fc2ブログ


『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

新アクロポリス博物館のカフェ
二週間ぐらい前、新アクロポリス博物館に行った時、下の階にあるカフェに入ってみました。先日書いた記事よりも以前に起きたことです。

この日は私一人だけ。平日で空いていたので、サービスもスムースでした。

上のカフェと違って、ぜんぜん風景はよくないですが、たいてい席は見つかります。ただ、値段は同じなので、上で席が見つかるなら、上のほうがいいかも。


cafeteria1.jpg


この日は、サンドイッチを食べました。


cafeteria2.jpg


ここでだしているサンドイッチ、ちょっと凝っていて、例えば「ハムとチーズ・ザンド」ではなく、「レフカダ産サラミとクレタ産グラヴィエラ・チーズ」みたいな感じです(笑)。お値段はすべて3ユーロから3.50ユーロと、座って食べるサンドイッチとしてはお手ごろ価格。国立考古学博物館のカフェはずいぶん上乗せして売っているので、努力を評価したいです。

私が食べたのはカロニ産サーディンとグレー・マレットの卵、バジルの葉のセモリナ・ブレッド・サンドです。

カロニというのはレスヴォス島の中部にある漁港で、ここで獲れる鰯は特に有名です。私たちも今年の夏、レスヴォスを訪れた際に立ち寄って食べました。めちゃくちゃ美味しかったです。

ただ、このカロニ・サーディン、塩漬けになっているのでかなり塩辛く、さらに魚の卵も塩漬け、ダブルの塩辛さです。サーディンを気前良く入れすぎているのかもしれません。不味いわけではないのですが、ちょっと塩辛すぎて、食べるのがつらかったです。

また利用する機会があると思いますが、今度は別のものを注文したいな(笑)



昨日、テレビでThe Departed (2006)をやっていたので、半分ぐらい見ました。

レオナルド・ディカプリオ、マット・デーモン、ジャック・ニコルソン主演の警察・マフィアもので、香港映画Infernal Affairs (2002)のハリウッド版です。

The Departedは、アカデミー賞でオスカーを4つも取って、とても評価の高い映画です。ただ、公開当時、映画評論家たちは、絶賛しながらも、オリジナルのほうがいいと言っていました。

私も同じ評価です。

香港版のほうには抑えたスリルがあったのに対して、ハリウッド版のほうは、派手すぎ、俳優もちょっと演技過剰(私見では、M・デーモンはよかったけれど、L・ディカプリオは感情的過ぎ、J・ニコルソンはほとんどバロディー)で、逆にしらけてしまいました。実際、4つのオスカー、一つも俳優に対するものではなく、ノミネートも助演のマーク・ウォーバーグ一人です。

なんてことを言っていたら、Infernal Affairs、また見たくなってきました。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/10/03(土) 10:14 ]

<<アテネのトンボ | ホーム | アナクソスのミロピタ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/229-7b1799f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2024 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania