『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ピライキーのカフェ
土曜日、うちの近くにあるカフェにコーヒーを飲みに行きました。コーヒーなんて、うちで飲めばいいと思うんですけど(節約できるし・・・)、ギリシャ人亭主はカフェテリアが大好きなので、週末必ず一度はカフェに行きます。


やっぱり近くにある、旦那の実家で昼ごはんを食べた後だったのですが、もうすっかり夕方でした。旦那の実家は昼ごはんの時間が遅いんです。3時前に食べることはほとんどなくて、夏の間は、4時、5時なんてこともあります。


ミラマーレ


今回は、このMiramareというカフェに初めて入ってみました。


ミラマーレ


海の前にあるので、二階席なら眺めがいいのではないかと期待して入ってみました。





期待したほどではありませんでした(笑)


ミラマーレ


カフェのほうに向かって日が照っているので、テント屋根が降りていて、それほどは外が見えません。手すりの近くに座れば眺めはもっといいと思いますけれど、日光に近くて、とても暑そうなのでパスしました。


私は、カップチーノ・フレド(アイス・カップチーノ)を、旦那はフラペ・メ・ガラ(ネスカフェで作ったアイスコーヒーにミルクを入れたもの)を注文しました。ピレウスのマリーナ・ゼアにあるカフェだと3.90から4ユーロぐらいするのですが、このお店では3ユーロ前後とお得です。


ミラマーレ


左の端に写っているのがカップチーノ・フレドです。上に乗っかっている白いクリームは、生クリームではないのでなかなか溶けず、コーヒーと混ざりにくいです。いったい何でできているのかよく分からないのですが、こちらで「ヌーヌー」という名前で売られている、コーヒー用の缶入りミルクで作るという説を聞いたことがあります。クリーム自体は、それほど美味しくないので、味というよりは、見た目で勝負のコーヒーです。

コーヒーを飲んでいたら、前をものすごく大きなクリーズ船が通りました。


ミラマーレ


うちの旦那は、こういう船を見ると「ポリカティキアだ!」と叫びます。ポリカティキアというのは、日本語でいう「マンション」のような集合住宅のことです。言いえて妙ですよね(笑)

Miramare
Akti Themistokleous 332
Piraeus
210-45.32.087

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ピレアス | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2009/06/16(火) 19:33 ]

<<最近の朝食 | ホーム | 文明の利器>>

コメント
ピライキ、私たちも昔よく食事をしに行っていました。アネモミロスというタベルナがとってもお気に入りだったのですが、いつからか道路沿いから消えてしまいました。いったいどこへ行ってしまったのでしょうか。聞いたことありませんか??

フレッドってカプチーノの本場イタリアから来たものなのでしょうか??ほんとうに、見た目が勝負の飲み物ですよね。私はあのクリーム大好きです。
URL | luc #- | 2009/06/16(火) 21:56 [ 編集 ]

景色いまいちなんですね・・?
写真ではうわ~いい景色♪なんて思いました☆
でも外観からだとひさしが大きくて景色がよく見えるようには見えませんね。
これが見てと言っていたアイスカプチーノですか?お洒落ですね。カクテルみたい。
ちゃんと氷が入ってるんですね。
オマーンのは氷ははいっていなくて氷を感じないフラペチーノみたいな濃厚シェイクです。
こちらの生クリームもとけません。でもカプチーノがさらさらの液体じゃないからかな?
その生クリーム食べてみたいです。植物性の生クリームともまた違うのですか?
URL | ありーしゃ #z1uogJ6Q | 2009/06/17(水) 11:28 [ 編集 ]

lucさん、こんにちは!

ピライキー、ご存知なんですね。

アネモミロスを初めとする、ピライキーの海側に立っていたレストランは、違法建築だったので、数年前にすべて撤去されました。なぜかアヒノスだけがしばらく生き残っていたのですが、これも、今年の冬ぐらいから閉まったままです。どこか別の場所に移ったのかどうかは、残念ながら知りません。

今、あるのかどうかは分かりませんが、私が住んでいた当時(1990年代後半から2000年代の初め)には、カプチーノ・フレッドはイタリアにありませんでした。そのころ、ギリシャにはすでに存在したので、イタリアから伝わったということはないと思います。当時、イタリア人が飲んでいた唯一の冷たいコーヒーは、カフェ・フレッドという、エスプレッソを氷とシェイクしたり、冷蔵庫に入れて冷たくしたものでした。

私、ギリシャの冷たいコーヒー系の飲み物では、チョコレートと氷を入れてどろどろにしたやつが好きです。
URL | mesogeia #- | 2009/06/17(水) 17:19 [ 編集 ]

ありーしゃさん、こんにちは!

景色、悪いわけじゃないんですけど、日よけのテントが下りていて、よく見えないんです。春に行っておけばよかったです。

ギリシャのアイス・カップチーノは、見た目がとてもお洒落です。うちの旦那は「苦いから・・・」と言って、飲みません。

いま、ありーしゃさんのため特別に(笑)ヌヌーの成分を調べてきたのですが、ちゃんと乳牛のミルクから作っているそうです。でも、カップチーノ・フレッドのクリームは、ヌヌーほど美味しくないような気がするんですよね・・・(汗)

オマーンのアイス・カップチーノも、先に甘さを指定して作ってもらうのでしょうか?ギリシャではそうです。日本でよく使うガム・シロップというものは存在しません。
URL | mesogeia #- | 2009/06/17(水) 17:50 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/178-85875e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。