『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

エスニックなピレウス
昨日はストでピレウスから出られなかったので、買い物を兼ねて、近所の散歩にでました。

ゴミにふさがれて歩けない歩道は相変わらずでした。


skoupidia7161.jpg


今日からようやく収集が再開しましたが、一週間近くたまったゴミを一度に片付けるわけには行かず、小さくなったとはいえ、相変わらずここそこにゴミの山ができています。昨日今日は暖かかったので悪臭もひどくて、早いところ何とかしてもらいたいものです。


買い物に行ったと言いましたが、欲しかったのはインド料理のスパイス。まあ、別にここじゃなくても買えるとは思いますが、インド食材店に行きました。


ethnic2.jpg


イギリスにあったインド食材店と比べると置いてあるものの品数はずっと少ないですが、基本的なものはちゃんと置いてあります。私はガラムマサラとターメリックの粉を買いました。両方とも1ユーロ。

お店のご主人はパンジャブ州出身のインド人で、昔は船の仕事をしていたので、日本にも行ったことがあるとのことでした。

インドといえば、この店の近くにはインド料理店もあります。潰れている店も沢山あるのですが、このお店はかなり昔から続いています。


Time Indian Restaurant


なんとなく怪しげな雰囲気です。まあ、この通り自体が怪しげなので、そんな気がするだけなのかもしれません。この他にももう一軒あるのですが、そちらは店の前にいる人からして難易度が高そうで、絶対に入る勇気が出ないと思います。

この後は、いつものインターナショナル・マーケットでその他の食材を仕入れて帰りました。





こちらが買ってきたものです。


ethnic3.jpg


上の段、左の二つの袋がスパイス。そしてその横にあるのがタマリンドの御菓子。一袋1ユーロ。美味しいのですが、袋がタマリンドからなかなか剥がれなくて、食べにくいです。

下の段、左から、主婦ブランドのオイスターソース、烏賊ブランドのニョクマム、お気に入りのトムヤムの元、豆板醤が見つからなかったので仕方なく買った唐辛子とニンニクの醤、そして豆豉です。

豆豉は初めて買いました。一度これで炒め物を作ってみたいと思います。

残念ながら、欲しかった豆板醤は見つからず。塩魚や腐乳も欲しいのですが、ありませんでした。ただ、後者二つは私が欲しいだけで、料理しても旦那は食べられるかどうか分からないので、買わないほうがいいのかもしれません。オモニアの近くに中華食材店があり、そこなら何でもあるような気がするのですが、特に治安の悪い通りの近くなので、ちょと一人で行く決心がつきません。

ともかく材料が揃ったので、近いうちに海老チリと海老カレーを作ろうと思います。楽しみ♪

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ピレアス | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/03/12(金) 18:18 ]

<<リカヴィトスのオリゾンテス・カフェ | ホーム | アテネの黄砂とピレウスのゴミの山>>

コメント
あまりにタイムリーな話題だったので驚きましたが、写真にあるインド料理店、先週行ってきました。ギリシャ人にしては珍しくアジアに詳しい同僚に誘われていきました。お味はというとこれが結構いけました。シンガポールやマレーシアでメジャーな南インド系ではなく、北インド系だと思われますので日本人の口にもよく合うと思いました。
タマリンドは日本人にはなかなか人気のない部類の果物ですが、お好きなのですね。ちょっとした驚きですが、以前アッサムラクサが好みとおっしゃっていたのを思い出し納得しました。
豆板醤はスクラベニティスで以前見たような気がします。おなじみの李錦記ブランドのものだったと記憶してます。
URL | Ren #- | 2010/03/12(金) 20:16 [ 編集 ]

インド
Renさん、こんにちは!
このお店に入るとは、Renさんの同僚はかなりチャレンジャーですね(笑)。うちの旦那の家族の中には、この通りに近づくことすら嫌がる人がいます。
食料品店の主人がバンジャブ出身、もう一軒のレストランは「パンジャブ・パラダイス」(たぶんこんな名前)、そしてこの店はインド・パキスタンと書いてあるので、きっとピレウスに住んでいるのは北インドやパキスタンの人なんでしょうね。イギリスのいわゆるインド料理も90%ぐらいはパキスタン、北インド、バングラデシュで固められています。
豆板醤、スクラヴェニティスの二階でも探したんですけど、普通のチリソースしか見つかりませんでした。時々入荷するのでしょうか。また今度見てみます。
昨日は結局、上のソースを使ってエビチリを作りました。私には海老の鮮度がイマイチでしたが(まあ、冷凍ですからねぇ)、旦那は美味しいといって食べていたので、まあいいことにしましょう(笑)

URL | mesogeia #- | 2010/03/13(土) 07:38 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/278-62373d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。