『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

マニで食べたもの
さて、1月の、ラコニア旅行の続きです。

旅の二日目には、マニ半島というところに行きました。

ギリシャでは、マニの男というのは、クレタの男と並んで、マッチョなことで有名。まあ、最近はずいぶん変わってきているのだと思いますが、マニ出身の知人によれば、今でも警察官や軍人にはマニ出身者が多いんだそうです。

ふ~ん

以下は、マニにあるゲロリメナスという村で食べた食事です。旦那がお腹を壊していたので、ちょっとしか注文しませんでした。

田舎のお店ではありがちなように、メニューはなくて、口頭で言われるだけなので、覚えるのが大変です。また、注文するときに値段が分からないので、お勘定が来るまでドキドキです(笑)

まず、ザジキとシグリノ(豚肉の燻製)。


gerolimenas2020.jpg


シグリノは、お酒のおつまみなんかにもよさそうですね。ザジキにかかっている緑色の液体はもちろんオリーブオイル。マニのオリーブオイルはとても美味しいのですが、量が取れないそうで、市場には出回らないのだと、先の知人が言っていました。

ホルタ。


gerolimenas2030.jpg


モネンヴァシアで食べたの(コレ)と違って、変な匂いはしませんでした。美味しかったです。


そして豚肉のステーキ。


gerolimenas2040.jpg


ちゃんと炭火で焼いたようですが、ちょっと焼きすぎで、肉がぱさついていました。


量が少ないように見えるかもしれませんが、旦那があまり食べないのと、パンを沢山食べたせいで、結局シグリノは全部食べきることが出来ず、お腹をすかせた猫の昼ごはんになりました。はっきり覚えていませんが、お勘定は25ユーロぐらいだったと思います。


観光客向けのレストランというよりは、地元の人が一杯飲みに立ち寄るようなお店でした。帰りに、なぜかうちの旦那は、お客さんの一人に絡まれ(酔っていたというよりは、ちょっと変わった人だったみたいです)、人生を語られてなかなか放してもらえませんでした。30歳位の男の人で、「自分はこれまで遊び人で、たくさんの女の人と寝たけれど、今は信仰に目覚めて、心を入れ替えた」みたいなことを言っていたそうです。

ふ~ん



この日、マニ観光を終えた後、スパルタまで北上しました。


お腹を壊している旦那は「もう、あんまり食べられない・・・」というので、晩御飯はファーストフードのお店に。スパルタの町の真ん中にある広場に面した、Mr. Dougnutsという24時間営業のお店。たくさんの老若男女で賑わっていました。

ところで、私が見つけられなかっただけなのかもしれませんが、スパルタの町の中にはあまりレストランがありませんでした。どこかにかたまっているのでしょうか?

Mr. Dougnutsにて注文したのは、人気メニューだったらしい(たくさんの人が注文していたので、そう推測しました)クラブサンドイッチ。二人で一皿とって分けることにしました。


Spartan Club Sandwich


これだけで4ユーロ。安いと言えば安いですが、食べてみると「まあ、そんなものかな」と言う感じの値段です。

ポテトに埋まっていて何がなんだか分かりませんが、結構な量があります。そして、ベーコンの油と大量のマヨネーズでギトギト ところが、お腹を壊しているはずの旦那は、けっこうパクパク食べるじゃないですか!こんなものを喜んで食べるなんて、お子ちゃまだなあ、と思いました(笑)

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/02/06(土) 16:16 ]

<<明日はスト | ホーム | ハルキダで同窓会>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/256-c565851d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。