FC2ブログ


『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

復活祭近し
今日はメガロ・サヴァト。明日は復活祭です。


toureki.jpg


今年は忙しくて、復活祭を迎える準備がぜんぜんできていませんが、まあツレキと赤い卵だけはゲットしました。

昨日、金曜日の夜は「エピタフィオス」。十字架から降ろされたイエスのお葬式の日です。教会では、お花で飾った輿のようなものを用意して、その中に死んだイエスと嘆き悲しむマリアや弟子たちを刺繍した布を入ます。そして典礼の途中でこの輿を担ぎ出し、教会の周囲を信徒とともに練り歩きます。これは葬列を表しているのだと思います。

そして今晩、イエスは復活し、復活祭となるのです。

40日以上に渡る四旬節期間をちゃんと節食して過ごし、ちゃんと教会にも通っていると、復活祭のときかなり気分が高まるのですが、今年はついなんとなく過ごしてしまいそうです。

それでは、皆様、カリ・アナスタシ、カロ・パスハ!


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/04/23(土) 10:46 ]

Cafe La Vie @ Kolonaki

体調不良のまま過ごした新年休暇。結局旅行らしい旅行には行きませんでした。

同じ時期に休みを取っていたうちの旦那には申し訳ない限りです。

本当はぜんぜん動きたくなかったのですが、時々は外に出ました。昨日は用があって、ちょっとだけアテネに。

用が終わった後は、コロナキのヴァラオリトゥー通りでコーヒーを。けっこう人が入っていて、感じのよさそうな店を選んでみました。

「カフェ・ラ・ヴィ」といいます。


cafelavie4301.jpg


ヨーロピアンな雰囲気です。


cafelavie4302.jpg


でも、紅茶は普通のティーバッグだし、チーズケーキも半分溶けかけていて美味しくないし、見掛け倒しでした。


cafelavie4303.jpg


残念。


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/06(木) 19:32 ]

アベロキピの「アゴラ」
金曜日の夜って、なにかいつもと違うことをしたくなりませんか?

なんだかすぐに家に帰りたくないような・・・


というわけで、晩御飯には微妙な時間だったのですが、旦那とアベロキピで待ち合わせして駅の近くのカフェ・レストランで食事をしました。

ぼけぼけの写真で申し訳ありません。お店の前にはテラスがあって、昨日は暖かかったので、そこに座りました。中はレトロ調の内装になっています。


agora0010.jpg


エヴァンゲリスモス駅近く、ヒルトンホテルの裏側にも同じ店があります。友達がそこで食べておいしかったと言っていたので、試してみることにしたのです。

パンには泡立てたクリームチーズがついてきました。「あまりお腹は減ってないな~」とか言っていた旦那がパンに食らいついて、あっという間に食べ終わっていたので、美味しかったみたいです。


agora0020.jpg


ギリシャでサラダを注文すると、よく前菜扱いにされますが、ここでもそうでした。「メキシカン・サラダ」には、キドニー・ビーンズ、アヴォカド、コーンなんかが入っています。上にのっているのはオレンジとオリーブ。


agora0030.jpg


チキンの量がもう少し多ければ、1食分になるぐらいのボリュームがあります。ギリシャのサラダは決まりきったものが多いので、こういうちょっと変わったサラダは歓迎です。


続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/12/04(土) 09:24 ]

グリファダにある五世紀の教会跡
グリファダにも遺跡があるんです。

五世紀の教会跡。


IMG_6476.jpg


海岸沿いにあります。

本当に基礎の部分しか残っていないですが。


IMG_6474.jpg


この写真だと、「後陣」(アプスもしくはアプシスとも)と呼ばれる、教会祭壇後ろの丸くなっている部分がよく分かりますよね。

教会があるぐらいだから、五世紀にはこの辺にも村だか町だかがあったんでしょうね。


遺跡と言えば、今日はアクロポリスで、契約職員がプロピュライアの上に集団で登って抗議行動をするというみっともないハプニングがありましたね。

プロピュライアの中とか上とかは、文化財保護のため一般の人は立ち入れない場所です。契約職員が正規契約を結んで欲しいのは分かりますが(誰だって臨時雇用よりも正規雇用の方がいいですよね)、だからといって、文化財に被害を与えるかもしれないような行動を取ることは許されません。こんなことをやっても、逮捕者が出たりしないところがギリシャらしいです。

ギリシャは、パルテノンは人類の宝なのだから、エルギン・マーブルを返還して欲しいとイギリスにうるさく言っていますが、ギリシャ人が本当にアクロポリスを聖なる場所、遺跡は人類の宝だと思っているなら、こんなことはあってはならないのではないでしょうか?




テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

未分類 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/10/28(木) 22:11 ]

謎の道路標識
リヴァディアという町で見かけた道路標識。


IMG_5846.jpg


何が言いたいのか、じっと見つめてしまいました。

家と車とサッカーをして遊ぶ親子・・・

楽しそう!

じゃなくて、

「ここは住宅街ですよ」

「道で遊んでいる人がいるかもしれませんよ」

「車も通りますよ」

ということを言いたいんでしょうね。

こんな物語性のある道路標識は初めて見ましたよ。



続きを読む

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

未分類 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/10/20(水) 21:13 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2020 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania