fc2ブログ


『ギリシャへの小窓』
ギリシャ情報サイト『ギリシャへの扉』のweblogです
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

mesogeia

Author:mesogeia
Twitter: @tab_greece

イタリア、イギリスを経て、今はアテネ近郊の港町ピレウスに住んでいます。

このブログでは、ギリシャ暮らしの中での発見や、ウエッブサイト

『ギリシャへの扉』

の更新情報などをお伝えします。

プロフィールの写真は、ギリシャ・コーヒーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

パタトピタとナッツ入りクリツィーニ
うちはサラゴスティ中、一応、食事節制をするので、この期間中には新しいメニューを考案したりする機会が多いのですが、昨日は初めて、冷凍海老とアーティチョーク(アギナレス)をビア・バターでフライしてみました。これが大ヒット。サラゴスティ料理にまた新しいレパートリーが加わりました

今は卵が使えないのでビア・バターを使いましたが、アーティチョークは天ぷらにしてもいけると思います。


さて本題。

週末、いつものパン屋さんで見慣れないものがあったので、買ってみました。

まず、旦那のおやつ「パタトピタ」。


パタトピタ


中にマッシュドポテトが入っています。これは恐らくニスティア用なのでしょう。

そして、ナッツがいっぱい入った一種のクリツィーニ。


IMGP9317.jpg


パンの部分とナッツと干しブドウのどっちが多いの?というぐらい「具」沢山。


IMGP9318.jpg


アーモンドだけではなく、緑のピスタチオが入っていところも珍しいのではないでしょうか?味はもちろん美味しいです。

ギリシャのパン屋には、まだまだ楽しい秘密が隠されていますね~


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:6
[ 2009/03/20(金) 08:46 ]

オリーブ・トマト・ピタ
近所を散歩していたら、けっこうはやっているパン屋さんを見つけたので入ってみることに。

もちろん普通のパンも売っていたのですが、スナック系のパンもいろいろ。いくつかは、見たことのないような形状をしています。


lappas2.jpg


ギリシャ人は、こうしたパンやらパイやらをよくおやつに食べます。「おやつ」とはいえ、私にとっては一食分ぐらいのボリュームがあるやつです。

私はパイがあまり好きではないのでめったに食べないのですが、うちの旦那さんは「おやつ」として一つ買うことに。

いろいろ珍しいパンがあったのですが、チョイスしたのはこれ。


lappas3.jpg


この写真だと長さがよく分からないと思いますが、30センチぐらいあります。こういう長いパイは普通ルカニコピタ(ソーセージ・パイ)なのですが、中に入っていたのはこれ。


lappas4.jpg


黒オリーブのペーストとトマトのペーストです。トマトペーストの方はマッシュ・ポテトで割ってあったような気がします。オリーブの香りと塩辛さ、そしてトマトの酸味がマッチしてとてもよくできていました。

ギリシャ人は、食に関してはかなり保守的で、なかなか新しいものを作りたがらないため、こういう珍しいパンを見つけるのは至難の業です。なので、今度行ったら、また別のパンを試してみることにします。




テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/02/13(金) 15:21 ]

スパナコピタ(ほうれん草のパイ)
昨日、スパナコピタ(ほうれん草のパイ)を作ってみました。

先週のライキ(青空市場)でほうれん草が2キロで1ユーロだったので、勢いで買ってしまったのだけれど、ものすごい量で処分に困っていたから。

参考にしたレシピはsalahiさんの
http://blog.livedoor.jp/sevam_a/archives/50275024.html



Eat Greek Tonightのこれ
http://www.eatgreektonight.com/recipe.cfm?TypeID=1&RecipeID=18

材料は

冷蔵パイシート  350グラム
茹でたほうれん草
ねぎ  3~4本
たまねぎ  1個
ディル
フェタ
アンソティロ
グラビエラ
塩・胡椒

計量はせずに適当に混ぜ合わせたため、正確な分量は不明です

ねぎとたまねぎは薄く切って、それだけ先に炒めてから、すでに茹でおきになっていたほうれん草と混ぜ合わせました。このパイに入れるチーズは、普通フェタなのですが、私はフェタがそれほど好きではないので、アンソティロというリコッタに似たチーズと半量ずつぐらいにしてみました。グラビエラ・チーズは、ちょっと処分に困っていたので、薄く切って、ほうれん草ミックスの上に乗っけてみました。

オーブンは220度で、焼き時間は40分でした(最後の10分は200度に落として)。四角いオーブンバットで作ったのですが、10x12センチぐらいのパイが6個できました。

私はパイ料理が苦手なので1つしか食べませんでしたが、旦那は3つ食べていたので、美味しかったんだと思います。

反省点としては
1) 少し塩を入れすぎた
2) フェタ抜きにしても美味しいと思う
3) 今度はアンソティロの代わりにミジスラを使ってみたい

水曜と金曜は肉を食べないことにしているので(本当は乳製品や卵もいけないのですが、その辺はご勘弁 ^ ^;)、肉抜きですが、刻んで炒めたベーコンなんか混ぜても美味しそうだと思いました。

ごちそうさま~

テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/02/05(木) 07:15 ]

グレゴーリスのスパナコピタ
昨日引っ越してきたばかりで、冷蔵庫の中には朝食のための品しかないので、今日はお買い物デー。肉と魚は買い逃したけれど、チーズは買ったので、一応、格好がつく程度の食材は確保。

でも、お昼の時間にはまだ料理ができるほど食材がそろっていなかったので、近所にあるグレゴーリス(パイ、コーヒー、サンドイッチなどを扱うギリシャのファースト・フード・チェーン)からスパナコピタ(ほうれん草のパイ)をテイクアウト。


スパナコピタ


はっきり覚えていないのですが、このぐるぐる巻きのやつは確か「ニシオティキ(島嶼風)」。

お値段は1.70ユーロ。へたな個人営業のお店のパイよりもおいしいし、いつも温かく(パン屋などで買うと、冷めていることがよくあります)、感心させられます。このパイも、ほうれん草の風味が生きていて美味しかった~

今度は、甘いものも試してみたいです。


テーマ:ギリシャ - ジャンル:海外情報

ギリシャの食 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/01/27(火) 22:59 ]

アテネからバーミンガムへの旅(前編)

さて、誰も興味がないと思いますが、アテネからバーミンガムの旅の間の記録です。

朝6時40分発のアテネ発チューリッヒ行きスイス航空便に乗るため、朝3時に起きて、ピレアスから空港行きのバスに乗り、朝5時に空港に着きました。

家で朝ごはんを食べている暇がなかったのと、寒かったので、空港で朝ごはんを食べることに。目指すは、安くパイやサンドイッチを食べられるチェーン店「グレゴリス」。このチェーン店アテネやピレアスにはどこにでもあります(この緑の看板が目印)。 食べ物もコーヒーもなかなか美味しいので、ちょっとお腹がすいたときや、簡単に、速く食事を済ませたい時にはお勧めします。


athbir0010.jpg



カセロピタ(カセリというチーズが入ったパイ)一つとルカニコピタ(ソーセージが入ったパイ)一つを購入。両方とも1.80ユーロとお徳価格。サンドイッチは2~3ポンド台、値段をチェックするのは忘れましたがサラダやドルマダキャ(ぶどうの葉にお米を巻いて煮た料理)なんていうのもありました。


athbir0020.jpg



コーヒー2.20ユーロも買って、朝ごはん。食べ終わったら身体が温まりました。

ここではカセロピタだけ食べて、ルカニコピタはチューリッヒ空港でのお昼ごはん用にキープ。



ところで、今回、空港の中にこのようなフードコートがあるのに気づきました(前からあったかどうかは不明です)。


athbir0030.jpg




半セルフサービス形式(日本のフードコート同様、店の前に行き、店の人に注文してその場で作ってもらう)で、ギリシャ料理、中華料理、イタリア料理、コーヒーとケーキなどいろいろなものを選ぶことができます。メインが一皿7~10ユーロ程度なので、まあ、空港の中としてはそれほど高くないと感じました。ただ、ほとんどのお店は昼からの営業なので、食べ物を実際に見ることは出来ませんでした。


さて、1時間半待って、ようやく搭乗。飛行機の中で出てきたものはこれ。


athbir0040.jpg


ヨーグルトとレーズンパン、そして飲み物。まだ、パイを食べたばかりでお腹がいっぱいだったので、ヨーグルトだけ食べました。パンは持ち出して後から食べましたが、まあまあ美味しかったです。ただ、飛行機の中で出された時にはとても冷たいので、常温に戻った後で食べた方が美味しいのかもしれません。


(続きを書いていたら、それが消えてしまいました(涙)。凹んだので、あとは後日書くことにします)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

| コメント:0
[ 2009/01/09(金) 18:19 ]

前のページ
copyright © 2024 『ギリシャへの小窓』 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania