『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

新アクロポリス博物館
昨日、アテネにお散歩に行って、新アクロポリス博物館の前を通りました。ディオニシウー・アレオパギトゥー通りにあります。


New Acropolis Museum


アクロポリスにある博物館が手狭になったためと、大英博物館にあるエルギン・マーブル(アクロポリスパルテノン神殿から、エルギン卿が外してイギリスに持ち帰った大理石の彫刻群)の返還をアピールするために建てられました。イギリス政府はまだ返還を承諾していませんが、この博物館にはエルギン・マーブルを置くための場所があり、そうすることでイギリスにプレッシャーをかけようとしているようです。

ところで、この博物館はまだ一般公開されていません。私の知り合いは、一部が公開されたのを見たと言っていましたが、本当のオープニングはまだです。去年は、一月オープンといっていたのですが、今では六月になっています。

昨日は、この前に何人も警備の人が立っていました。今、バローゾ欧州委員長がアテネを訪問中なのですが、昨日はこの博物館を視察しに来たからです。たぶん、EUからのお金もつぎ込まれているのでしょう。

六月に開いたら、私も見に行きたいです。

**********



博物館の前を通った後、アクロポリスの南側をずっと回って、ティシオに行きました。


IMGP9871.jpg


日曜日、ティシオでは蚤の市をやっています。正確に言うと、蚤の市自体は毎日やっているのですが、日曜日にはそれが拡大します。最近は、蚤の市だけではなくて、いろいろな国からの移民がいろいろ謎の物品を売っています。うちの旦那はこいうい場所が嫌いなので、ゆっくり見られなかったのですが、いつか、何を売っているのか一人でじっくり見てみることにします。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/04/27(月) 21:58 ]

<<ミクロリマノのカフェ | ホーム | トロとヴァーリ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/141-4ecb561d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。