『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

信じられないすし屋@グリファダ
この間グリファダを歩いていたらすし屋を発見。


Yuzo, Glyfada


Yuzoという小さな店。ちょっと興味を引かれたので、別の日に行って、食べてみることに・・・

中に入ると中近東系のオーナー、東洋人の料理人(後に中国人と判明)、そしてギリシャ人のウエイトレス。

テーブルの上には硬い表紙の普通のメニューと、テイクアウェーのチラシのようなメニューがおいてあったので、普通のメニューを見ながら注文。

寿司は握りもあったけれど、値段のつけ方がめちゃめちゃなので(ただ単に高いというよりも、ウニとサーモンとマグロの値段が同じだったり、あり得ない値段設定)、巻き寿司を注文。


yuzo2.jpg


カリフォルニア・ロール、カッパ巻き、サーモン巻き。

最初から形が崩れていて、まずこの時点で失格。

まあ、味についてはご想像にお任せしましょう。

そして、アペタイザーの欄から注文したエビフライは後から出てきました。


yuzo3.jpg


日本人が思い浮かべるエビフライとは全くの別物。ソースも、フライ用のソースではなくて、中華のスイートチリソース。

日本料理としてはとんでもない領域・・・でも、まあここまでは予想の範囲内。ギリシャですからね、ここは。

お勘定を頼んでみると、全部で40ユーロ。日本茶に5ユーロというのはボッているとしか言えないけれど、まあそれは我慢。問題は、メニューよりも高い値段を請求していること。4品(巻き寿司3品とフライ)のうち3品の値段が違って、合計で6ユーロも高い。というわけで、まずウエイトレスさんに質問。

私(メニューを見せながら) 「メニューに書いてある値段と(手書き)伝票の値段が違うけど、これはなぜ?」

ウエイトレスさん 「値上がりした品があるんです」(と言って、チラシメニューの方を私に見せる)

私 「確かに、このうち2品は値段が変わっているけど、一品はは変わってないでしょ?だいたい、値段が変わっているのに、なんで古いメニューを渡したの?」

ウエートレスさん 「・・・」

私 「オーナーと話したいんだけど・・・」

ウエートレスさん 「はい」(ほっとした様子で、オーナを呼びに)

オーナー 「あなたが見ているのは古いメニューで、それとは値段が変わっています。こちらの方が正しいです」。

私 「じゃあ、なんで私に古いメニューを渡したの?」

オーナー 「その時とは付加価値税が変わっているから、仕方がないんです。エビフライも量を増やしたので値段を上げました」。

私 「付加価値税が上がったって、9%が11%になっただけでしょう?」

うちの旦那 「もういいじゃないか」

オーナー 「いえ、8%でした」

私 (いったい何時から古いメニューを置きっ放しにしているんだ!?と心の中で突っ込みながら)「付加価値税は3%しか上がってないのに、5ユーロのものを6ユーロにしたら20%の値上でしょ?」

オーナー (逆切れして)「もう、払ってくれなくてもいいです。私のおごりです」

私 「そうじゃなくて、なんで、古い値段が書いてあるメニューをお客に見せるのか訊いているんですけど」

うちの旦那 「もう、いいじゃないか。(オーナーにお金を渡しながら)ほら、さっさとお勘定して」


40ユーロ渡して、オーナーは結局5ユーロお釣りを持ってきましたが、古いメニューで会計をすると34ユーロだったので、まだ差額があります。しかも、レシートはよこしません。ただ、これ以上続けると険悪になりそうだったので、挨拶だけしてお店を出ました。


グリファダの人は皆お金持ちだから、メニューより多く請求されても何も言わないんでしょうか?謎です。私と旦那はかなり苦笑・爆笑させてもらいました。





続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

レストラン | トラックバック:0 | コメント:14
[ 2010/11/06(土) 06:55 ]

copyright © 2017 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。