『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

今日のピレウス港
今日、ピレウスの港はストでした。


ピレウス港


だから、出港できない船がみんな停泊していました。


ピレウス港


朝、テレビのニュースでは、ピレウスのクルーズ・ポートで起きた事件のことを報道していました。

前回の港湾ストでは「ゼニス」というクルーズ船でやって来た観光客が下船するのを、ストしている労働者が許そうとせずに、外国人観光客とギリシャ人労働者の間でもみ合いが起きるというみっともない事態になりました。

という訳で、今回は、アテネやピレウスの商業関係者が観光客をお迎えに

(今日のストは朝6時から始まったので、クルーズ船はそれよりも前に入港しました)

バラの花を配ったり、ギリシャ音楽を演奏したり、踊ったりして、船を下りてくる観光客にサービス。

でも、今度はその商業関係者と港湾労働者の間でもみ合いになったんだそうです。

全く、みっともないったらありゃしない・・・


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2010/05/31(月) 22:00 ]

ユーロヴィジョンでギリシャ8位!

追記:明日、月曜日は港がストをするので船の出入港ができないようです。
skai.grの記事)

************


昨日の夜はユーロヴィジョン。

勝利者はだんとつでドイツ代表レナさん。ギリシャは8位に終わりましたが、あまり期待されていなかったこともあり、良かったんじゃないでしょうか?10位以内という目標は果たせたわけですしね。

でも、私たちはユーロヴィジョンは見ずに(一番最後、勝利者が歌うところだけ見ました)、モナスティラキでお食事。

今回は食べ物がメインではなくて、一緒に集まることが目的だったので、安めのカフェ・メゼドポリオ「ディオスクリ」というお店へ。

『ギリシャへの扉』で、アクロポリスの丘の中腹にある「ディオスクリ」を紹介していますが、私たちが行ったのはアドリアヌー通りにある支店です。モナスティラキの駅からは歩いて2分ぐらいの所にあります。

9人で行って、「ピキリア」と呼ばれるおつまみの盛り合わせの「大」を二皿、グリークサラダを二皿、ポテトを二皿、ザジキを一皿、ワイン500mlとビールを一人一本ずつぐらい飲んで、お会計は102ユーロ程度。ものすごい量のものを食べたわけではないですが、それでもアテネのど真ん中で一人12ユーロ以下というのはお得です。

沢山の人を集めると、食べ物にお金を使いたくないという人もいるので、こういうお店が便利なこともありますよね。しかもモナスティラキ駅至近という便利さなので、使える店だと思いました。

Dioskouroi

Dioskouroi
Adrianou 37, Monastiraki
Tel. 210-32.53.333
Adrianou 39, Monastiraki
Tel. 210-32.53.323
(同じ店が道を隔てて並んでいます)


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/30(日) 12:42 ]

明日はユーロヴィジョン・ナイト!
今年もこの季節がやってきましたね(ニヤリ)

ギリシャは無事に予選を通過し、明日は決戦の日です。ギリシャは11番目の登場で、エントリー曲はこれ!

(このビデオ、最初の1分ぐらいは内容が無い、謎の代物です)




ヨルゴス・アルケオスの「オパ!」

ユーロヴィジョンらしいポップな曲です。


なのに私はユーロヴィジョンのことなどすっかり忘れ、友達と食事に行く約束をしてしまいました。

ラジオを持っていって聞こうかしら?

(冗談です)

サキス・ルヴァスが出場した去年と比べると、期待度は低く、アルケオスさんも、「10位以内を目指す」と謙虚な目標を立てていました。

今年はギリシャがユーロ圏諸国からブーイングを受けているので、あまり期待できないかも。特にドイツとかからは(笑)



テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/28(金) 19:32 ]

バスの時限スト
と言っても、もう終わっちゃったんですけど・・・

気がつかなかったんですが、今日の早朝から朝8時まで、アテネのバスがストをしていたんだそうです。

で、今晩10時からもまたバスが止まります。

気をつけませう。

http://www.skai.gr/

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/27(木) 07:12 ]

オモニアのNeonが・・・
今日、オモニアに行ったんですよ。

そしたら、Neonが閉店していたんです!!!

ギリシャに数年住んでいる方はご存知でしょうが、Neonというのはセルフサービスのレストランで、創業1920年、一時はオモニアだけではなく、シンタグマやピレウスにも支店があったんです。

場所が便利なのと、食べ物を見ながら選べるということで、旅行者には便利でした。私もギリシャに来始めた10年程前にはシンタグマ店をよく利用したものです。

さびしいですねぇ。とは言え、私自身食べに行こうと思うような場所ではなかったので、そういう意味では仕方がないのかもしれません。

私は友達と、Neonの裏にあるNeon Grill/ Estiatorioという店でギロスを食べました。セルフサービスのNeonとなんらかの関係があるのかは不明です。特に特徴のないタベルナですので。味はまあ普通でした。




テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/26(水) 16:58 ]

久しぶりのガゾホーリ
今日、月曜日は聖霊の日で国民の祝日。

でも、お店は開いているという不思議な日。何でなんでしょう?

朝のニュースで、アテネには誰も人がいなくて静かだと言うので行ってきました。そしてティシオからケラミコスまで散歩。確かに静かではありましたが、仕事をしている人も結構いました。

お昼ごはんは久しぶりにケラミコスの「ガゾホーリ」へ。

このお店、旦那のお気に入りで、これで四回目です。注文したのは豚肉のティガニャ、なすのボラナ、ルッコラとモツァレラのサラダ、ザジキ、フライドポテト。


gazohori1.jpg


この茄子のボラナという料理が特に旦那のお気に入り。


gazohori2.jpg


小さく切って油で揚げたらしき茄子をミジスラ(チーズ)、トマトと一緒にオーブンで焼いた料理。油を吸った茄子は美味しいですナ。

今日はザジキがちょっと古かったのと、フライドポテトがちょっと焦げていて、塩辛かったのが残念だったけど、他のものは期待通り。

ビールも1本頼んで30ユーロ。1年前と比べると一割ぐらい値段が上がってしまったけれど、それでもアテネの水準だと高くはないですよね。

私の横の席では猫が寝ていたんですけど、もうお腹一杯らしく、食べ物はぜんぜん欲しがりませんでした。


gazohori3.jpg


全部残さずに食べましたが、お腹が一杯になりました。私たちで二人で五皿は多いみたいなので、今度は四皿にします。(と言うか、初めてではないので、五皿では多いことは私には分かっていたのですが、旦那は記憶喪失が激しいので、「お腹が減っているから大丈夫、大丈夫」と言って聞かなかったんです!)

(ところで、このお店、英語のメニューがあるのかどうか私は知らないので、行かれる方はお気を付けを)

それにしても、この辺はお店の入れ替わりが激しいですね。最後に行ったのは数ヶ月前だったと思いますが、いくつかのお店が入れ替わったり、新しくできたりしていました。刺激があっていいのかな。


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/24(月) 20:27 ]

ピレウスのパブリック
シンタグマ広場に面してPublicというビルがありますよね。本、コンピューター、CD、ゲームソフトなんかを扱っているお店です。

そのPublicが、去年ピレウスにもできたんです。

それからもうずいぶん時間がたってしまいましたが、先週初めて中に入りました。

お買い物に行ったのではなくて、カフェがお目当て。


public1.jpg


建物の内側とテラスと、席数はずいぶん沢山あります。この日はちょっと涼し目だったのですが、テラスに出てみました。


マリーナ・ゼア


眺めはこんな感じです。マリーナ・ゼアスが見えていますが、絶景というほどではないかな・・・これだったらミクロリマノの方が風景自体はよさそうです。

コーヒーの値段は高めですが、マリーナ・ゼアス周辺は物価が高めなので(コーヒーの値段はミクロリマノよりも高いです)、これは予想の範囲内。

私はコーヒーではなく、ワッフルを注文してみました。


public3.jpg


確か4.70ユーロぐらいだったような・・・

ワッフル自体は、外側がサクサク、中がふわふわなタイプで、軽いです。チョコレートソースとアイスクリームは平凡。総合評価は可もなく不可もなくの50点と言ったところでしょうか。


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ピレアス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/23(日) 09:57 ]

ピッツァを求めてグリファダへ
*本題に入る前に・・・
5月20日、ギリシャの空港のストは回避される方向だそうですが、船は24時間のストになるようです。直前になるまでは変更もありえますので、これからの情報にもご注意ください。


              


なんとなくイタリア風のピザが食べたくなり、インターネット、雑誌などを調査の結果、グリファダイタリア料理店まで行ってきました。

ピザは時々家で焼くのですが、イタリアの「ピッツァ」は、ちゃんとしたオーブンがないとうまく焼けないので、レストランに食べに行かなければなりません。

せっかくグリファダまで行って、席がないと嫌なので、ちゃんと予約も入れました。日曜日の午後2時。行ってみると、中心部ではあるのですが、繁華街ではなく、普通の住宅の間にある店でした。2時に入った時点ではテーブルが3つふさがっている程度だったのですが、私たちがいる間に満席になりました。どうも人気店のようです。

席は屋内と半屋外の二つのセクションに分かれています。予約をする時、禁煙席と言ったら、自動的に屋内の席を割り当てられてしまいました。屋内の席は薄暗く、あまり感じが良くなかったので、一つだけ予約されていなかった半屋外の席、つまり喫煙席に変えてもらいました。やはりギリシャは喫煙者天国です。子供ずれの家族も沢山来ているので、ちょっと気になります。ギリシャ人は、バスの中で子供に席を譲ったり、とても大切にするのに、子供のいるところで煙草を吸うのは平気なのは、一体なぜなんでしょう?

ピザ一皿だけ注文するのも何なので、アンティパストに、水牛のモツァレラと生ハムの盛り合わせを頼みました。

水牛のモツァレラと生ハム


モツァレラのサイズにご注目ください。野球のボールのような大きさです。別に二人用とメニューに書いてあったわけではないのですが、日本人の胃ですと、これを一人で食べるのはほぼ無理。もし食べたら、他の料理は一切食べられないと思います。

あまり胃の大きくない私も旦那も、これを食べ終わった時点で、「まだ、食べるの・・・?」というぐらい状態になりました。

しかし、もう注文は済んでいるので、もちろん次の料理がやってきます。

ピザ!


ピッツァ・ア・ラ・カプリッチョーザ


ちょっと焦げている感じがしましたが、それでも美味しかったです。ただ、イタリアのピザと全く同じかと言うと、ちょっと違います。ピザの生地が軟らかいんです。私がイタリアで食べたピザは、薄いタイプも、分厚いタイプも、表面はパリッとしていたのですが、ここのピザはフカフカしています。

私は「パッケリ」というパスタを注文しました。


パッケリ


私がこのパスタをイタリアで見たのは一度だけ。ナポリででした。多分、カンパーニャ地方のパスタなんだと思います。このお店では、パッケリを使った料理が何種類かあったので、ナポリ系のレストランなのかもしれません。

ここに写っているものには、サーモン(多分、スモークサーモンか塩漬けのサーモン)とマスカルポーネ・チーズを合わせ、さらにピスタチオを振りかけてあります。

量が少なさそうに見えると思いますが、前菜でお腹が膨れていたのと、マスカルポーネがしつこいのとで、食べているうちに苦しくなりました。


リモンチェッロ


デザートの一皿も注文したいものだと思っていたのですが、胃袋が飽和状態になり、断念。お店からサービスのリモンチェッロ(レモン味のリキュール)がデザート代わりになりました。

そして、イタリア料理の〆にはやはりエスプレッソ。

エスプレッソ


イタリアン・タイプの美味しいエスプレッソでした。

さて、上記のものと、ビール一杯(500ccぐらいはあったと思います)と水一本、お会計はいくらだと思いますか?


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/05/17(月) 17:29 ]

プシリでランチ
外で食事をするのが気持ちのいい季節になったので、プシリのタベルナ「ニキータス」に行ってきました。

家族経営のカジュアルな店で、お値段もお得。客層は常連っぽい人が多いですが、プシリなので外国人観光客も結構やってきます。夕方には閉まってしまうので、晩御飯は食べられないけど、簡単なお昼にはいいお店。


ニキタス


仔牛とマッシュルームの煮込み、チーズ・パイ、ザジキ、サラダ、フライドポテト、ビール一本、パンで23.60ユーロ。

この店の肉料理は、煮込みよりも、焼いたものの方が美味しいと思いますが、でも悪くなかったです。

満足したところで、デザートは、モナスティラキ広場にあるお気に入り「マットネッラ」にてジェラート。


マットネッラ


マンゴのシャーベットです。ああ、このアイスクリーム屋さん、ピレウスに支店を出してくれないかしら・・・



話は変わりますが、ギリシャでは、税金逃れをしているお医者さんや弁護士の摘発が始まりました。


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/14(金) 20:37 ]

ストの噂
ギリシャ旅行をするから、ストの情報を!という方がいたので、リクエストにお答えして。。。

労働組合は、次の木曜日、20日にストを呼びかけています。

ただし、日にちは変更になることがありますし、また、誰が参加するのも今のところ分かりません。20日の移動は避けられるなら、避けて予定を立てたほうがいいかもしれません。

また、新しい情報が入ったらお知らせします。

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:6
[ 2010/05/13(木) 17:00 ]

海辺でランチ(エギナ編)
さて、もうずいぶん前になってしまったエギナ旅行の最終編です。

ちなみにこちらが、その一その二その三です。


散歩の途中で見つけた


aeginatown11721.jpg


ライオンみたいなタテガミがありますけど、メスでした。

エギナの町には観光馬車があります。


観光馬車


それほど大きな町ではないので、わざわざ馬車に乗るまでもなさそうなものですが、馬車マニアの人とかいるのでしょうか。

これはエギナの港にある、エギナ農協のピスタチオ販売スタンド。


aeginatown11723.jpg


エギナ島はピスタチオの産地として知られていますが、お土産で売られているピスタチオは必ずしもエギナ産ではありませんし、良質なものとも限りません。私も一度、とんでもなく不味いピスタチオをつかまされたことがあります(安かったんですけどね)。

このスタンドで買えば、他の店より値段は少し張りますが、エギナ島産であることは間違いありません。


aeginatown11724.jpg


実際買ってみたところ、見かけはあまりよくありません。サイズが小さくて、殻の色が黒ずんでいます。でも、味は美味しかったです。私には「エギナの味」は分かりませんでしたが、旦那は普通のより美味しいといっていました。違いが分かるかどうか、皆さんもお試しください。


そして、お待ちかね、ランチ。


aeginatown11730.jpg


海沿いを端から端まで歩き回って、決めました。

この店に入る前に「ニンジンとピスタチオのケフテデス」というメニューがある店にも魅かれたのですが、お客さんが全然入っていなかったので止めました。自分で作ってみようかな・・・



続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/12(水) 08:10 ]

こんなことになったのは誰のせい?
おととい、あるギリシャ人と話をしていて、ギリシャが破産状態になったのは誰のせいだという話題が出ました。

その人が言ったこと・・・

「三ヶ月前にドイツがギリシャへの財政支援を決めていれば、こんなことにはならなかったから、ドイツのせい」

冗談を言っているのではなくて、本気で言っているのです。

この人、別にカフェニオでコボロイを振り回しているおじさんではなくて、アテネ大学で教えている教養人です。

もともと、ギリシャが責任ある財政政策を取っていれば、ドイツが財政支援をしなければならないような状態にもならないのだから、かなり自分勝手な理屈だと思いませんか?

新聞を読んだり、ニュースを聞いたりしていると、ちゃんと反省しているギリシャ人も沢山いるみたいですが、こういうむちゃくちゃな理論を平気で口に出す人が少なくないのも事実です。


そしてギリシャ人の多くは、こんな経済状況になったのは、政治家が国のお金を盗んだからだと思っています。だから、二言目には、「金を盗んだやつらを牢屋に入れろ」と言います。

そんなこといまさら言っても遅いのに・・・

それに、財政危機なのは、国のお金が盗まれたからではなくて(まあ、盗まれた分もあるでしょうが)、政治家が無理なばら撒き政策を続けてきたからです。「年金を若いうちに沢山上げるから、私に投票してください」、「当選したら、公務員にしてあげるから、私に票をください」、「飛行機のチケットを上げるから、故郷まで投票に帰ってきてください」・・・

そう言われて、国の将来のことは考えずに政治家に票を入れてきたギリシャ人たち。

一部の特権階級の腐敗が国を滅ぼしたとはいえないと私は思うのですが、どうでしょう?


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャ雑感 | トラックバック:0 | コメント:6
[ 2010/05/10(月) 15:00 ]

昨日の夜、シンタグマ広場に行ってきました
行ってきました~

(シンタグマ広場というのは、ギリシャの国会議事堂前の広場で、デモのメッカ。昨日の夜も、抗議活動をする人と機動隊の間で衝突があった場所です)。

数日前から、Dosirak(という日本韓国料理のレストラン)に予約を入れていたんです。一緒に行った友達(ギリシャ人)の一人は、今、シンタグマに行くのはやめたほうがいいんじゃないかと言ったのですが、まあ、それほど危険じゃなさそうだったのと、ここでアナーキストの圧力に屈するのはシャクだったのとで、結局行くことにしました。

午後8時、シンタグマ駅に到着。

駅の構内では、キュクラデス諸島の観光フェアをやっていましたが、人はまばら。騒ぎの影響なのでしょう、いくつかの予定が変更になるという掲示が出ていました。

広場自体は静かなもので、いつもより人が少なかったのです。やっぱり、普通の人はシンタグマを避けているのでしょうね。それだけではなくて、いつもは開いている新聞屋さんやキオスクが閉まっていたり、銀行がキャッシュマシーンを含めてシャッターを下ろしたりしていました。

一緒にいた友達は、「えー、これじゃお金を下ろすのに、火炎瓶でシャッターを壊さないとダメだじゃないか!?」、などという笑えない冗談を・・・

レストランにいる間は、時々、パトカーのサイレンのようなものが聞こえてきましたが、別に何も起きませんでした。ただ、やっぱり、金曜の夜にしては人が少なかったと思います。

22時過ぎに広場からバスに乗って帰ったのですが、広場には相変わらず人が少なかったです。

帰りに見たその他のレストランも、金曜にしては、みな人が少なかったのですが、旦那は、これは重要なバスケットの試合があったからではないかと言っていました。

財政緊縮策のせいじゃないといいんですけどねぇ・・・


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2010/05/08(土) 06:03 ]

エギナの町並み
5月5日、死者のでる騒動となったストの日からもう1日以上がたちました。

昨日の夜にはまたシンタグマ広場で小競り合いがあったようですが、今のところ事態は鎮静化に向かっています(もう週末だし・・・)。

そして政府が提出していた新財政緊縮法案は昨日可決されました。その際、ネア・デモクラティア(新民主)党からはドラ・バコヤンニ前外相が党の方針に離反して賛成したため除名、PASOKからは三人が賛成しなかったため除名になりました。

バコヤンニさんはラジオのインタビューで、海外の指導者たちにはお金を貸してくださいとお願いしながら、国内でそのための法案に反対することは私の良心が許さなかった、と言っています。もちろん彼女には彼女の政治的な計算があるのでしょうが、言っていることは正しいと思います。





さて、エギナの写真の続き・・・

私たちは昼ごはんを食べるレストラン探しをかねて、再び散策にでました。

これはカフェテリアの近くで見つけた建物。ステキな色です。


aeginatown71651.jpg


エギナの町の海側には、これぐらいの高さの、パステル・カラーの建物が並んでいます。


aeginatown71652.jpg


多分、文化財保存の対象になっている建物なのでしょう、この辺の風景は何十年も前の写真を見ても全く同じです。


下に移っているのは、魚市場近くのタベルナ。


aeginatown71653.jpg


市場の隣の食堂には心を魅かれますが、まあせっかく遠くまで来たのだから、薄暗い場所で食事でもないだろというということでパス。

日曜だったのですが、魚市場(といっても十数軒程度の小さな市場ですが)は開いていました。観光客向けなのでしょうか。値段はピレウスの魚市場と値段はあまり変わらないという印象です。


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

| トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/05/07(金) 14:24 ]

初めて病院へ
ギリシャに来てから初めて病院に行きました。

理由は「咳」。

二週間ぐらい前に喉が痛くなり、その後ちょっと体調が悪かったのですが、先週末には咳が止まらなくなり、熱もでて、ダウン。月曜日までには熱も下がったのですが、咳は相変わらず止まりません。一度出始めると、息ができないぐらい出るので、普通の風邪という感じではありませんでした。多分、インフルエンザなのでしょう、同じような症状が出たという人が私の周りにも何人かいます。

と言うわけで、昨日、お医者さんに予約を入れて、今日行ってきました。実は、昨日の午後にはずいぶんよくなっていたのですが、まあ、せっかくだからと言う事で。

旦那の会社の保険を使ったので、私立の病院です。時間に行って、受付を済ませると、5分もしないうちに診察してもらえました。さすが私立です(って、国立には行ったことがないから、どうなのか知りませんが)。

症状を説明して、簡単な診察を受けて、処方箋を書いてもらいました。

その間10分ほど。

それだけで、70ユーロです。

馬鹿高いですよね。まあ、保険会社は病院と提携しているので、何らかの形で割引があるんだとは思いますが・・・

処方してもらった薬は、Aerolin (Salbutamol) のインヘイラー(吸飲器って言うんでしょうか?)とXozal(Levocetirizine)という液体。ウィキペディアで調べたら、前者は喘息の薬、後者は抗ヒスタミン剤で、花粉症に使われるみたいです。

液体の方は夜だけだと言われたので、インヘイラーの方しか使っていませんが、心持楽になる気がします。


これに限らず、今、風邪がはやっているようですので、皆さんもお気をつけください。

(追記 2010年5月9日)
花粉症のシロップの方は、副作用がひどかったので、結局一度服用しただけで止めてしまいました。インヘイラーの方はまだ続けています。




テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/05/07(金) 11:16 ]

次のページ
copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。