『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

タラマスとタラモサラタ
タラモサラタをご存知でしょうか?

そうです、タラコでつくったディップで、恐らく日本で一番知られているギリシャ料理の一つです。

私は今まで、スーパーで売っている出来合いのタラモサラタしか食べたことがなかったのですが、最近、手作りのものを食べることが出来ました。

最初は、カサリ・デフテラに、旦那の実家で食べたもの。お母さんの手作りです。ジャガイモとタラマス(タラコの塩漬け)を混ぜて作ったもので、マッシュドポテトにタラコとレモンを混ぜたような味でした。美味しいことは美味しいのですが、パンにつけるよりも、マッシュドポテト同様、何かの付け合わせとして食べるのに向いていると思いました。

そして、次は自作の品です。

デリカテッセンで、タラマスを買ってきました。こんな感じです。


タラマス


アップで見るとこんな感じ。


taramas2.jpg


ご覧のように、私たち日本人にお馴染みのタラコの形は残っておらず、ペースト状になっています。味はかなり塩辛いですが、間違いなく日本で売られているタラコと同じものです。


デリには、二種類のタラマスが売られていて、私が買ったものは1キロで20ユーロぐらいするのですが、もう一つは5ユーロぐらい、人工的な赤色をしています。安いほうは、本物のタラコではないのかもしれません。

私は、パンの白いところを使ってタラモサラタをつくってみました。まあ、美味しくできたのですが、ちょっとレモンを入れすぎたのと、エクストラバージンのオリーブオイルを使ったために、タラコの味が隠れてしまいました。タラモサラタにするには、エクストラバージンではないオリーブオイルを使うか、サラダオイルを使ったほうがいいのかもしれません。

つくったのが夜だったので写真は撮りませんでしたが、タラマスに着色料が使われていないため、色は白っぽいです。

買ったタラマスは100グラム程度ですが、これだけあれば、かなり大量のタラモサラタができそうなので、もうちょっといろいろなつくり方を研究してみます。



テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/03/11(水) 16:25 ]

<<アクロポリスのスト続く | ホーム | ファーストフード店の四旬節>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mesogeia.blog60.fc2.com/tb.php/100-e596192e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。