『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

Waffle House再び、など
昨日、義弟夫婦のお誘いで、再びヴリアグメニにあるWaffle Houseに行ってきました~

(前回の訪問についてはコチラです)

日曜日の6時半頃だったんですけど、ものすごい人で、席を見つけるのに苦労しました。


Waffle House


この店だけではなく、ヴリアグメニ自体が一杯で、駐車場を見つけるのも大変でした。アテネにもだんだん人が帰ってきた兆候なのでしょう。

お店に来ているのは、ファッショナブルな若者たちがほとんどで、「イン」な店という感じを強く受けます。30代後半から40代の私たちのグループは、軽く浮いておりました


前回はアイスクリームとコーヒーだけ頼んだので、今度はちゃんとワッフルにチャレンジしました。


Waffle


これは、ワッフル一枚にアイスクリーム一つ、そしてホイップ・クリーム(生クリームではありません)、ミルクチョコレートソースを組み合わせたものです。このチョコレートソースは、チョコレートを温めて溶かしたもので、ワッフルの上では液状なんですけど、アイスクリームの上にかかると冷めて固まるというしろものです。

このお店では、すでに出来上がった組み合わせから選ぶこともできるのですが、自分でバラバラのパーツを注文して組み立ててもらうこともできます。私たちは好きなものだけのせてもらって、お値段は5.50ユーロです。まあ、アテネ近郊の水準から言えば高くはないですね。

前にこのお店について書いた時にも言いましたが、このワッフル・ハウスというお店はナクソス島にもあるのだそうです。昨日一緒に行ったメンバーは、ナクソス店にも行ったことがあるのですが、彼らが言うには、ヴリアグメニ店とナクソス店ではワッフルの形も厚さも違うそうで、彼らはナクソス店のワッフルの方が好きなのだと言っていました。

さて、肝心なワッフルのお味なのですが、薄く、軽く、フワフワしていて、ワッフルというよりは、ワッフルの形をしたパンケーキといった印象を受けました。本当に軽いので、私でも2枚はいけそうです。

でも、私の好みでは、フロカフェのワッフルの方に軍配が上がります。美味しいことは美味しいんですけど、もっとしっかりしたワッフルの方が好きなのです。

もう一つ気付いたのは、私も旦那もこの店のアイスクリームがあまり好きでないこと。まあ、これは好みの問題なのでどうしようもないですね。今度この店に来たときには、アイスクリームなしでワッフルだけ頼もうかということになりました。




おまけに、どうでもいい話を・・・

今日、洗濯バサミを12個購入しました。

引っ越してきた時に、30~40個ぐらい買ったんですけれど、安いのを買ったため、プラスチックが脆くなって、割れはじめたのです。もう、10個ぐらいは割れてしまいましたので、しょうがないので買い足すことにしました。

この辺だと、安い洗濯バサミは20個で1ユーロとかなのですが、8ヶ月で割れるものでは困るので、今度は奮発して高いものを買いました。高い洗濯バサミは12個で2~2.50ユーロです。倍の値段ですね。

なぜかよく分かりませんが、ギリシャはこういう変なものの値段が高いんです。イギリスでは半分ぐらいの値段で買えたのに、ここではそうは行きません。製品自体はすべて中国から来ていて、日本、イギリスで売っているものと同じだと思うんですけど・・・

今度のものは半永久的にもってくれることを期待します

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/08/31(月) 11:46 ]

<<カラマタ産バルサミコ酢 | ホーム | グリゴーリスとコーヒーライト>>

コメント
洗濯バサミ、、、乾燥で割れるのでしょうか?
私はいつも日本から持ってきた洗濯バサミを使っています。服に跡が残りにくいし、すでに3年使っていますがまだ健在です。(でもこのごろわれ始めている野で、大事に使っています。)
私も同でもいいことなんですが、粗悪品の洗濯バサミ12個程度に3ユーロもかけられないので、日本から持ってきた24個で100円の丈夫な洗濯バサミを大事に使っています。
URL | ギリシャ在住 #- | 2009/09/01(火) 15:18 [ 編集 ]

洗濯バサミ
ギリシャ在住さん、こんにちは!

洗濯バサミ、何で割れるんでしょうね。色が変わってくるので、たぶんプラスチック自体が劣化しているようなのですが、私にも仕組みはよく分かりません。まさか、エコ仕様だから、自然に戻しても大丈夫なようになっているという訳ではないとは思うんですけどね(笑)

12個で2ユーロ以上の洗濯バサミは、洋服にあたる部分がゴムのようになっていて、跡がつきにくいように工夫されているみたいです。デザインもいいし、プラスチックの質も違うみたいなので、高いことに意味がないわけではないんですけど、12個で260円と考えると「う~ん」とうなってしまいます。

URL | mesogeia #- | 2009/09/01(火) 16:10 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/216-87b76ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。