『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

第三のイカ「トラプサラ」
カロ・ミーナー!

今日は4月1日、エイプリル・フールですね~。ギリシャにもあるんでしょうか、エイプリル・フールって。イギリスでは大々的にやっていて、大新聞にも嘘記事が載ったりして面白かったんですけどね~。


***********

さて、今日の話題。

日本語では、海にいる十本足のある軟体動物、みんな「イカ」って呼びますよね。でも、英語では日本語でイカって呼ばれているものは、cuttlefishとsquidの二種類があるんです。違いは、cuttlefishにはcuttleboneという大きな平たい骨が入っているということだとWikipediaに書いてありました。そう言われてみれば、思い当たる節があります。


ギリシャに来てから、soupiaがcuttlefish、kalamariがsquidだと思って幸せに暮らしていたのですが、最近、実はもう一種類あることに気がつきました。

じゃ~ん

thrapsala.jpg


トラプサラです!

これ、見た目はスルメイカで、味もスルメイカです。だからスルメイカなのかもしれません。イギリスではsquidとして売られていました。

でも、トラプサラと呼ばれるものがすべてこの形をしているというわけではなく、冷凍イカリングもトラプサラという名前で売られています。昨日は、ほたる烏賊サイズのトラプサラを見ました。キロ4ユーロぐらい。

ではカラマリとトラプサラの違いは何なのでしょう?旦那のお母さんに聞いてみましたが、片方には長い脚が二本あるという説明で、今ひとつ納得がいきません。烏賊は全部、長い脚が二本あるような気がするのですが・・・

もう一つ不思議なことがあります。このトラプサラという言葉、家にあるギリシャ語のけっこう大きな辞書を見ても載っていないのです。また、レストランのメニューでも見たことがありません。

という訳で、謎はまだ解けていませんが、とにかくこのトラプサラ、とても安くて、美味しいので、これからも食べる機会がありそうです。

****************






アテネでは、昨日あたりから温度が上がって、空がどんよりしています。これは、北アフリカからの暖気が黄砂を運んで来たからなんだそうです。鈍感な私にはよく分かりませんが、大気中に小さな砂が散乱しているから、気管支系疾患のある人やお年よりはあまり外に出ない方がいいと書いてありました。

***********************

取り止めがなくなったついでに、猫写真も貼っておきます。


ギリシャの猫


近所の猫です。私が「にゃ~」と言うと、様子を見に来るのですが、近づくことはできません。まあ、あんまり近づいてくる猫は、逆に、写真が取りにくいので、一長一短ですね。


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2009/04/01(水) 08:56 ]

<<パン屋での収穫 | ホーム | マリーナ・アリモス>>

コメント
おいしそうなイカちゃんですねぇ・・。するめいかって長い足2本ありますよね。
これはどうやってお料理したんですか?
セピアは水中でみると結構見ごたえがあって好きです。おまけにあまり逃げないし。
こういう普通のイカは逃げ脚が早いんですよね。
↓ 日本人会でよい出会いがあるといいですね。
同じ日に日本人会のことを書いていたなんて。笑
URL | ありーしゃ #z1uogJ6Q | 2009/04/01(水) 11:10 [ 編集 ]

ありーしゃさん、こんにちは。

イカちゃん、二杯買ったんですけど、一杯はイカ・スパゲチーに、もう一杯はイカとほうれん草の煮込みになりましたv-271 冷凍イカなので、ものすごく美味しいわけではありませんが、まあ、なかなかイケます。

イカを海中で見たことがあるということは、もしやありーしゃさんは、もしやダイビングをするのですか?

「日本人会」、定期的に会っているのは、小さなお子さんがいる方々みたいで、それ以外は「時々」のようです。領事館の資料によると、ギリシャには650人程度の日本人がいて、そのうち500人ぐらいは定住、残りが駐在の方々。でも、そのうちアテネ周辺にいるのが何人なのかは分かりません(領事館は知っていると思いますが、公開されているデータの中にはありませんでした)。ギリシャはちっちゃい国だから、650人ってけっこう多いなと思いました。


URL | mesogeia #- | 2009/04/02(木) 08:26 [ 編集 ]

前に気になって調べてみたことがあるんですが、カラマリはヤリイカ(ヨーロッパヤリイカ)、トラプサロはスルメイカ(ヨーロッパスルメイカ)又はアカイカ系のものみたいです。
スーパーのお惣菜ではトラプサロのイカリングなんかが売ってますが、確かにレストランのメニューではあまり見ないですね...実はトラプサロなのに、(ギリシャでは格上の)カラマリとして出してるのかもしれません。

冷凍のはマシなのもあるけど、ギリシャではイカに限らずすごく臭みが強かったりするのが多くないですか?いまいちな冷凍イカはイカ団子にすると美味しかったです^^
URL | salahi #- | 2009/04/02(木) 11:45 [ 編集 ]

salahiさん、こんにちは!

トラプサラ、やっぱりスルメイカなんですね。一夜干にして焼いてみようかしら?なんだか美味しそう(笑) イカ団子もいいですね~。

日本で「赤魚」と称して、いろいろな種類の魚が売られているというのが話題になったことがありますが、実は、私たちが普通に使っている魚の名前というのは俗称・通称で、厳密な名称ではない、というのがトラプサラとカラマリアにも当てはまるのかもしれないですね。

昨日、魚屋の前を通ったら、新鮮な鰹と思しきものが売られていました。今まではなかったので、季節ものなのでしょうか?サラコスティで魚が食べられないのが恨めしいです。

URL | mesogeia #- | 2009/04/03(金) 07:56 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/118-eb2cb65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。