『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

グリゴーリスとコーヒーライト
私はあまりファーストフード店が好きではありません。

別に不味いからではなくて、味に変化がなくて面白みがないからです。どうせお金を払って食べるなら、たとえ不味くても、そこでしか食べられないものが食べたいのです。

それでも、唯一、時々入ってしまうのがグリゴーリスという、パイ、サンドイッチ、飲み物を扱うチェーン店。日本のガイドブックには、同じようなものを扱っている店としてEverestが載っていますが、私はグリゴーリスのほうが好きです。パイ、コーヒーなどの値段がお手ごろで、しかも美味しいから、あまり店を選んでいる余裕がない時には必ずここに入ります。

(ところで、日本のガイドブックでは、パンに好きな具を挟んでもらう形式のサンドイッチのことが「グリーク・サンドイッチ」と呼ばれていることがありますが、あれはなぜでしょう?あれは特にギリシャ特有のものではないし、実際、世界的に展開するチェーン店Subwayも同じような形式だと思うのですが・・・。それはともかく、グリゴーリスもEverestも、この形式のサンドイッチも売っています)。


かつてこのチェーン、グリゴーリスとだけ名乗っていたと思うのですが、ある時点から、飲み物のコーナーだけを分けて、コーヒーライトという名前も名乗るようになりました。多くの場合、おなじ店舗に二つの看板が並んでいます。

これが、コーヒーライトの看板です。


grigoris2.jpg


いったい何故なんだろうと考えてみたのですが、思いついた理由の一つは、看板の名前が分かりにくいこと。


grigoris1.jpg


ロゴがギリシャ語ですので、ギリシャ・アルファベットが読めないと店の名前も読めません。観光客がたくさん訪れ、外国人もたくさん住むギリシャでは、ギリシャ人にしか読めない看板ではダメ。だからといって、すでにギリシャ人に馴染んでいるロゴを変えるのはもったいないので、もう一つの商標Cofferightを付け加えたのではないかと。

最近、アテネの空港に行ってみると、こんな看板もつけていました。


grigoris3.jpg


Gregory'sと書いてあります。

Grigorisというのはギリシャ語で、英語のグレゴリーに当たる名前ですので、こうなっているのです。

ずいぶん苦労しているなあ、と思いました。







舅と姑が、親戚のお見舞いと知人のお葬式のために田舎(古代テーバイの近くです)に行ってきたついでに、フェタと卵を買ってきてくれたので、久しぶりに「おばあちゃんのポテト」を作りました。

「おばあちゃんのポテト」と呼ばれる料理は、ヨーロッパの地中海沿岸いろいろな所にあるみたいですけれど、ギリシャ版「パタテス・ティス・ヤヤス」は、基本的に、ジャガイモ、卵、チーズをオーブンで焼いたものです(が、家庭、地方ごとに様々なバリエーションがあります)。

これを作るとき、旦那のママは最初にジャガイモを揚げるので、私もずっとそうやって来たのですが、やっぱりちょっと油っこいので、今回は茹でジャガを切ってつかいました。チーズにかなり脂肪分が入っていますので、茹でジャガにしたほうが余分な油が入らず、私としてはこちらのほうが美味しいと思いました。

私は料理を作るのがいつも夜なので、写真は撮りません。私のデジカメについているフラッシュで撮ってもぜんぜん美味しそうに写らないのです。

というわけで、この間撮ったオウム(でかいインコ?)の写真でお楽しみください。


IMGP0682.jpg



テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/08/27(木) 15:04 ]

<<Waffle House再び、など | ホーム | ギリシャのサヤインゲン>>

コメント
これは、ヨウムという名前の大型インコ(オウムなどもそう)の一種です。
しゃべる鳥の中でも更によく言葉を覚え、知能も高く、スティーヴンソンの「宝島」のシルバー船長の飼っているしゃべるオウムは、この鳥だともいわれていますよ~。
60万とか100万円とかします・・・。
何か、面白いことしゃべっていましたか?
URL | mii #AwirhpSY | 2009/08/27(木) 15:29 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
miiさん、こんにちは!

まさか本当にこのオウムで楽しんでもらえるとは思いませんでした(笑)

別に何もしゃべってなかったですね。そんなに長く立ち止まったわけではないので、たまたまだと思いますけど。Wikipedia見たら、寿命50年て書いてありました。長生きですね。「飼主が先に寿命を迎えることも考えられるので、そのあたりも考慮した上での購入する」だって(爆)

引用元
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヨウム
URL | mesogeia #- | 2009/08/28(金) 07:48 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/215-10b72475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。