、コスタンティヌポレオス通り側の出口がある広場に面しています。


Kandavlos


普通のピタ巻きは2ユーロぐらいで食べられ、座ることもできるのでお徳ですが、私たちは皿に盛ったもの(メリダ)を食べます。一皿注文すると、私たち二人に十分な量の肉が来るので、肉とサラダを一品ずつ注文して二人で分けることにしています。

これはヤウルトゥルー。


IMG_5345.jpg


串焼きケバブにヨーグルトと赤ピーマンの入ったトマトソースがかかっています。

そしてチーズとケッパーがのったサラダ。


IMG_5350.jpg


チーズは、フィラデルフィアのような味でした。

これにビールと水を注文して、20ユーロ以下(お釣りをチップにして丁度いいぐらいの額)です。




別の日に注文したもの。

中にチーズが入ったビフテキャをグリルで焼いたもの。ザジキとフェタもついています。


IMG_5811.jpg


そしてチーズのせサラダ。


IMG_5812.jpg


これはちょっと食べにくかったです。不味いわけじゃないんですけどね。お姉さんが小皿を持ってきてくれればよかったんのに・・・

以上二皿と飲み物でやっぱり20ユーロ以下。


ものすごく美味しいという訳ではないのに、この店が気に入っている理由は、安いのと、いろいろなサラダがあるから。私、焼いた肉は好きなんですが、肉だけ食べ続けると消化不良を起こすんです。スブラキ屋さんは、サラダ2~3種類しか置いていないところが多いので、こういう店は貴重です。

まあ、遠くからわざわざ食べに行くほどの店ではないですが、たまたま近くで焼肉が食べたくなったら試してみてください。


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/09/25(土) 10:53 ]

<<グリファダのピッツェリア「ヴィンチェンツォ」 | ホーム | おしゃれで安いレストラン>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/359-a2deeead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。