『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

クレープ二選
この日も、モナスティラキの辺りでお腹が減ったので、スブラキでも食べようかと思ったら、クレープ屋さんの前を通りかかって気が変わりました。


クレープ


住所ははっきり分からないのですが、モナスティラキ広場からアテナス通りに入って、すぐ右側にあるお店で、名前は写真にあるように「クレペリ・パリジエンヌ Creperie Parisienne」。

クレープ屋さんですが、ワッフルやソフトクリームなども売っています。

最初からできあがっているコンビネーションはないので、材料はすべて指定しなければなりません。それはちょっと面倒くさいかな。。。

私は、チーズ、マッシュルーム、キャベツ&にんじんをトッピングしました。


クレープ


キャベツとにんじんというのは変だとは思うのですが、なぜかこの時、「野菜を食べなければ!」という衝動を感じたので、つい混ぜてしまいました(笑)

お値段的には3ユーロ台でした。なんで値段がはっきりしないかと言うと、レシートはお姉さんに没収されてしまうので(レシートが注文カードの役割も果たしているので、お姉さんがクレープを作るとき必要なのです)、手元にないからです。




ものすごいボリュームです(汗)


クレープ



これで、もし美味しかったらよかったのですが、残念ながら、生地は粉の味が立っていて、ちょっと臭いです。クレープは、ちょっと厚すぎで、食べていてもそもそしています。生地が厚すぎるから、ちゃんと焼けず、粉臭いのかもしれません。

というわけで、このお店は、私はパスします (まあ、あくまで好みの問題なんですけどね)


次のお店。モナスティラキからほど近いプシリ地区にあります。本当はPicasso di Crepaというお店を試しにいったんですけど、行ったら閉まっていた(潰れていた?)ので別のお店に入りました。プシリの真ん中にある広場には、チェーン店のCrepa Crepaもあるのですが、まあチェーン店はいつでも試せるので、別のお店を。

「プシプシナ」という名前のお店です。店舗の写真を撮るのは忘れたので、お店の前にいた、人懐っこい猫の写真で勘弁してください。


Psipsina


テイクアウトもイートインもできます。調度を見ていただけれると分かると思いますが、おしゃれな店ではありません。


Psipsina


びっくりしたのはコーヒーの安さ!シングルのグリーク・コーヒーは、なんと今だに1ユーロです!旦那が注文したフラペは1.50、私のグリーン・ティーは2ユーロでした。座って飲んでこの価格は、かなりお得なのではないでしょうか。


Psipsina


このお店、クレープのほかに、ワッフル、サンドイッチ、ルクマデス(ギリシャ風ドーナッツ)なんかも出しています。クレープは、すでにトッピングを組み合わせてあるメニューもあるのですが、私たちは自分たちで組み立てました。この場合、値段は、ベースのクレープが3ユーロ。トッピングはすべて0.50ユーロ。アイスクリームを乗せてもらうと、1.50ユーロの割り増しです。

私たちは、チョコレート、バナナ、アーモンドをトッピングしてもらいました。したがってお値段は4.50ユーロです。


psipsina4.jpg


びっくりしたのは、紙皿で出てきたこと。これがもし、テイクアウトの時に使うような紙に包まれて出てきたのであればそれほど驚かなかったのですが、紙皿にはびっくりです。すごく安いものでもないので、これはちょっと頂けません。

でも、お味のほうは上々。クレペリ・パリジエンヌとは格段の差です。チョコレートソースもアーモンドも、結構たくさん入っていました。でも、バナナはそうでもなかったです。黒くなったバナナにありがちな、醗酵臭もしました。

コーヒーがすごく安いので、コーヒーとクレープを合わせて注文する場合、他のお店で食べるのとさほど値段は変わらないと思いますが、クレープのみに関しては、ちょっと高い感じがします。ただ、美味しいことは美味しいので、また行くかもしれません。

あ、あとトイレがあまりきれいではなかったですね。トイレ休憩所としては失格です。


Psipsina (Ψιψίνα)
Ag. Anargyron 43
Psyrri, Athens
(Αγ. Αναργύρων 43, Ψυρρή)
Tel. 210-3312446


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/11/29(日) 13:30 ]

<<液状ティラミス | ホーム | モナスティラキでギロス>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/238-eccc518e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。