『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

11月17日
今日は11月16日。ということは明日は11月17日です(笑)

明日、アテネでは、ポリテクニオからアメリカ大使館に向かう大規模なデモが予定されていて、破壊活動も起きるのではないかと心配されています。日本領事館からも、ギリシャ在住者に注意を勧告するメールが届きました。


デモは、1973年11月17日起きたある事件を記念するものです。

当時、ギリシャはパパドプロスという人が指揮する軍事独裁政権下にあり、国民の自由は制限されていました。この軍事政権に抗議するため、1973年11月14日、アテネ工科大学(ポリテクニオ)に学生たちが立て籠もります。学生たちは大学にあった機材を使ってラジオ放送を始め、大学の周りには、学生たちに同調する人々も沢山集まってきました。

学生たちの抗議行動は、武器を伴わない平和的なものだったのですが、17日の早朝(朝3時)、軍事政権は軍隊と武装した警察官を派遣し、戦車で大学の門を破壊、学生の立て籠もりを強制的に止めさせます。この過程で24人の民間人が死亡します。

この事件で軍事政権に対する国民の反感は一気に高まり、パパドプロスは政権を失うことになります。軍事独裁が終わるのはもう少し後のことなのですが、ギリシャが民主主義を回復するのに大きな役割を果たしたとして、11月17日はギリシャ人、特にギリシャ人の学生にとっては重要な日です。

私が住むピレウスの中心部を走る通りは、イロオン・ポリテクニウーという名前です。これは、「ポリテクニオの英雄たち」という意味です。ポリテクニオで抗議活動をして、死んだり、怪我をしたりした人は、ギリシャ人にって英雄でもあるのです。


というわけで、11月17日に先駆けて、今日、ポリテクニオに行ってみました。「どこ?」という感じだとは思いますが、ギリシャ国立考古学博物館の隣にあるので、前を通ったことのある方も多いはずです。


polytechnio1.jpg


これは、ポリテクニオの真ん中にある建物です。今日は、学生たちが構内に沢山椅子や机を並べて、パンフレットを配ったり、おしゃべりに興じたりしていました。学生だけではなくて、普通の人たちも沢山いて、献花している人もいました。殺気立った感じは全くなく、危なそうな雰囲気は感じられませんでした。17日にはかなり騒然とするようですが、今日は一日前なので、まだ大丈夫なようです。



これは、門を入ったところにある追悼・記念モニュメントです。

つぎつぎに人が来て花輪や花を置いていました。ヨルゴス・パパンドレウ首相も献花に来たようです。


polytechnio2.jpg



これは、戦車によって破壊された門です。


polytechnio3.jpg


かなり壊れていますね。


polytechnio4.jpg


ギリシャの大学は自治権を持っていて、警察が自由に入ってくることはできません。もちろん軍隊もダメです。ですから、この破壊された門は、軍事独裁によって抑圧された自由のシンボルなのです。


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャ雑感 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2009/11/16(月) 22:17 ]

<<ギリシャのジェントルマン | ホーム | ピレウス港からアテネへのタクシー料金>>

コメント
あきと申します。はじめてコメントいたします。
11月9日~19日までアテネに滞在いたしました。この日は何の日か分からずホテルに早々帰りました。

特に暴動などおこらず時間だけ過ぎたと感じました。
2010年6月   ワールドカップで日本とギリシャが別グループで対戦しないので今は冷静でいられます。
URL | あき #41Me5.sg | 2009/12/05(土) 22:54 [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あきさん、はじめまして!

アテネに一週間もいらしたんですね。楽しい滞在でしたか?

暴動は、昨日(12月6日)起きましたが、去年のようなことはない模様で、よかったです。
URL | mesogeia #- | 2009/12/07(月) 14:57 [ 編集 ]

勉強になりました……
 はじめまして。通りすがりの者ですが、コメントさせて下さい。
 2010年3月23日あたりにこのポリテクニオの前を通りまして、あまりに荒廃した異様な雰囲気だったので、一体あれはなんだったんだろうと今更ながらに検索をかけて、ここへたどり着きました。

 私が通ったときには正面の門は閉ざされていて、スプレーで書きなぐった横断幕が門やら柵やらにくくり付けられ、ビラが貼られたり、壁にスプレーであちこち文字が書かれたりして、物騒な様子でした。
 お隣の美術館に行くつもりだったのですが、手持ちのマップにはポリテクニオがなかったため、一瞬「まさかこれが美術館?」と動揺しました(無知ゆえです……)。

 イースター前のためかあまり人気はなく、特に何か活動している人がいるという訳ではなさそうでしたが、最近の経済状態から、雰囲気も荒んでいるのでしょうか。こちらのブログ記事を読んで、なるほどそういう動向には敏感そうな場所だとようやく納得しました。

爆弾テロなどもあって少し物騒ですね。ピレウスにお住まいとのことですので、どうぞお気をつけ下さい。

 それにしても、ギリシャに行く前にこのブログに出会っていたらと思わずにいられません!
URL | かえるくん #rPsBhRDo | 2010/03/30(火) 11:47 [ 編集 ]

Re: 勉強になりました……
かえるくん さん、こんにちは!

ポリテクニオ、大学には見えませんよね(笑)ちゃんと授業も行われている場所なのですが、私が通りかかると閉まっていることもしばしばです。

あの前の道を国立考古学博物館を通りすぎて、ちょっと歩いてゆくと、カト・パティシアという場所に出るのですが、それがつい先日、爆弾テロで15歳の少年が命を失った地域になります。その次の日には、強盗に撃たれて55歳の男性が死亡するなど、あの辺は治安が悪くなってきているようだと報道されていました。私が住んでいるところはまだ治安悪化の兆しがないですが、いやなニュースですね。
URL | mesogeia #- | 2010/03/31(水) 21:18 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/235-01b06564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。