『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

Swissの機内食(バーミンガムからアテネ)
ギリシャとは全然関係ないですが、イギリスからアテネに行くのに使ったスイス航空機の機内食写真を貼っておきます。

まず、イギリスからチューリッヒ。朝の便なので朝食です。(この便は、正確には、スイス航空ではなく、その子会社でした)。

バーミンガムからチューリッヒ間の機内食


干しブドウの入った甘いパンと飲み物 (これはコーヒーですが、紅茶、オレンジジュースなどもありました)。パンは美味しかったですが、冷凍してあったらしく、かなり冷たいです。コーヒーは淹れたてで、飛行機のコーヒーにしてはなかなかいけました。

そして、チューリッヒからアテネの便。昼ごはん、というか、スナックですね。^ ^;


チューリッヒからアテネ間の機内食


これ、「カルツォーネ」と言っていましたが、中にチーズとトマトソースが少しだけ入ったパンです。味は・・・ご想像にお任せします(汗)。温かいのが、せめてもの慰めでした。これに飲み物がつきます。

そして、デザートにアイスクリーム。


モーベンピックのホワイトチョコアイスクリーム


モーベンピックって、スイスの会社だったんですね。知りませんでした。


モーベンピックのホワイトチョコレートアイスクリーム


ホワイトチョコレートのアイスです。周りの人たちが、「普通のチョコレート・アイスはないのか?」と訊いていましたが、これしかありませんでした。美味しかったですが、半分解けかけでした。

あと、スイス・チョコレートの小さなタブレットももらいました。

機内食は以上です。朝から夕方までこれだけだと、食事の量としては足りません。ヨーロッパ内だと、飛行機旅行に食事がついているという考え方は、もう捨てた方がいいのかもしれませんね。^ ^;




テーマ:帰国日記 - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/09/14(日) 17:13 ]

<<Swissの機内食(アテネからバーミンガム) | ホーム | アテネ、シンタグマ広場の『ネオン』>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/3-b3a10b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。