『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

クサンティのバクラヴァ
続けて暑いですね~。私は昨日ついに日焼け止めクリームを買いました。以前から欲しかったんですけど、値段が高すぎて手が出なかったんです。ギリシャでは普通の日焼け止めクリームは10ユーロ前後します。「それぐらいたいしたことないのでは?」と思われる方も多いでしょうが、イギリスの安売り店では、日焼け止めクリームって1ポンドで買えるものなんです(「何で、この人は唐突にイギリスの話しをしているんだ?」と思われた方、それは私がギリシャに来るまでイギリスに住んでいたからです)。もちろんブランドものではないですが、今まで使っていて何の問題もなかったし、ちゃんと効果もありました。今、1ユーロってほぼ1ポンドじゃないですか。イギリスの10倍だと思うと、なんだか馬鹿馬鹿しくて、どうしても手が出なかったんです。結局、LIDLで一本6ユーロのを見つけて、妥協したんですけど、なんだか腑に落ちないです。


前置きはそれぐらいにして、本題です。

アテネで配られている無料のタウン紙に、あるお菓子屋さんの広告がいっぱい出ていたので、好奇心をそそられて、行ってみました。


sarayli1.jpg


もともと北ギリシャの町クサンシ(Ξάνθη)で展開しているお店が、アテネに始めて出店したというのが売り込み文句です。どうやらギリシャの御菓子は北ギリシャのほうが美味しいようで、最近では、テッサロニキからやって来たお店もありました。やっぱり、この手のお菓子はトルコ起源なので、トルコに近いほど、もしくは、トルコからの移住者が多いほど美味しくなるようです。

広告を見た時には、イートインができるという印象を受けたのですが、実際に行ってみると、お持ち帰りのみでした。

カザン・ディピを買うつもりで行ったのですが、見てみると、以前このブログに書いたものよりも美味しくなさそうだったので、バクラヴァを買いました。


sarayli2.jpg


種類はかなり豊富で、「あれは何?これは何?」と質問すると、お店の人が熱心に説明してくれました。

私が買ってみたのは以下のものです。



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:6
[ 2009/05/29(金) 15:16 ]

たんすを買う
最近、食べ物の話が続いたので、今日は違う話を。

今まで家具付きのアパートばかりに住んでいたため、ギリシャに来てから家具・家電を買わなければならなかった私たちですが、ついに「たんす」を入手することができました。


ギリシャの家具


写真では歪んでいますが、家具自体はいたって普通の長方形です(笑)

他にも、コーヒー・テーブルや飾り棚なんかも欲しいのですが、生活に絶対必要な家具というのはこの一品で最後です。今までも、シャツやスーツは家に備え付けのドレッサーに吊るしておくことができたのですが、下着やらTシャツやらはダンボールの中に入れたまま使っていました。

なかなか買えなかった理由は、お金がなかったからというものあるのですが、その他にも、寝室に置くので、先に買ってしまったベッドの色に合わせなければいけなかった、あまり安っぽい外見のものは避けたかったなんていうのもあります。

IKEAの手ごろなお値段のタンスは色が合わなくて、泣く泣くあきらめ(IKEAでも、高価なものならあったかもしれません)、メラミン家具は見た目が悪いので、それもパス。結局、家具の製造販売をしているお店で色を指定して作ってもらいました。私たちは椅子を買うときもこの手を使ったのですが、家具の製造販売をしているお店では、料金の割り増しなしに好きな色(奇抜な色はないかもしれませんが・・・)に塗ってもらえるので、色合わせが難しいときにはこういうお店で買うといいです。

これからギリシャに来て家具を買う方のために価格も書いておきますと、お値段は220ユーロ(地元の店なので運送料込み)。メラミンなら160ユーロだったので、かなり違います。他のお店では同じようなものを300ユーロ代で売っていたので、そんなものかなと思い、この辺で妥協しました。IKEAではもっと安くて、見栄えも悪くないものがありますが、運送料がけっこうかかるので、それも計算に入れなければいけません。いずれにせよ、ギリシャに来て家具を買われる方は、できるだけ多くの店を回って値段を比較することをお勧めします。

ギリシャの家具は、センスがいいものだととても値段が高く、けっこう普通のものでも、品質の割りに高いので家具選びはかなり苦労しましたが、やっとある程度満足のいくものを揃えることができて、よかったです。


(おまけは犬と夏バテの話です)


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/28(木) 07:48 ]

アイスクリーム入りフラペ
毎日暑いですね~。私は完全に夏ばてです。でも、アテネの夏はまだまだこれから。これ以上暑くなったら、どうなっちゃうんでしょう?


さて、先日、以前から入ってみたかった、シンタグマ広場近くのお菓子や兼カフェに入ってみました。


cafe1621.jpg


シンタグマにあるのは比較的新しいお店なのですが、創立は1908年に遡るそうで、内部には、私が「昭和の香り」と呼ぶものが漂っています。ウエイトレスさんたちも、「女給さん・・・?」というような格好をしています。


せっかく来たということで、ちょっといつもと違ったものを注文。「フラペ・メ・ドドゥルマ」。ネスカフェ・フラペ(ネスカフェで作ったアイスコーヒー)に、ドドゥルマ(もしくはドンドルマ)と呼ばれるトルコ風のアイスクリームを入れたものです。


cafe1622.jpg


さて、飲んでみましょう!

チュー

あれ?

アイスクリームはどこに

上に浮かんでいる白い部分がそうなのかと思って、その部分を重点的に飲んでみたのですが、ぜんぜん甘くありません。



と思っていると、女給さんが戻ってきて・・・

続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/05/26(火) 22:27 ]

カザン・ディピ
ティラミスを買ってきました


カザン・ディピ


嘘です

カザン・ディピを買ってきました

似てるでしょ?

カザン・ディピはもともとトルコのデザートなのですが、ギリシャでも作られています(トルコでは「カザンディビ」という名前のようです)。ギリシャのお菓子はトルコ起源のものが多いです。

このお菓子は、牛乳(本当は水牛の乳)と鶏肉で作ったプディングを焦がして作ります。カカオのように見えているのはカカオではなくて、カラメルです。

あまりこだわりのないお店で買うと、パンナコッタにカラメルソースをかけたようなものがでてくるのですが、ここのにはちゃんと鶏肉が入っていて、生地を焦がして作ってあります。プディングの部分は、独特のモチモチした食感で、とっても。お値段は高めでしたけど(これだけで5.80ユーロ)、絶対自分で作ろうとは思わない種類のものなので、OKです。毎日食べるものじゃないですしね。


Kazan Dipi


今日は別のお店からバクラバも買ってきたので、食べたら、それについてもレポートしまーす。



テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2009/05/25(月) 16:21 ]

アテネで中華料理

一昨日、オモニア広場近くで起きた騒動で、大使館から「アテネの中心には近寄らないように」という緊急連絡網が回ってきましたが、その後は特に何も起きていないようですね。あの騒動のときも、デモに参加さした当事者以外に被害があったとは聞いていませんから、それほど危険なものではなかったのでしょうが、催涙ガスを吸い込みたくはないので、何かあったらダッシュで逃げようと思います。


さて、昨日、アテネで中華料理を食べてみました。私は中華料理が大好きなので、イギリスではとても幸せだったのですが、ギリシャではなかなか美味しい中華を見つけることができません。結論から言うと、昨日行ったところも、「これなら家で作ったほうが美味しいかな・・・」レベルでした。

でも、せっかくだからレポートしておきます。


shanghai761.jpg


この、夜上海飯店(Shang Hai Night)というお店、住所や電話番号を控えてくるのは忘れたのですが、Athanasiou Diakou通り、Royal Olympic Hotelの横にあります。以前前を通りかかったら、けっこうたくさんの中国人が食事をしていたので試してみる気になりました。



続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:8
[ 2009/05/24(日) 10:31 ]

クレタ物産展
ここ二、三日、私、花粉症がひどいんですけど、アテネ在住の皆様はいかがでしょうか?うちの旦那も苦しんでいます。目がかゆくて、鼻の中が乾くんです。雨でも降れば少しはいいかと思うんですけど、ここ三日の天気予報は快晴、しかも日曜日には33度まで行くという話もあり、辛いです。


さて、本題です。先週末、ファリロのテコンドウ・スタジアムで行われていたクレタ島物産展「クリティコ・パノラマ (Κρητικό Πανόραμα)」に行ってきました。これ↓がテコンドウ・スタジアムで、後から気づいたのですが、これはどうやら裏口みたいです。


Kae Kwan Do Studium


これ↓が会場です。ここに写っているのは会場の真ん中部分だけで、これを取り巻く部分にもスタンドが立っているので、かなり大きな規模ですね。


kritiko panorama


でも、人はあまりいません。ちょっと宣伝不足なのでしょうか。





続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2009/05/22(金) 10:48 ]

プラカのカフェ
とても気持ちのいい日曜の午後、アテネのプラカにあるカフェに行きました。

イギリスにいた時には、カフェに行くなんてお金の無駄遣いのような気がしてあまり行かなかったのですが、ギリシャでは野外に座っているのがとても心地いいので、つい散財してしまいます(汗)

下の写真だとよく分からないかもしれませんが、木がいっぱい生えている所の下にカフェとレストランがあります。背景に見えているのがアクロポリス、右端に写っているのはリュシクラテスの記念モニュメントです。


plakacafe97161.jpg


実際に、カフェに座るとこんな感じですプラカは車の通行が禁止されているので(車が必要な配達などは深夜や早朝にやっているんだと思います)、とっても静か。公園にいるみたいです。


plakacafe97162.jpg


このカフェは歩道にすら面していないので、特に静かですね。トイレもきれいだったし、お気に入りにしようと思います。


plakacafe97163.jpg


私は発泡水を、旦那はネスカフェ・フラペ(ネスカフェで作るアイスコーヒーで、ギリシャでは国民的な飲み物)を飲みました。

フラペは3.50ユーロ、水は3ユーロでした。場所代がかなり入っているので、そんなものでしょう。

でも、水と同じ値段のビールを注文すると、一緒にポテチがついてくるんです!差別ですよね!!私もポテチ、欲しかったです(笑)




テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/05/21(木) 10:56 ]

Flocaccino @ Flocafe, Marina Zeas

ギリシャの大手カフェ・チェーンはみな競って独自のコーヒー・ドリンクを出していますが、今回はその一つ、Flocafeにて、Flocaccinoというのを飲んでみました。


フロカッチーノ


左に写っているのがそれで、右は普通のネス・フラペのミルク入りです。

フロカッチーノというのは、フロカフェが出しているアイス・コーヒーのブランド名で、使われているのはJacobsのコーヒー。いくつか種類があるのですが、私が飲んだのは「キャラメル」。ミルク入りのアイスコーヒーにカラメル・ソースを入れて、上にホイップをのっけたものです。


flocafe87161.jpg


きれいでしょ?

お味のほうはというと・・・

んー

やっぱりちょっと甘すぎました。あと、相変わらず、偽生クリーム(植物性脂肪でつくったホイップクリーム)にはがっかりさせられます。三分の二ぐらい飲んだ所でギブアップ。私が注文したのは、270ミリリットル入りの普通サイズなのですが、400ミリリットル入りの「グランデ」サイズもあります。

この夏は、いろいろ飲み比べて、美味しいアイスコーヒーを探してみたいと思います。


あ、ちなみに、お値段は4.60ユーロ。大盛りは0.80ユーロ増しです。




テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/20(水) 19:41 ]

モナスティラキのアイスクリーム
日曜日、モナスティラキを通りかかったので、お気に入りのジェラート屋さんMattonellaでジェラートを食べました。前にも書きましたが、私はクリーミーなアイスクリームよりも、サラサラ感のあるジェラートのほうが好きです。


IMGP0145.jpg


トローネ味。

トローネというのは、イタリア、特にアブルッツォ名産の硬いヌガー菓子で、中にアーモンドなどのナッツが入っています。このお店のジェラートには、トローネを砕いたと思われるものが入っている他、アーモンドのフレーバーが入っていました。


IMGP0146.jpg


美味しかったです

コーンに入れてもらうと0.20ユーロ割り増しになるのですけれど、このお店はコーンも美味しいので、紙カップではなく、コーンで食べることをお勧めします!






テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/19(火) 17:18 ]

クレタ音楽タヴェルナに潜入
最近、近所に発見した、音楽も楽しめるというクレタ料理のレストランに行ってきました。

音楽付きのレストランというのは、けっこうたくさんあるみたいですけど、バック・グラウンドの演奏ではなく、ちゃんとライブ・ミュージック付きと歌っているレストランには初めて行きました。普段は、普通のクレタ料理レストランで、金曜と土曜日の夜だけライブ演奏があります。アテネの真ん中ならともかく、住宅街にあるお店ではこれが普通のパターンです。

音楽が目当てだったので、ちゃんと事前にお店に電話で確認。演奏が始まるのは10:30か10:45(もちろん夜です)ぐらいだということだったので、10:00に予約したのですが、実際に始まったのは11:15でした。私たちがお店に入った時間には、半分ぐらいのテーブルしか埋まっていなかったのですが、最終的には、一階のテーブルはすべて埋まりました。二階にもテーブルがあるのですが、その日にはまったく使われていませんでした。実は、この日、ユーロヴィジョンが放送されていたので、お客さんが少なかったらしいです。


席に着くと、お通しとして、クレタ名物のダコス(パクシマディアと呼ばれる硬いラスクを湿らせて、その上にトマトなどをのっけたもの)と、小瓶のラキ(ツィクディアとも呼ばれる、40度以上の蒸留酒)がでてきました。

ダコス


これはすべて無料です。ビールやワインもありますが、この店は一応「ラカディコ」(ラキとおつまみの店)なので、ラキで通しました。といっても、飲むのは旦那だけですけど(笑)

クレタっぽいものを注文しようということで、ミジスラピタキャ(ミジスラというホワイトチーズが入った小さなパイ)、フカキ(豚肉をレモンで軽く煮たもの)、ザクロの実とナッツがたくさん入ったサラダなんかを注文しました。初めて食べるものばかりだったのですけど、みんなとても美味しかったです それにしても、夜10時、11時からがつがつ食べるんですから、これは太りますよね



続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/18(月) 09:08 ]

リカヴィトスの丘
たまには、アテネのきれいな写真でも載せようと思いたち(笑)、昨日、リカヴィトスの丘に登ってきました。

リカヴィトスの丘に登るのは、これで2回目、10年ぶりぐらいです。暑かったので、かなり汗をかきました。汗をかきたくない人のためにはロープウエーもあります。ただ、乗り口にたどり着くまでにかなり登らなければいけません。まあ、乗り口まではタクシーで行くこともできるんですけどね。


これ、リカヴィトスから見たアクロポリスなんですけど、分かりますでしょうか?


リカヴィトスから見たアクロポリス


写真の真ん中あたりに写っている四角い箱のようなものがパルテノン神殿です。ちょっと空気がにごっているせいもありますけど、距離が遠くてあまりよく見えませんね。

リカヴィトスの丘の頂上には、聖ヨルギオス教会という、十九世紀前半に建てられた小さな教会があるので、そこで蝋燭をあげました。

頂上には「オリゾンテス」という名前の高級レストラン+カフェもあります(お店には「カステロリゾ」と書いてあったので、カステロリゾ・グループなのでしょう)どうやらこのレストラン、オリゾンテスからカステロリゾに変わったようです。 (追記:もともと同じ会社の経営で、最近の広告を見ると、名前をオリゾンテスに戻したようですが、電話はカステロリゾ・リカヴィトゥーで受けています)。メニューを見たかったのですが、表には出ていなかったので断念しました。いくら高級でも、飲み物一杯なら10ユーロあれば何とかなると思います。





続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

アテネ | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2009/05/16(土) 08:43 ]

ピレウス港近くの風景
この間、エンボリキー銀行というところに行かなきゃ行けなかったんですけど、どこにあるかよく分からなくて、ピレウスの港の辺りをさまよっていたんです。そしたら、こんなお店を発見しました。

中華・フィリピン・インドネシア食材店です。


IMGP0053.jpg


急いでいたので中には入らなかったですけど、ここならマレー料理の食材をもっていそうなのでうれしいです。

あと、この近くに、中華・フィリピン料理レストランというのも見つけました。フィリピン料理というのは食べたことがないので、是非一度チャレンジしてみたいです。あ、あとカラオケもできるみたいです(笑)


その近くに、こんなものも見つけました。


IMGP0055.jpg


薬の空き箱がたくさん・・・


IMGP0057.jpg


すべてザナックスとレメロンという抗鬱剤の箱でした。ちょっと、薬物乱用の香りがして怖いですね(笑)



(おまけはユーロヴィジョン予選第二グループについてです)



続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ピレアス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/15(金) 10:10 ]

公共セクターのスト

今日、ギリシャの公務員は24時間ストだそうです。お役所に御用の方々、どうぞお気を付けください。今、申告のシーズンですけど、たぶんこれもストでしょう。


今晩、ユーロヴィジョン・第二グループのセミファイナルで、サキスが歌います。セミファイナルの通過は確実と見られているので安心ですけど、どんな演出なのか楽しみですね。



テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/14(木) 08:05 ]

カステラ散策
ギリシャにお住まいの皆さん、昨日、ユーロヴィジョンのセミファイナル第一グループご覧になりましたか?私は、全部は見なかったのですが、トルコとアルメニアが気に入りました。あと、英語で歌う人が多い中、ポルトガルの代表がポルトガル語で歌ったのもよかったです。スタイルは余り好きではなかったけれども、ポルトガル語の柔らかな響きは、英語に換えがたいものがあるなと思いました。

ギリシャ代表のサキス・ルヴァースが参加するセミファイナル第二グループは木曜日です。サキスはちょっとインパクトが弱いんじゃないかと私は思っているのですが、どうでしょう?

********

この日曜日は、ピレアスのカステラに散歩に行ってきました。カステラというのは、もちろん食べるカステラではなく、ピレアスのミクロリマノの北側にある小高い丘のことです。「城」を意味する言葉から来ていると思うですが、私が知る限り、城の跡はありません。カステラの丘は、頂上に預言者エリヤに捧げられた教会があるので、プロフィティス・イリアス(預言者エリヤのこと)と呼ばれることもあります。

さて、日本にいらっしゃる方々はご存じないかもしれませんが、アテネは今週末あたりから気温が上がり、日中は30度を越えることがあります。東京の30度は湿度が高くて耐えられませんが、こちらは湿度が低いので、30度程度であればそれほど不愉快ではありません。それでも、汗をかきますし、また外から帰ってくるたびに、色が黒くなってゆくのを感じます。この日もとても暑くて、日焼けしてしまいました。


カステラの丘からは、ミクロリマノを一望することが出来ます。


kastella0010.jpg


上の写真はカステラからイスティオプロイコス(ヨットクラブ+カフェ+レストラン)に向かって撮った写真です。今見ると、ちょっと空気に濁りが見えますね。空気がきれいなときには、もっとクリアな写真が撮れます。



続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ピレアス | トラックバック:0 | コメント:6
[ 2009/05/13(水) 09:52 ]

怪しいキノコ
ビーフンを食べつくしたので、また、近所の外国食材店に行ってきました。下が収穫です。


foodsupply.jpg


これだけ全部で11ユーロでした。ギリシャにしてはあまり高くないですよね。ナンプラーやチリ・バジル・ペーストなんかも買ったので、たっぷりタイ風のお食事を楽しめます

珍しいものとしては、金針茸を干したものを見つけました(写真では右上)。えのき茸を干したような感じで、水で戻していろいろな料理に使えます。このキノコ、イギリスでは食べたことがあるのですが、日本では見たことがありません。でも、袋を裏返してみると、日本語の説明が!


IMGP0059.jpg


「あれ、日本にも輸出されているのかしら・・・」と、一瞬思ったのですが、よく見てみると、これは干ししいたけにかんする説明をまるごとパクっているだけじゃないですか!しかも、海外の食品で時々見かける怪しい日本語で書かれているのではなく、日本の干ししいたけの袋に書いてあった説明を、そのまま複写してプリントしているのです。商品に関する説明は、この日本語版のみ。これじゃ、本当にどうやって使うのか知りたい人の役にはぜんぜん立っていません。笑ってしまいました。


(おまけはネコ写真です。好きの方、どうぞ。)


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの暮らし | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/05/11(月) 08:20 ]

次のページ
copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。