『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

モナスティラキでギロス
週末、モナスティラキ辺りでお腹が減ったので、バイラクタリスのギロスでも買い食いしようとしたら、すごい行列!週末の午後は、この辺込み合うんですね。

というわけで、行ったことのない店に行ってみました。モナスティラキとティシオの間を走る細い道、イフェストゥーにある「ト・ピタリ (To Pithari, Το Πιθάρι)」というお店です。


pithari0010.jpg


色使いが可愛いですね。お店自体もとてもかわいらしくて、スタンドのほか、テーブルがいくつか道に並んでいる程度です。

買い方は普通のスヴラキ屋さんと同じで、レジで注文してお金を払い、注文の品ができるのを店の前で待ちます。

私は豚肉のカラマキ(串焼き)をピタに巻いたものを注文したかったのですが、品切れということで、豚のギロスを巻いてもらうことにしました。お値段は2ユーロ。




pithari0020.jpg




出来上がり


pithari0030.jpg


特筆するようなことは何もないですけど、普通に美味しかったです。ピタが油っこくないのが、プラスポイントでした。お店によっては、ピタをサラダオイルにくぐらせてから焼くこともあるんですよ。

でも、食べているうちに(まあ、最初から違和感はあったのですが)、重大な間違いに気付きました。


pithari0040.jpg


豚じゃなくて、鶏だったんです!

鶏のギロスのほうが、豚のギロスよりも値段が高いので、単純にお店の人の間違いだと思うんですけど、これはちょっと・・・ イスラム教徒に間違って豚のギロスなんか渡したら、えらいことですよね(笑)

To Pithari (Το Πιθάρι)
37 Ifestou Street
Monastiraki
Tel. 210-3215420.


余談
ところで、このスブラキ、2/3ぐらい食べたところで、上から鳩の糞が降ってきて、おじゃんになりました。まあ、それほど惜しく思うほどのものではなかったけれど、困ったものですよね、鳩の糞害。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/11/28(土) 08:48 ]

<<クレープ二選 | ホーム | ギリシャのジェントルマン>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/237-6f68f7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。