『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

ポルトガル
先週、一週間ばかり、ポルトガルに行ってきました。

夏のギリシャ旅行のデータ整理ができていないのに、さらにポルトガルのデータまで増えて大変です


Rossio Station, Lisbon

上の写真の立派な建物は、宮殿ではなく、駅です。リスボンの中心部にある「ロシオ駅」という駅で、近郊の観光地シントラを訪問する時に利用します。



訪れた場所は、リスボン、コインブラ、エヴォラと、べたな場所ばかり。でも、コインブラは期待はずれでした。月曜日にコニンブリガ遺跡に行くはずになっていたのに、閉まっていたから。ちゃんとガイドブックでも、コインブラのツーリスト・インフォメーションでも確認したんですけど、やっぱり南ヨーロッパですね。ダメでした。現在月曜日は臨時休業中ですが、それ以外の日なら開いているそうですので、コニンブリガ訪問予定の方は、当面、月曜日を避けましょう。

コインブラでは、サンタ・クララ修道院も修復中で閉まっていたし(こちらは、2008年に修復終了予定と書いてありました)、コインブラ大学も期待はずれだったし、雨は降るし。。。で、いいことがなかったですね。

でも、リスボンとエヴォラはいい所でした。お勧めです。

それにしても、ポルトガル、観光が国内最大の産業だという割には英語が通じなくて、おもしろくありませんでした。旅行に不自由がないぐらいの意思疎通はできますが、会話というほどにはいきません。旅行者に対しても、おもいっきりポルトガル語で話しかけてきます。ギリシャやイタリアだと、こちらが何語を話せるか確認せずに最初から英語で話しかけてくるので、これはずいぶん違うな~、と思いましたヨ。

機会があれば、ポルトガルのこともこのブログで少し書きたいと思います。

テーマ:ポルトガル  - ジャンル:旅行

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/19(日) 09:52 ]

<<ケラミコスとガジ(アテネ) | ホーム | 国産肉>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/13-729268cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。