fc2ブログ


『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

文明の利器

先週、「何とかしてくれっー!」と叫びたくなるぐらい暑い日が続いたので、ついに買いました!



扇 風 機

matsui0010.jpg


です。

うちの近くにあるあるコツォボロスという電気屋さんで買いました。25ユーロでした。

メーカーはMatsuiといいます。


matsui0020.jpg


日本では聞いたことのないメーカーですが、ヨーロッパでは時々見かけます。もともと、ノーブランド的な名前だったのですが、もう何年も流通しているので、私の中では、ちょっとブランド価値があります。

デロンギとか、もう少し知名度のあるブランドの品は35ユーロぐらいで売られていました。お店の人に違いを聞いたら、「ブランド名ね」とサックリ言われたので、安いほうを買うことにしました。35ユーロから40ユーロのものだと、デザイン的にもMatsui製品と大差ありません。45ユーロ以上になると、もっとデザインがよくなったりするので、それなりに意味があるかもしれません。

これを買ってから、カレフールというスーパーで、17ユーロの扇風機が売られているという広告を発見して、少し悔しかったですが(先週、カレフールに見に行った時にはなかったのに!)、Matsui君の扇風機、大活躍しているので、いいことにします。毎日、涼しく過ごせて、とても幸せ


古いエアコンを新しいエアコンに買い換えると、政府から補助金が出るという制度が始まったようですが、古いエアコンのない我が家にはメリットがないので、エアコンは今のところパスです。



最近、買ったもう一つの文明の利器は、蚊取りマット。

先週、蚊が大発生した日が2日ほどあって、あわてて買いに行きました。みな同じことを考えたようで、蚊取りマットが飛ぶように売れていたのが面白かったです。


kounoupia.jpg


ギリシャの蚊は、イタリアの蚊と同じで、刺されても、直径3ミリぐらいの赤い点ができるだけで、脹れたり、痒くなったりはしません。色は茶色で、日本でよく見かける白黒の蚊とは、明らかに違う種類です。でも、寝ている時にこの蚊が耳の近くを飛ぶと、結構うるさいので、目が覚めてしまいます。

ここ数日は蚊の数が減ったので、蚊取りマットはあまり活躍していませんが、備えあれば、憂いなしで、「いつでも来いっ!」という感じです(笑)

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:8
[ 2009/06/15(月) 19:06 ]

<<ピライキーのカフェ | ホーム | 卵の包装>>

コメント
おぉ、やりましたね。
一瞬日本のご家庭かと思いました。さすがマツイさんですね。笑
デロンギとは、日本人女性に人気のあるブランドですよね?たしか・・。
ギリシャの家には天井に屋根備え付けではないのですね。冬は寒くなるからかな?
オマーンは天井付きのファンがどの家にもついてると思うんですが、首ふらないし、
寝てると風から逃れられないので好きじゃありません。
mesogeiaさん宅が買ったタイプがいいと思います♪

蚊もいやですね、私はオマーンの蚊にさされると免疫がないのかえらくはれあがります。
刺された翌日から5日ほど日本製のベープをたいて寝たら人間にも作用するようで、
頭痛やだるさに2人とも襲われ始めました・・。
寝るときはスイッチは入れない方がいいみたいですね^^;
あと・・卵のからくり分かりました。笑

URL | ありーしゃ #z1uogJ6Q | 2009/06/15(月) 23:37 [ 編集 ]

>日本では聞いたことのないメーカーですが、ヨーロッパでは時々見かけます。もともと、ノーブランド的な名前だったのですが、もう何年も流通しているので、私の中では、ちょっとブランド価値がありま

おもしろいです!大笑いしました。
まついはトヨトミ的なものでしょうかねえ。。。

蚊についてですが。。。私も先週6箇所くらい一度に刺されました。私の場合、ギリシャで指されても痒くなり掻いてしまうので後が残って大変です。子供も10箇所くらい刺されてしまいました。でも彼は痒くも無いようです。

また面白い記事書いてください!!!
URL | luc #- | 2009/06/16(火) 14:09 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ありーしゃさん、こんにちは!

そういえば、天井に扇風機が付いているのは、見たことがないですね。部屋全体の空気が動いて、よさそうな感じがしますけど、使ったことがないので分かりません。でも、確かに、首を振ってくれたほうが、メリハリが付いていいですよね。寝ている時なんか特に、風を浴びっぱなしだと、身体を冷やしてしまいそう・・・

ギリシャでもポピュラーなのは、私たちが買ったタイプのほかに、まったく軸足の部分がない、地面に据え置くタイプのものがあります。


オマーンにも蚊がいるんですね。蚊取りマットを使うときは、部屋の窓や扉を開けておかないと、のどが痛くなったり、ありーしゃさんたちが経験したような症状がでますよ。日本の家屋は密閉度が低いのか、そういう経験はなかったのですが、イタリアに住んでいたときに、ベッドの近くで蚊取りマットを焚いたら、気持ち悪くなりました。

イタリア人は、私たちがしているように窓や扉を開けたままで使うか、それとも、部屋を密封した状態で蚊取りマットを焚いて、蚊を全部殺した後に寝ていました。後者の方法は、エアコンがないと、暑いときには辛いですねv-37


URL | mesogeia #- | 2009/06/16(火) 17:25 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
lucさん、こんにちは!

いやー、lucさん!Toyotomiは、本当に日本のメーカーなんですよ!!!

http://www.toyotomi.jp/index-top2.html

私も、日本では聞いたことがなかったのですが、先日、日本から来た方とお話しする機会があり、れっきとした日本のメーカーであることを知りました。中部地方を中心に展開している会社なので、もしかすると、それ以外の地域では、少し知名度が低いのかもしれません。

Matsuiのほうは、れっきとしたバッタものブランドだと思いますけど(笑) こういう二流ブランドにPrimoというのもありますよね。これも、ずいぶん何年も見ているので、ちょっと風格があります(笑)


蚊に対する反応には個人差があるのですね。何度も刺されていると、免疫ができてきたりするのでしょうか。なら、いいんですけどね。

URL | mesogeia #- | 2009/06/16(火) 17:33 [ 編集 ]

トヨトミ、私も気になって以前調べたんです
なんとも怪しい偽日本ブランドメイドインchinaだとおもったので、、、
matsuiのほうは日本製ではないんですか、
toyotomiと同じレベルだと思っていました。primoはたぶん我が家の中にも潜んでいるはずです。
URL | luc #- | 2009/06/16(火) 22:01 [ 編集 ]

lucさん

Toyotomiは、日本の中部地方ではかなり有名なブランドのようです。ヒーターなんかもつくっているみたいです。

Matsuiは、日本とは関係ないと思います。Wikipediaを調べたら、イギリスの会社だと出てきました
http://en.wikipedia.org/wiki/Matsui_(company)
けれど、ちょっと怪しそうな記事です。

まあ、いずれにせよ、扇風機はみんな中国や台湾でつくっているみたいなので、日本製を見つけるのは難しいでしょうね。
URL | mesogeia #- | 2009/06/17(水) 17:26 [ 編集 ]

天井に扇風機って、確かにあまり見かけませんね。
島の別荘のベッドルームに取り付けてありますが、いきなり落ちてきたらどうしよう…と考えてしまって(ギリシャの工事なので^^;)何となく落ち着きません。

今年はまだ見てませんけど、蚊よりもブヨ(?)が手強いです。小さすぎてなかなか姿が見えないし、かなり腫れるんですよ。
URL | salahi #- | 2009/06/18(木) 07:49 [ 編集 ]

ブヨ
salahiさん、こんにちは!

暑いですねぇ。お元気ですか?

扇風機が落ちてくる・・・・ うーん、確かに、ギリシャではありそうですね。(って、ギリシャよりも後進の国では使われているので、失礼ですけど ^^;)

ブヨ、ギリシャでは見たことがないですが、イタリアのタルキニアというところで遭遇しました。小バエかと思ったら、刺したので、びっくりしました。それは、刺された時に痛いだけで、脹れることはありませんでしたが、ギリシャのは脹れるんですね。ベープが効いてくれるといいですけど。。。

URL | mesogeia #- | 2009/06/18(木) 16:13 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/177-f8afe4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2024 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania