『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

続・急病?

昨日、旅行から帰ってきました。


出発が遅れて、半日ぐらい損しましたが、それでもモネンヴァシアや・・・


モネンヴァシア


マニ半島や・・・


マニの塔


ミストラスに行ってきました。


ミストラス



しかし、今日は旅行の話の前に、姑の病気の話を終わらせておきましょう。





さて、姑、舅の同郷人で、腕のいい循環器系専門の医師の話を聞いていたので、舅に頼んで、その人とアポイントを取りました。

少なくとも、当人たちはそう思っていたのです・・・







その医師に言われた2時に病院に行ってみると、そこには沢山の患者さんが待っており、診察の順番を割り当てられました。その時点では3番目。一緒についていっていた旦那は、これなら4時ぐらいには終わるだろうと高をくくっていました。

ところが、その順番、普通の診療に来ている人たちだけのもので、その間には急患も入ってくる流動的なものだったのです。結局、姑の前に2人の急患が入ってきたため、検査が始まったのは夕方5時ごろ。しかも、診察するのは件(くだん)の医師ではなくて、別の人。舅は、その人とアポイントを取ったつもりだったようですが、実際には、普通の外来として来る時間を言われ、体よくあしらわれただけだったようです。

6時になってもまだ結果が出ないので、結局、うちの旦那は、仕事が終わった弟(私の義弟)と交代して帰宅、私たちは夜7時半に出発しました。(誤解がないように繰り返しますが、姑はずっと以前に回復して、心配することはないような状態でした)。

夜9時ごろ、出先から舅の携帯に電話してみると、まだ病院にいて、更なる検査の結果を待っているとのこと。この時点で、もうこの人たちは6時間以上病院にいます。

結局、すべての検査が終わって、義弟の車で彼らが家に帰り着いたのは0時30分。私たちがちょうど目的地に就いた頃でした。病院滞在時間なんと10時間!普通の状態だった姑は、ベッドをあてがわれた訳ではないので、病院のソファーで待っていた時間です。


そして検査の結果は?




「異常なし!」




こんなことをしていると、健康な人でも病気になると思うのですが、どんなもんでしょうか?


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/01/08(金) 07:52 ]

<<バーゲン開始(非公式) | ホーム | 急病?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/244-5f74beb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。